Noto Anamizu Town - 能登 穴水町

年内オープン目指す“癒し”ヤギの農家民宿『兜ガーデンファーム』のHP制作サポート ~ 横浜市から穴水町に移住した小栗伸幸さんとは?! ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
能登 穴水町 農家民宿 兜ガーデンファーム ヤギ ヨガ 対応

能登・穴水町(石川県) – 神奈川県横浜市から穴水町に移住した小栗伸幸(おぐり のぶゆき)さんが、(延びる可能性もあるが)2016年11月オープン予定の『兜ガーデンファーム』のホームページ兼ブログ制作のサポートをした。

ホームページのコード入力、写真撮影や編集、文章作成、楽天やじゃらんなどのトラベルサイトやソーシャルメディアの登録など、もろもろウェブ全般の制作をサポートした能登町の農家民宿『ゆうか庵』のときとは異なり、今回の『兜ガーデンファーム』の場合は、ホームページとブログの基盤となる『箱』のみの制作依頼。(※当時、手掛けたこの農家民宿のホームページはどうやら本人がサーバーなど契約延長をしなかったようで、なくなってしまっている)

「可能な限り低予算で!」とのことだったので、ホームページのURL(アドレス)となる「ドメイン」や、ワードプレスのインストール含めたサーバーの登録や設定、中身のデザインは“ある程度 普通”のもので、ブログ記事作成が簡単にできる基盤「箱」づくりが主に行ったことだ。要するにブログ記事作成が簡単に出来る基盤作りを行ったわけだ。

兜ガーデンファーム オフィシャルホームページ ブログ

小栗さんには、写真や、農家民宿に関する文章を準備してもらった。

「箱」だけでは、中身がないホームページやブログになってしまうので、写真と文章は必要不可欠だ。

デザインなどにこだわりなく、文章や写真など中身をいただければ、低予算でも、大変ありがたいお仕事として対応させていただく。ちなみに、今回は、「将来的に拡張性が高いもの」ということで、ワードプレスでのウェブ制作を行った。

小栗さんは2015年12月ごろ、穴水町に移住。移住当初から最近までは、町中に暮らしていたが、400万円で購入した曽良地区の旧農業専門学校の寮だった家/施設に移り住んだ。この地区にある兜山や、田園と田園から見える里海などの風景、地域の歴史に惹かれたそうだ。

そして、追加約700万円を投じて、現在、その家のトイレや風呂などの水回り、外壁などを改装中。

「トイレとお風呂はこれで十分綺麗じゃない?!」とぼくは思ったが、小栗さんは綺麗好きで、作業が徹底している。「これでは自分が満足しないから、つくり直すんです!」と水回りにも手を入れ始めた。

穴水町 移住者 農家民宿 兜ガーデンファーム ヤギ ヨガ 対応 小栗伸幸

2016年11月のオープンを目指し、もろもろ取り組んでいる。

小栗さんは既婚だが…もろもろ“愉快”な事情ありで...現在は家族の代わりに9頭の山羊(ヤギ)と暮らしている。

ヤギは農家民宿に来るお客さんを癒し、その上、お客さんは新鮮なヤギのミルクやチーズと地元の食材を体に取り入れ、里山に囲まれ、広々した環境でリラックスしながら宿泊することができる。

最近、アメリカ・オレゴン州にある農場では、屋外での「ヤギとヨガレッスン」体験を提供開始し、予約が一杯になるほど人気のようだ。日本でもヨガは人気。

食材も新鮮で、マクロビの食堂も近くにある「兜ガーデンファーム」はヨガにも適した農家民宿にもなる気がする。

近々、「兜ガーデンファーム」前にあり、現在雑草ぼうぼうで全く使用されていない「兜農村公園」の利活用も始める予定だ。

ヤギが公園の雑草を食べると同時に、役場は所有する公園の管理もすることできる。そして、可愛いヤギたちによる、癒し空間もつくれる。小栗さんは穴水町役場から既に、口頭で管理かつ借りることを約束している。

穴水町 移住者 農家民宿 兜ガーデンファーム ヤギ ヨガ 対応 小栗伸幸

ヤギはどのようにして入手したかと言うと、ぼくのブログでも頻繁に登場する「のと猪部里児(いべりこ)」豚・ヤギ・牛などの酪農家・道坂一美さんから3頭のヤギを譲り受けた。

その後、“たまたま”その3頭のヤギは妊娠していて、現在は9頭にまで増えた…というストーリーだ。

小栗さんなら何事もやり遂げるかと思うが、ヤギなど動物全般の世話は大変だ。

小栗さんは毎朝5:30に起床し、草刈りや、ヤギの食事の準備を終わらせ、町の移住支援スタッフとして、移住定住促進協議会の事務局にも勤務している。

 

小栗伸幸さんとは?!

さて、小栗伸幸さんとは一体全体なに者なのだろうか?!

ぼくはまだ小栗さんと出会ったばかり。まだまだ小栗さんについてはなにも知らないが、小栗さんは“タフ”そうな印象がある。

穴水町 移住者 農家民宿 兜ガーデンファーム ヤギ ヨガ 対応 小栗伸幸

小栗さんは39年間勤務した第一生命保険株式会社を早期退職して、神奈川県横浜市から穴水町に移住した。

第一生命ではクレジット審査、法人営業など社内であらゆる部署で経験を積み、60歳過ぎたごろ、“脱サラ”。会社勤務の一時期は、アメリカに4年間 駐在していたので、英語も話せることから、海外からのお客さん対応もできる。

昔はラグビー選手でもあったそうだ。

穴水町 移住者 農家民宿 兜ガーデンファーム ヤギ ヨガ 対応 小栗伸幸

これまでは都会暮らしだったが、会社生活で鍛えられた“タフ”感がありそうな小栗さん。

予定どおり、年内に農家民宿のスタートを切って、県内外からお客さんが穴水へとやってくることを願いたい。

穴水町 移住者 農家民宿 兜ガーデンファーム ヤギ ヨガ 対応 小栗伸幸

現状の「兜ガーデンファーム」でも十分味があって、中の空間は広々している。改装後、兜ガーデンファームはどのように生まれ変わるのか楽しみだ。

ちなみに、甲と曽良の境にある農家民宿『兜ガーデンファーム』周辺地区では、ドコモの電波は入ったがソフトバンクの電波は入らなかった。

穴水町の農家民宿「兜ガーデンファーム」の概要

所在地: 穴水町字曽良4-41-2
電話: 090-3457-1516
宿泊料金(税別): 1人のみ13,500円、2名 11,500円、3名以上 9,500円(穴水町観光ポータルサイト情報)
素泊宿泊料金(税別): 4,500円
予約: 電話にて受付
チェックイン: チェックイン 15:00 / チェックアウト 12:00

穴水町 移住者 農家民宿 兜ガーデンファーム ヤギ ヨガ 小栗伸幸

 

 

Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!
シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 父 娘 旅 father daughter travel 田舎旅:リアルな田舎「鎌倉」へ 石川県から
  2. 蔵カフェ 菜々 家族の“楽暖”感じる能登・穴水町の『蔵カフェ 菜々』、テレ朝「人…
  3. ジャパファンカップ サッカー 福島 国際親善試合 リトグリ 福島でU-18東北選抜 対 東南アジア選抜の国際親善試合「Jap…
  4. アメリカ・オレゴン州 田舎の“森中”に…なぜボーイン…
  5. 田舎 広報 仕事 【田舎で仕事 – 広報】モビリティ医療支援プロジェク…
  6. 今月も田舎と都会間を飛んでいる… 田舎で仕事する方法…
  7. 電機製作所から?!幻のキノコ「はなびらだけ」が大量に届く
  8. 穴水町 喫茶 カフェ フリースタイル のと鉄道 東井豊記 穴水駅前の“昭和感”溢れる昔ながらの喫茶『フリースタイル』 お薦…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

能登 穴水町 牡蠣 oyster in anamizu noto ishikawa 牡蠣で中日新聞 武藤記者の送別会 カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar キャンピングカーのカーシェア本格稼働 車中泊仕様の車を激安利用?!車中泊仕様の車で副収入も?! Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 珠洲 日本 【田舎で仕事】カナダ出身の映画監督 コナー・ジェサップが写真で語る能登『仕事の合間』 【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!<2021年7月2日追記> 福島 サッカー リトグリ テーマソング 福島県でのサッカー国際親善試合でリトグリが生ライブ

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
vanlife asahi バンライフ 朝日新聞
  1. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  2. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【バンライフ動向】朝日新聞の“選挙”コーナーにバンライフに関するコメント 女子大生バンライファー宮本芽依さん
田舎バックパッカーハウス < 公式概要と利用料金について>
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優兼監督コナー・ジェサップ 『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中
day 76.6 福岡県 小呂島 EXILEのミュージックスクール特待生 島田乾生くん家族とバックパッカー夫婦の夕べ
デルのノートパソコン 購入半年で三度目の修理、デルの最悪なサポート対応を暴露
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。