Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

【能登での田舎暮らし】「移住」はただのお引越し?いつまで移住先にいるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
移住定住 引っ越し 地方

最近、岩車に県外から数人移住者がやってきた。2013年、ぼくらが移住したときは0人。ぼくら以前に移住した夫婦はいるが、25年以上前のこと。

「だんだん、増えてきたなぁ」と嬉しく思う一方で…「いつまで彼ら・彼女らはここにいるのかなぁ」と考えてしまう。

世間は「移住…」といかにも大きなステップのように言うが、 「移住」とは要するに、ただの「お引越し」だ。ぼくもそんな感じで岩車に「移住」してきた。

「とりあえず、拠点は岩車に置く。だけど、ずっといるのかはわからない」「いつまでいるのかわからない」と…

国土は小さな日本。「いつでも、どこへでも“移住”“引っ越し”することができる」 そのぐらいの気持ちで「移住」すると気持ちは楽。

長い人生の中のワンステップという感じだろう。今でも、そんな感じの移住が気軽でいいんだと思っている。

しかしながら、一方では、岩車には65歳以上の人たちが多く、高齢化が進んでいる。亡くなる人もいるし、病院にいる人も。

現在、約140人が岩車に住んでいるが、ここ5年、10年の間で、残っている人はどのぐらいいるのかというのが現実だ。

「人生のうちのワンステップ」でとは言ったものの、本当にそれでいいのか…と思い始めている。

移住定住 引っ越し 地方

村の存続、維持管理は誰が?!

「『人生のうちのワンステップ』という感覚でいいじゃない?」と思うと同時に、この村を維持するには、誰かが「定住」しなければいけないとも思い始めている自分がいる。

空き家も放っておけば、埃だらけ、屋根がずれると、雨漏りが始まり、家は崩壊状態となる。そこら土地は、雑草だらけ、植物にも家が乗っ取られる。

ただ県外から来た移住者にとっては、「定住」という響きは少し気が重いのは確かだ。

やっぱり、ここ岩車周辺は良いところ。自然に囲まれて、心が落ち着く。

実家がある鎌倉など、どこへ“旅”しても、「拠点はここ」と言えるような気がしてきた。

気軽な気持ちで岩車や、その他穴水町へ移住した人たちも、「とりあえず拠点はここ」と思い始め、暮らしてくれるといいなぁ。

まぁ、でも、今後の人生は、誰も予測できないね。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 能登での田舎暮らし:フリーランスの至ってシンプルで忙しい一日
  2. 映画 モンスターズ 映画「MONSTERZ」に登場してるから「俳優デビューした!」と…
  3. 【能登の田舎からのつぶやき】小学校のころの自分とバスに、今日乗り…
  4. 自家製味噌 美味しい day 65.2 石川県穴水町(味噌作りの途中に)『そうだ!“微…
  5. 田舎, 親, 人口減少, 原因 【つぶやき】田舎/地方の「人口減少」「過疎」の最大の要因は田舎の…
  6. NHK 能登 地震 気象庁 【田舎からのつぶやき】能登で続く地震に注意喚起する気象庁と原発稼…
  7. 仕事しながら“ちょい”田舎旅: 今日の職場 『穴水町岩車 漁港』…
  8. tsubaki zaki anamizu Ishikawa 石川県 穴水町 岩車 椿崎 【つぶやき】スローライフとは?田舎暮らしのなにがスローなのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 珠洲 日本 【田舎で仕事】カナダ出身の映画監督 コナー・ジェサップが写真で語る能登『仕事の合間』 田舎 広報 仕事 【田舎で仕事 – 広報】モビリティ医療支援プロジェクト「バンシェルター」起点に拡大 < 見えてくる新たなライフスタイルかつ動く生活基盤の可能性 > ロス イギリス 輪島 day 70.8 “神”の領域にある”Pure Beauty”(純粋な美しさ)をつくりたいSuzanne Ross(スザーン・ロス)さん living trial in Anamizu Ishikawa 穴水町 移住体験 体験住居 day 15 奥能登一周中 穴水町を半日散策後、金沢へ work space countryside in Japan コナー・ジェサップ、まだまだ『クリエイター・アーティスト向け“田舎”ワークスペース』で執筆中

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。