田舎体験:岩車で牡蠣小屋“薪火”BBQ

午前中から15:30過ぎまで龍昌寺で有意義な時間を過ごしたぼくら『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』のみんなは穴水町の田舎バックパッカー宅へ。(前回のお話しはこちら

このお話しは先月の2月24日(土)・25日(日)に行った田舎体験1日半の内容だ。

穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

今夜は能登・岩車産の牡蠣をメインにしたバーベキュー。牡蠣漁師も交えて、自宅の納屋で開催した。



まずは穴水町のスーパーと言えばここ!の「どんたく」へ、みんなで食材の買い出しへ。

やっぱり他県、田舎/地方のスーパーは都会と違い、食材の種類、置かれ方、価格などが違い、面白い。やはり、みんなが驚くことは、地元産の魚介類とその価格だ。

田舎体験 バーベキュー 食材 どんたく

穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

産地の魚や野菜に関しては、都会と比べると価格がかなり違ってくる。魚屋さんは別かと思うが、スーパーに置いてある多くの魚は既にさばいてあるものばかりで、魚そのままが売られているケースは少ないのでは?

どんたくでは、ちょい野菜、肉、刺し身、干物、地酒、ワインなどを、みんなが選んで、食材を購入。

穴水町 田舎体験 バーベキュー 牡蠣

かなりの量の食材を購入した

約1時間、町の「どんたく」での時間を楽しみ、岩車へ。町からぼくの移住先・岩車までの距離は約10キロ、信号がほぼなく、渋滞なんて一切ないので、約15分で着く。ほどよい距離だ。

穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

家には、地元・岩車の漁師が水揚げしたばかりの牡蠣、ナマコなどが待っている。

輪島 ビーガン モリクモ食堂 オードブル Vegan in Wajima Ishikawa

そして、「牡蠣はほどほど」って人向けには、事前に注文したビーガン・オードブルもある。ビーガン料理は、輪島・与呂見地区にあるビーガン食堂「モリ+クモ食堂」から注文したもの。

冬季、 与呂見地区は雪深くなるため「モリ+クモ食堂」は閉まっているが、お休みの期間中、オードブルの注文や配送サービスを行っている。5500円で、約3人分のビーガン+デザート、この価格・質・量で健康的なビーガンというのは嬉しい。

家でも、そこそこの量の料理が待っているわけだが、みんなが「どんたく」で購入した食材の量が半端なかった。特に刺し身が…

穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

さて、キッチンで野菜を切って、外でバーベキューの火をつけて、みんなで準備を一緒にして、牡蠣メインのバーベキューが始まった。

今宵は何時頃まで飲み続けるだろうか… 写真を見て想像してほしい。(翌朝からの体験ストーリーはこちら)(続きは翌日掲載予定)

穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

穴水町 牡蠣 天狗舞 Oyster in Anamizu

穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

●ぼやき

ぼくは、この晩、常に針を持ち歩く“遊牧”スタイルの鍼灸師(しんきゅうし)・按摩(あんま)マッサージ指圧師 小林哲也さんに、長く傷んでいる首や肩周辺を軽くマッサージをして、固まっていた筋肉をほぐしてもらい、この日を終えた。

いやぁ〜、それにしてもコバテツさんのマッサージは、かなりぼくにマッチしていたなぁ。

現在、都内で鍼灸や按摩マッサージ指圧を行っているが、近々 治療室 賃貸の契約が終了するので、田舎移住も視野に入れて、今後を考えているそうだ。能登・岩車へ来てくれるといいなぁ。

輪島 ビーガン モリクモ食堂 オードブル Vegan in Wajima Ishikawa

穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

結生はみんなに遊んでもらい、バーベキューの途中にぐっすりと寝てしまった

続きはこちら(翌日掲載予定)

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す