Media / PR - メディア掲載

究極な田舎フリーランスを目指して ~ 今日の北國新聞にバックパッカーがデカデカと?! ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
上勝町 紅葉

能登・穴水町岩車 – 今日(2014年3月5日)の北國新聞に、ぼくらバックパッカーファミリーに関する記事が大きく掲載されているようだ。

今は、“葉っぱ”ビジネスで有名な徳島県上勝町にいるので、実際の記事は見られていないのだが、「鎌倉出身・中川さん 穴水発 田舎のススメ」のようなタイトルになっていることを耳にした。

そんな背景から、ぼくはまだ記事を見ていない。

バックパッカー, フリーランス, 徳島県上勝町

2つの軸

この記事のタイトルのとおり現在、田舎への“旅”と田舎での“ライフスタイル”の二つを軸にあらゆる活動を展開している。自分のライフスタイルに関する情報も発信していくつもりだ。

ブログや、4月中にオープンを予定しているホームページからの情報発信だけでなく、実際、田舎でのライフスタイルを体感することができるリアルな“場”も提供していく。

その一環として、現在、まだまだ実験中だが、岩車の議会議員の新田信明さん、地元の板金屋/素潜り漁師さん(伊豆田昭さん)、能登イベリコの酪農家(道坂一美さん)、地元の魚屋さん(渚水産の北川博幸さん)、ゲストハウスや喫茶店「遊帆」を運営するロキさんなど能登の地元の人たちと密に連携させてもらい「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」も企画・実施している。

“田舎”ホームページ制作中

現在、独自制作を進めているホームページのトップ画面

現在、独自制作を進めているホームページのトップ画面

そして、これが4月中にオープン予定のホームページのトップ画面。田舎への“旅”と田舎での“ライフスタイル”を中心に、コンテンツを公開していく予定だ。また自身の能登でのライフスタイルの様子も載せていく。

グローバル…グローバル…と言われる時代、視点を拡大することは重要だが、海外だけでなく国内にもあらゆる「グローバル(世界)」が存在するということをどんどん発信していきたい。いわゆる、最近、言われるようになってきた「グローカル」だ。

しかしながら、独自で、ホームページを作成しているので、時間がかかっている。入り込むと、楽しいので…“ウェブデザイン”というのも自分に合っている“私事(しごと)”の一つにしていきたい。


「“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験」の映像

田舎へのバックパッカー旅から実感したように、ライフスタイルの選択肢は“今自身が過ごしているスタイルだけではない”ことを世の中に発信しつつも、リアルな現場も体感できるような場づくりをしていく予定だ。

徳島県 上勝町, 紅葉

なんとかやっていける田舎ライフ

東京での会社生活を離れ、田舎を中心にバックパッカー旅にでた。約2年の旅での移動距離は、徒歩・公共交通機関・クルマ・原付を合わせ約3万5000キロ。2013年5月から、能登での生活を開始した。旅を始め一気に収入はゼロだ。今は基本“フリーランス”として活動していて、暮らせる範囲の収入でハッピーな能登の田舎での暮らしを満喫している。

これまでの3年間…まだまだたったの3年だが、ゆっくりだけど、着々と自分たちが目指す未来へ向かっている自分らを見つめなおすと、「よくもまぁ、ここまでやってきたなぁ・・・」と感じる。

まだまだこれからすごい未来が待っていることを既に感じ始めているが、これだけの距離を“歩いた”かいがあった。

っと思う一方で…今“歩いている”のは、田舎で出会ったみんなの協力のおかげなのだ。

全ての“きっかけ”はイナ旅から…

これからも“究極な田舎フリーランス”を目指したい(笑)

今、徳島県上勝町にいるのも、田舎へのバックパッカー旅が全てのきっかけだ。一般社団法人マチのコトバ徳島の代表を務め、いろどりのスタッフでもある滑川里香さんとたまたま、上勝を歩いているときに出会い、意気投合。“田舎を元気にする”プロジェクトに声をかけてもらった。また、里香さんとの仕事も、自由~にもろもろやらせてもらっているので、自分にとっては、気分が良いしとにかく楽しい。里香さんにホント感謝。そんなこんなで今年3月末まで、半上勝・半能登のライフスタイルを送っているわけだ。

そしてもう一つは、物事のHow-to/マニュアルを簡単かつ分かりやすく写真つきで作成することができるウェブサイト「Teachme」を運営する東京のITベンチャーの広報を、能登…もしくは“旅先”からサポートさせてもらっている。これまでメディア掲載がなかった「Teachme」は現在、多くの主要メディアに取り上げられ始めている。「Teachme」のものすご~く理解あるメンバーの方々にもホント感謝だ…(記事には「籍を置く…」となっているが、そこはちょっと表現が違うかな)

里香さんと「Teachme」に関しては、もろもろ語ることが沢山あるので… 別途ストーリーを載せることにしたい。

能登や上勝のような田舎、“動く拠点”であるキャンピングカー(ハイエースがベースのアネックス・ファミリーワゴンC)など、どこにいても仕事ができる時代になってきていることを自身 実体験している。

会社生活で自分の中にあったあらゆる価値観を捨て…いや価値観をより拡大させたと言った方が正確だろう。そんなスタイルに巡り合えてホントよかった。

これからも、ポジティブに一歩一歩前進していく!(北國新聞の記事はこちら

上勝町 紅葉ライフスタイルはいろいろある。どんなスタイルが良いのかなんて誰もわからない。これからもバックパッカー旅は続くぞぉ~~

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフステーション, 能登, 穴水町 お知らせ:能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町>にシェアハウス、コワーキングスペース、バンライフ・ステーションなど多目的・多用途の家『田舎バックパッカーハウス』をオープンしました!

 

関連記事

  1. 動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。 【メディア掲載】中日新聞『動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車…
  2. 徳島のラジオ局「エフエムびざん(FM79.1)」にぼくらバックパ…
  3. 日経ビジネス 製造 リショアリング メディア掲載: 日経ビジネス 「光るコメント」
  4. NHK 所さん 大変ですよ 爲 能登 石川県 【メディア掲載】今日(11月28日)のNHK総合『所さん!大変で…
  5. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞…
  6. 中日新聞 中川生馬 田舎体験 メディア掲載: 中日新聞「能登ライフを満喫 穴水 2外国人が星空…
  7. vanlife on bepal メディア掲載: 令和元年に『BE-PAL』登場 – …
  8. ヤフーニュース バンライフ メディア掲載: ヤフーニュースなどのオンラインメディアに「田舎バ…

コメント

VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

中日新聞 大堀悟 Obori Satoshi on Chunichi Newspaper 【メディア掲載】中日新聞「先輩移住者に共鳴、穴水へ」 移住者が新たな移住者を“呼ぶ” カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar キャンピングカーのカーシェア本格稼働 車中泊仕様の車を激安利用?!車中泊仕様の車で副収入も?! 東奥日報 2020年7月29日 車中泊 バンライフ 中川生馬 田舎バックパッカーハウス 【メディア掲載】青森県の地方紙「東奥日報」でも「バンライフ 車で寝泊まり、旅しながら仕事 『新しい生活様式に』奥能登に拠点 高まる需要」 石川テレビ バンライフ ishikawa tv vanlife media 【メディア掲載】今日8月3日 石川テレビのバンライフ特集に登場 神山 ヒッピー 田舎のライフスタイル in 徳島県神山町 1話 – 風力発電の建設と 自然と共に暮らす人々

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

東奥日報 2020年7月29日 車中泊 バンライフ 中川生馬 田舎バックパッカーハウス
  1. はなびらだけ 大井川電機
  2. 石川テレビ バンライフ ishikawa tv vanlife media
  3. Carstay CMO 田端信太朗 資金調達
  4. ドキュメント ユーチューブ 能登 石川県 穴水町 中川生馬 取材

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  3. 田舎体験 能登
  4. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan

ランキング

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
PAGE TOP