Media / PR - メディア掲載

【メディア掲載】みらいワークス社の「みらいの働き方インタビュー」全2話 「思い込みを捨てる」「ライフスタイルの選択肢」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「日本の未来の為に挑戦する人を増やすこと」がミッションで、フリーランス向けの仕事紹介などを手掛ける株式会社みらいワークスの取材を受けさせていただき、同社が運営する「みらいの働き方インタビュー」に田舎バックパッカーの中川生馬が登場した。

インタビュー記事の内容は「えっ!?ここまで素晴らしい感じで書いてくれちゃっていいんですか!?」とついつい思ってしまうほどポジティブ感満載の内容となっている。

マイクロソフトのセキュリティ関連の責任者、サイボウズの代表、ChatWork(チャットワーク)のCEO兼CTO、サイバーエージェントの人事統括、セゾン情報システムのCTO、LinkedIn日本法人の代表などのビッグネームの会社の人々が連なる中、「なんでこいつなんだよ!?」と思う人も多いだろうが… そんなこと思わずに、ぜひぜひ、読んでいただきたい。

みらいワークス mirai works 中川生馬 田舎バックパッカー【画像をクリックすると、みらいワークス社の記事1話目に飛びます】

前編: 「ライフスタイルの選択肢を増やしたい」という思いが募り、2年半にわたる旅に出た

後編: 思い込みを捨てることで、生き方と働き方の可能性は大きく広がる

先日、みらいワークス社の広報で、副業で空飛ぶクルマの開発を行うCARTIVATOR(カーティベーター)・SkyDrive(スカイドライブ)の広報も務める石井まゆみさんの取材を受けさせていただいた。

みらいワークスの石井さんと初めてお会いしたのは、さかのぼること、2018年10月16日(火)のこと。日経ビジネスの元記者 西雄大さんによる「石川県・能登に“変な奴”がいるんですよ~」から始まった紹介だったかと“思う”。が、いつも西さんの紹介には感謝。

ちなみに、2018年10月16日は、ぼくが初めてCarstay(カーステイ)代表の宮下晃樹さんと出会い、ブロガーとして晃樹さんを取材した日でもある。その日が“きっかけ”となり、ぼくは現在、カーステイのフPRO(Public Relations Officer)として、広報を担当している。

っと… ついついその当時のことを振り返ってしまった。

取り上げていただき感謝です!

さて、明日も再び“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験だぁ~。

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、住める駐車場/車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. セブ・パシフィック航空 「#CEBjuanderers Back…
  2. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅 ビジネス・経済誌最大の日経ビジネスのコラム「時事深層」でバン泊新…
  3. 車中泊 漫画 穴水町 川尻 【メディア掲載】車中泊旅漫画「渡り鳥とカタツムリ」に登場!能登・…
  4. バックパッカー 石川県 日本 石川県の移住定住ページに登場!「ライフスタイルはひとつじゃない。…
  5. 北陸中日新聞に『田舎のほうが都市部よりも選択肢が多い、事例が重要…
  6. ロカフレ 移住者 穴水町 能登 【メディア掲載】『ロカフレ』に登場!来年4月 穴水町移住予定の“…
  7. 【メディア掲載】各地の地方紙「時のひと」「この人」などの人コラム…
  8. 新宿ビズタウンニュース 2020年9月 中川生馬 Carstay 【メディア掲載】石川県 奥能登に地方移住しつつも「新宿ビズタウン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

【田舎からのつぶやき】岸田政権発足したけどさ… 田舎/地方移住先で感じる素朴なこと Surface Book 2 不具合 GPU 【田舎でITレビュー】OS更新後 Surface Book 2のGPUに不具合 今後 更新は慎重に Youtuber Tomo san ユーチューバー 勝村知由 ともさん 車中泊 撮影 ユーチューバー“ともさん” 穴水町川尻での車中泊映像 前編と後編アップ Connor Jessup in Anamizu Japan コナージェサップ 日本 石川県 能登 穴水町 【田舎で仕事】コナー・ジェサップが発信する『結生 X 能登』の世界 - 7 Iwagruma Anamizu Ishikawa 能登半島 石川県 穴水町 岩車 農山漁村の『岩車』に移住した理由 ~ 東京で“埋もれる”よりも田舎へ ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  2. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan
  4. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
速報:穴水町川尻の橋で老人ホームのクルマ転落事故
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
自動車用電球メーカーが“幻のきのこ”はなびらたけをつくってるって?!なぜ?
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。