Noto Anamizu Town - 能登 穴水町

穴水町『能登ワイン』隣にホテル計画?!ローカル誌『能登』報道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
能登 穴水町 能登ワイン ホテル オーベルジュ

2018年秋号のローカル雑誌「能登」に、タイトル『穴水町で「オーベルジュ」建設計画 ワインを核に、能登ワインの隣接地で 建築家の樋爪憲三さん(穴水町出身)が町に提案』のニュース記事を発見した。

能登 穴水町 能登ワイン ホテル オーベルジュ

能登ワイン近辺に飲食関係のレストラン/食堂を建設することに関しては、前から“噂”話しを聞いたことがあった。

だが、「ホテル」に関しては、そう多くの人は耳にしたことがないだろう。

その昔、「町長が、穴水町内に必ずホテル建設を成し遂げたい」という噂は、とある新聞記者から聞いたことがあった。

能登 穴水町 能登ワイン ホテル オーベルジュ

だが、新たなホテル建設には、億単位にもなる莫大な費用がかかることは、誰でもイメージできるかと思う。そして、一方では、穴水は“農家民宿”も推進している。

「本当に必要?!」今回、疑問に思う点は以下だ。

穴水町に多くの人が集まるのは、2月に開催する「かき祭り」ぐらい?!そもそも、今、“新たな”宿泊施設が必要なのだろうか?

穴水って農家民宿を推進しているのでは?

また、増えている空き家を利活用、改築などして、それらを宿泊施設として、運営するようなことはできないのだろうか?

能登 穴水町 能登ワイン ホテル オーベルジュ

億単位の建設費用が必要となるかと思うが、今回「能登」に載っている建築計画含め、これがフェアな入札ベースで行われているだろうか

穴水町には観光資源がほぼないと言っても過言ではない。

だが、湖のように穏やかな里海と里山など素晴らしい自然環境がある、そこに住む人々、。

農家民宿もグッドなアイディアだと思うが、自身の「ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験」からの経験上、それに加えて、現地の人と触れ合い、能登の田舎での生活体験ができる体験型の観光にシフトするのも魅力的だとも思う。

そんな体験型の穴水での暮らしを見た人々が、穴水での生活を気に入り、それが、また移住や定住へとつなげてくれるかと考える。

いま、シェアリングエコノミーが流行っている中、新たな宿泊施設をつくるよりも「民泊」に力を入れるべきではないだろうか?



もはや、「ホテル」の時代ってのは終わりじゃないかなぁ。田舎に魅了され移住をした者からみると、田舎では、「ホテル」よりも、「田舎ならでは」の“ちょい”違うスタイルの宿泊施設のほうが、魅力的だと強く感じる。

例えば、「エアビーの田舎町」にしたほうが注目度があがるし、穴水らしさ=田舎ならではの生活の“温かさ”が、“人”との触れ合いを介して伝わることだろう。

民泊の「エアビー」に対しては温度差があるが、いずれ、その時代は到来する。早目に取り組んだほうがいいのになぁ~とついつい考えてしまう。



● この投稿に関するコメント続々

どちらにせよ、「ん~~~、そこに億単位を投資するなら、空き家の利活用、民泊の推進などに投資して、より多くの町民に金銭が入るような投資にしたほうがいいような気がするなぁ~」と思うのは、自分だけだろうか…

そもそも、この億単位の費用はどこから引っ張り出すのか、そして、町税が絡んでいるようであれば、町民にはお知らせ・説明しているのだろうか。

計画には賛否両論あるかと思うが、なにかと疑問だらけの企画だと個人的には思っている。

能登 穴水町 能登ワイン ホテル オーベルジュ

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 地方 穴水町 役場 無責任 『田舎暮らしと役場』に関する記事に注目集まる
  2. 日本海倶楽部 ビール day 61 バックパッカー夫婦の誕生日 ~ 新田さん夫婦と数馬…
  3. ウミネコパーラー かき氷 穴水町 金沢 『ウミネコパーラー』穴水町新崎店 閉店、金沢市石引店に完全移転と…
  4. 穴水町 川尻 能登・穴水町の雨上がりの霧景色
  5. remote countryside rural workspace share house office satellite office in Ishikawa Noto Japan Purchasing Japanese Traditional …
  6. 穴水町 岩車 キリコ祭り クライマックス <動画>能登・穴水町の『キリコ祭り』
  7. 朝めし太郎 納豆の日 どんたく 能登での田舎暮らし余談編 : なぜ月曜に納豆を買い占めるのか?
  8. 能登 星空の町 夜な夜な一人旅: 「穴水町 星空のまち」は本当なのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

day 14.2 奥能登一周中 再び穴水町へ 今度は町役場へ!? 【メディア掲載 – ライブ配信】8月7日(金)YouTube「とうちゃんはテンネンパーマ」に登場 東奥日報 2020年7月29日 車中泊 バンライフ 中川生馬 田舎バックパッカーハウス 【メディア掲載】青森県の地方紙「東奥日報」でも「バンライフ 車で寝泊まり、旅しながら仕事 『新しい生活様式に』奥能登に拠点 高まる需要」 車載 炊飯器 Cook rice in a car 【バンライフ&車中泊アイテム】クルマで炊飯ってできるの?! 【能登での田舎暮らし】雪遊びを楽しもう

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 能登 田舎暮らし, 木 植える
  2. boar anamizu, 石川県穴水町 イノシシ
  3. 樹ガーデン,鎌倉カフェ

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目
能登・石川県穴水町ならでは!を活かした地方移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で
羽田空港から能登空港へ ~ 冬 空撮で見る都会と田舎の違い ~
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。