Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

能登での田舎暮らし:「移住」はただのお引越し?いつまでいるのだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
移住定住 引っ越し 地方

最近、岩車に県外から数人移住者がやってきた。2013年、ぼくらが移住したときは0人。ぼくら以前に移住した夫婦はいるが、25年以上前のこと。

「だんだん、増えてきたなぁ」と嬉しく思う一方で…「いつまで彼ら・彼女らはここにいるのかなぁ」と考えてしまう。

世間は「移住…」といかにも大きなステップのように言うが、 「移住」とは要するに、ただの「お引越し」だ。ぼくもそんな感じで岩車に「移住」してきた。

「とりあえず、拠点は岩車に置く。だけど、ずっといるのかはわからない」「いつまでいるのかわからない」と…

国土は小さな日本。「いつでも、どこにでも“移住”“引っ越し”することができる」 そのぐらいの気持ちで「移住」すると気持ちは楽。

長い人生の中のワンステップという感じだろう。今でも、そんな感じの移住が気軽でいいんだと思っている。

しかしながら、一方では、岩車には65歳以上の人たちが多く、高齢化が進んでいる。亡くなる人もいるし、病院にいる人も。

現在、約140人が岩車に住んでいるが、ここ5年、10年の間で、残っている人はどのぐらいいるのかというのが現実だ。

「人生のうちのワンステップ」でとは言ったものの、本当にそれでいいのか…と思い始めている。

移住定住 引っ越し 地方

村の存続、維持管理は誰が?!

「『人生のうちのワンステップ』という感覚でいいじゃない?」と思うと同時に、この村を維持するには、誰かが「定住」しなければいけないとも思い始めている自分がいる。

空き家も放っておけば、埃だらけ、屋根がずれると、雨漏りが始まり、家は崩壊状態となる。そこら土地は、雑草だらけ、植物にも家が乗っ取られる。

ただ県外から来た移住者にとっては、「定住」という響きは少し気が重いのは確かだ。

やっぱり、ここ岩車周辺は良いところ。自然に囲まれて、心が落ち着く。

実家がある鎌倉など、どこへ“旅”しても、「拠点はここ」と言えるような気がしてきた。

気軽な気持ちで岩車や、その他穴水町へ移住した人たちも、「とりあえず拠点はここ」と思い始め、暮らしてくれるといいなぁ。

まぁ、でも、今後の人生は、誰も予測できないね。

コナージェサップ, 日本, シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, 能登, 穴水町 お知らせ:シェアハウス、コワーキングスペース、バンライフステーションなど多目的・多用途の家「田舎バックパッカーハウス」をオープンしました!

 

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 能登 牡蠣 販売 能登牡蠣: 牡蠣(かき)の蒸し方
  2. バックパッカー 家 能登 能登移住3周年記念…奥能登一周 バックパッカー野宿旅…
  3. 広報マンが観た「吉本興業」会見劇場『家族喧嘩は他でやらない?!』…
  4. 雪降る能登…石川県穴水町のバス停で…ドイツ&フランス人 ハーフの…
  5. コナー・ジェサップ DVD falling skies フォーリングスカイズ 『クリエイター向け“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中のコナー・…
  6. バックパッカー 半自給自足 自宅 怒涛の1ヶ月 能登の漁村『岩車』内でバックパッカーファミリーの引…
  7. 外付けキーボード スマホ 仕事 work with smartphone 能登から東京へ 広報などの仕事で ~ シンギュラリティ大学CEO…
  8. 海外出身者もやってくる能登半島の偉大なる海の幸 牡蠣!イベント …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

best yakiniku bbq meat in gotanda tokyo 五反田 最高の焼肉 うしごろ バンビーナ “ほどよい都会” 五反田の“スゴイ”焼肉店『うしごろ』 ~ “食”ブロガー一押しの焼肉 ~ Iwagruma Anamizu Ishikawa 能登半島 石川県 穴水町 岩車 農山漁村の『岩車』に移住した理由 ~ 東京で“埋もれる”よりも田舎へ ~ hiace cruise control ハイエース クルーズコントロール クルコン 長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも スザーンロス なにごとにも進化は必要なのか? 動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。 メディア掲載: 中日新聞『動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」』

今季の牡蠣出荷・販売開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

能登・石川県穴水町のシェアハウス・バンライフステーション『田舎バックパッカーハウス』

動く家 モバイルハウス 軽トラハウス モバイルハウスビレッジ
  1. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント
  2. バックパッカー 石川県 日本
  3. 能登 石川県 穴水町 川尻 シェアハウス 田舎バックパッカーハウス
  4. オレゴンコースト 歩く
  5. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  6. 薪ラーメン 薪暮らし 田舎暮らし

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP