Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

今日も遊び場 ブランコ独占状態 – バックパッカーが田舎暮らしする岩車は限界集落だった~って話し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
穴水町 岩車 限界集落

田舎バックパッカーハウスは能登・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)の限界集落にある。

穴水町 岩車 Anamizu Iwaguruma children

穴水町 岩車 Anamizu Iwaguruma children

子どもが、とにかく少ないんで、村では遊び場を独占することができる。混雑することは決してない。

村に住むおばあちゃん・おじいちゃんの孫や子どもたちが沢山やってくるのはお盆、キリコ祭り、正月ぐらいのみ。だけど、そのときも、数えられる程度かな。

役場と確認したところ、岩車は平均年齢65歳が半数以上の57%を占める限界集落だったのだ。

確かにお年寄りが多いのは事実だが…数値的にまさか「限界集落」とは、今年に入るまで知らなかった。

穴水町 岩車 Anamizu Iwaguruma children

「限界集落」の定義は、65歳以上の高齢者の割合が50パーセントを超えた集落。集落から若者が流出して、冠婚葬祭や農作業など、社会的な共同作業が困難になった地域。

「65歳以上の高齢者の割合が50パーセント」という、数字だけで見れば、限界集落。

岩車の祭り「キリコ祭り」に関しては、だんだんと人や、担げる若手が減り、持続するのが「困難」な状態になりつつあるのかもしれないが、気持ちはまだ完全な限界集落ではない気がする。

漁師や農家の元気なおじいちゃん・おばあちゃんが沢山いる。彼らを見ていると、元気な秘訣は常に仕事をして動いていることって思うなぁ。

穴水町 岩車人口 限界集落

岩車の人口の内訳はこのとおり。(2017年3月31日現在)

穴水町 人口 限界集落

ちなみに、穴水町の内訳はこちら。(2017年3月31日現在)

穴水町の人口は年間約200人ペースで減少している。町全体もだんだんと65歳以上が半数をしめそうな勢い。

だが、最近は少しづつ、若手も岩車に入ってきているんだよね。

穴水町 岩車 Anamizu Iwaguruma children

park everywhere countryside 能登 穴水町 岩車 天然公園

穴水町 岩車 子供

さてさて今日はこれからテニスだ。週に一度か二度は体を激しく動かさなければなぁ。

コナージェサップ, 日本, シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, 能登, 穴水町 お知らせ:シェアハウス、コワーキングスペース、バンライフステーションなど多目的・多用途の家「田舎バックパッカーハウス」をオープンしました!

 

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 天の川 穴水町 milkyway in Japan 星空旅スポット:能登半島・穴水町 ミルキーウェイ『天の川』の時期…
  2. Winter begins in Ishikawa 石川県 穴水町 冬 いつ 霜 能登での田舎暮らし:初霜… 冬始まる スタッドレスタイヤ そろそ…
  3. キツネ 発見 野生 day 66 石川県穴水町 “オレンジ色の動物”との遭遇
  4. 能登へ田舎旅…ジャパンテント三日目・最終日 奥能登一周から穴水…
  5. オークション 農機具 能登で農機具 オークション ~ “廃材”で2カ月約20万円以上?…
  6. 積雪30センチ以上いくだろう 雪降る田舎/地方の景色 北陸の漁村 能登・穴水町岩車 あと少しで…
  7. アメリカ・ユタ州とオレゴン州への短期バックパッカー旅へ ~ 空で…
  8. water-purifier-tank 高槻 浄化槽 ポンプ 能登での田舎暮らし:合併浄化槽のポンプ ブロワー自身で修復

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

【メディア掲載】日経本紙と日経電子版『奥能登に「車中生活」拠点、旅しながらリモートワーク 「ライフスタイル幅広げる」』 神山 ヒッピー 田舎のライフスタイル in 徳島県神山町 1話 – 風力発電の建設と 自然と共に暮らす人々 day 14.2 奥能登一周中 再び穴水町へ 今度は町役場へ!? 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 【メディア掲載】住める駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に Carstay 車中泊スポット レビュー 筑波山 ムクムク 【Carstay車中泊スポットレビュー】 静けさと癒し求める都会旅人向けの筑波山「ムクムク」

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
石川テレビ イスラム 松井誠志 中川生馬 バンライフ
  1. 中日新聞 車中泊 田舎バックパッカーハウス バンライフ 安倍大資 池辺政人
  2. ママスタ mamasta 田舎暮らし
  3. 穴水町 岩車, 石川県 移住, 田舎暮らし, 能登半島
  4. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
能登の田舎にある志賀原発 再稼働するのか?大丈夫なのだろうか?
【メディア掲載】中日新聞「わが道を行く 車中泊の魅力 コロナ禍『新たな生き方』探り 全国から 穴水の滞在施設『バックパッカーハウス』」
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
day 10.2 石川県舳倉島(へぐらじま)に到着
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。