光琳寺保育所でお釈迦様の誕生祝う『花祭り』

能登・穴水町波志借(石川県) – 4月8日はお釈迦様の誕生日。約2500年前に、お釈迦様はインドで産まれた。

光琳寺 保育所 花祭り ishikawa anamizu nursery school flower festival

娘が通っている保育所「認定こども園光琳寺(こうりんじ)保育所」はお寺「光琳寺」が運営していることから、光琳寺は先週末、お釈迦様の誕生を祭る「花祭り」を開催。

光琳寺 保育所 花祭り ishikawa anamizu nursery school flower festival

お釈迦様が誕生した場所はインドとネパール国境付近に位置する「カピラ城」と言われている。

光琳寺 保育所 花祭り お釈迦様 ishikawa anamizu nursery school flower festival

お釈迦様は産まれたときに、7歩歩いて、右手で天を、左手で地を指し、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と唱えたそうだ。

「自分が一番」という意味ではない。「世界に存在する1人1人がみんな尊い命をもった存在」を意味する言葉だ。

光琳寺 保育所 花祭り ishikawa anamizu nursery school flower festival

なぜ7歩なのか?

苦しみばかりの「地獄界」、食べ物・飲み物がない飢えて渇いた「餓鬼界」、弱肉強食の常に怯えている「畜生界」、争いばかりで闘争の「修羅界」、ぼくらが生きている苦楽の「人間界」、6つの中では“まし”と言われているが迷界あり・悲しみ・寿命がある「天上界」の6つの世界があるとされていて、お釈迦様がもう1歩歩いた7歩目が、これら6つの世界を越えた「悟り」を意味するそうだ。

そして、お釈迦様は人々が幸せになるための方法をつたえてきた。



光琳寺 保育所 花祭り 甘露 ishikawa anamizu nursery school flower festival

“おそらく”お釈迦様は「象」にのってパレードをしたと思われることから、祭りには「象」が登場。そして、そのときに、甘露の雨が降ったと言われていることから、象にのったお釈迦様の像に甘茶をかけるそうだ。

その影響からか、お葬式などで見かける、6角形の黄色い飴を食べるようになったんだとか…

光琳寺 保育所 住職 園長 ishikawa anamizu nursery school

などなど、園長先生の長谷川述麻(のぶまろ)さんから波志借(はじかし)の村をまわりながら、お話しを聞かせてもらった。

光琳寺 保育所 花祭り ishikawa anamizu nursery school flower festival

子どもたちが象を引きながら波志借の村を周る。村を歩くこと約1時間。その距離は約2キロ。

都会にいると、電車の乗り換えなどで沢山歩くが、クルマでの移動が圧倒的に多く、田舎にいると歩くことが少なくなるので、このぐらいの運動はいいもの。



光琳寺 保育所 花祭り ishikawa anamizu nursery school flower festival

周りの子どもたちは、バテているが、結生は相変わらずへっちゃら。

「花祭り」後は、都会の人たちに農漁業体験活動の場を提供する「田舎時間」の田植えへ。

田植えでもとにかく走りまわる娘。(続きはこちら

光琳寺 保育所 花祭り ishikawa anamizu nursery school flower festival

光琳寺 保育所 花祭り ishikawa anamizu nursery school flower festival

光琳寺 保育所 花祭り 象 ishikawa anamizu nursery school flower festival

光琳寺 保育所 花祭り ishikawa anamizu nursery school flower festival

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す