INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

<写真で見る>田舎体験 3日目 最終日 輪島・与呂見 半自給自足暮らしの『龍昌寺』へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ishikawa wajima ryushoji temple self-sufficiency 輪島 龍昌寺 半自給自足 暮らし 村田和樹さん

能登・輪島市(石川県) – この日は、田舎体験最終日。みんなは16:55の全日空の便で能登空港を出発し、東京・羽田空港へと戻る。(初日の話しはこちらから。二日目はこちらから)

9:00ごろ、農家民宿ゆうか庵を出発し、半自給自足暮らしが体感できる輪島の与呂見(よろみ)地区にある龍昌寺(りゅうしょうじ)へと向かった。

ishikawa wajima ryushoji temple self-sufficiency 輪島 龍昌寺 半自給自足 暮らし

今回、ぼくら田舎バックパッカーの『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』で、龍昌寺と連携するのは初めて。

この龍昌寺の敷地内には一つのコミュニティができていて、敷地内に建っている家に5世帯・14人が住み、みんなで、畑や田んぼ、冬には餅つき、味噌づくりなどをして、半自給自足暮らしを楽しみながら暮らしている。

輪島 龍昌寺 食材 自給 noto ishikawa wajima ryushoji temple countryside experiences japan

お寺と呼ぶよりも、一つの『村』と呼んだほうが相応しい場所なのかもしれない。

龍昌寺は禅寺で、座禅、お経など、寺らしいことは行うのだが、修行や拝観料などで生活の収入を得るようなことはしない。

龍昌寺ならではの体験、料亭でのお料理、染め物、お米など、“自然”からつくりだすものから必要な収入を得ているそうだ。

輪島 龍昌寺 食材 自給 noto ishikawa wajima ryushoji temple countryside experiences japan

輪島 龍昌寺 食材 自給 noto ishikawa wajima ryushoji temple countryside experiences japan

輪島 龍昌寺 食材 自給 noto ishikawa wajima ryushoji temple countryside experiences japan

輪島 龍昌寺 食材 自給 noto ishikawa wajima ryushoji temple countryside experiences japan

ぼくは“田舎でのライフスタイル”という側面から、日本という小さな島国に、表には出てこないような多種多様のライフスタイルの選択肢が存在することを発信して、それを体感・実践できるような場づくりをしたいというビジョンがある。

龍昌寺ように、都会では見かけることがない、少し変わったお寺のライフスタイルを少しでも体感してもらいたいと思い、今回の体験から連携させてもらったのだ。

ishikawa wajima ryushoji temple self-sufficiency 輪島 龍昌寺 半自給自足 暮らし 村田和樹さん

ishikawa wajima ryushoji temple self-sufficiency 輪島 龍昌寺 半自給自足 暮らし 村田和樹さん

龍昌寺の“暖”となるエネルギー源は薪。薪ストーブで温まりながら、住職・村田和樹さんが入れてくれたお茶、奥さんの啓子さんが作ってくれた自然料理を食べて、自然と融合した暮らしについてお話しを聞きながら、龍昌寺での一時を楽しんだ。

ishikawa wajima ryushoji temple self-sufficiency 輪島 龍昌寺 半自給自足 暮らし 村田和樹さん

1日目と2日目と内容が濃かったためか…もろもろプランを変更して、飛行機の時間まで、龍昌寺でのんびりすることになった。

輪島 龍昌寺 食材 自給 薪暮らし noto ishikawa wajima ryushoji temple countryside experiences japan

龍昌寺では、春夏秋冬の四季の自然を体感しながら、“自然に身をまかせ”…“自然の流れにのった”生活をしている。

それが“本来”当然と言えば当然のような…暮らしだ。

昔は龍昌寺のような暮らしが当たり前だったのかもしれないが、現代、そんな暮らしを見かけることはあまりない。

が…最近は社会が“進化”しすぎているのだろうか。あえて、“自然回帰”しようとする若手をちらほらと見かけるような気がする。

今回の『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』からも、個々が少しでも自分のライフスタイルの在り方や旅に関して感じることができたのなら嬉しい。

能登 穴水町 田舎体験 参加者 能登空港 まれ noto airport NHK mare

輪島 龍昌寺 食材 自給 薪暮らし noto ishikawa wajima ryushoji temple countryside experiences japan

次は、みんなと夏・8月の“洋上パーティー”メインの田舎体験で会えたらいいね。(龍昌寺の村田啓子さんと、鍼灸師・コバテツさんによる号外ファッションショーは…こちら

能登・輪島 - 与呂見地区にある龍昌寺。風呂の水を薪で沸かす村田和樹さん。【能登・輪島 – 与呂見地区にある龍昌寺。風呂の水を薪で沸かす村田和樹さん】

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima 能登で田舎暮らし希望 ドイツ出身で19歳のアルチャと輪島の龍昌寺…
  2. 輪島 大沢村 ワカメ 美味しいワカメ <写真>『ヤスヨとヤスコ』の田舎体験、NHK朝ドラ「まれ」の舞台…
  3. 世界一長いベンチ longest bench in Ishikawa Noto “キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』4話目: 能登の“穴場…
  4. スザーンロス day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田…
  5. countryside rural experience tour in Japan 田舎体験 田舎体験:アイルランドやアメリカからの“美女”たち 夏の醍醐味『…
  6. 田舎バックパッカープロデュースの奥能登での田舎体験の内容 続編
  7. 漆芸作家 スザーン イギリス day 70.7 輪島塗を活性化させたい漆芸作家 スザーン・ロス…
  8. 田舎体験 能登 田舎バックパッカー、第一弾目『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

今日発売の「田舎暮らしの本」(2015年5月号)の内容は... 【メディア掲載】宝島出版「田舎暮らしの本」にバックパッカーファミリー登場 mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち 【田舎で仕事 – 広報】日テレ「ZIP」のバンライフ特集にちょろっと登場 Hiace solar panel ハイエース ソーラー 田舎旅: 冬の“ソーラー”重視のクルマ旅 どこへ? ~ 一式と一石二鳥的メリットとは ~ 群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター 「星空のまち 穴水町」天の川の写真 九州・吹奏楽団「群青」コンサートのポスター画像に day 9 石川県輪島 舳倉島への船、今日も欠航…とりあえず能登半島を歩く

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
asahi national daily newspaper vanlife 朝日新聞 バンライフ
  1. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登
  2. 日経 AR 記事

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 85.4 長崎県 五島列島・宇久島の隣にある人口14人の寺島へ ~14人…どんな島なのだろうか…ポットホールとは一体なんだ?!~
day 81 長崎県大瀬戸町『岡﨑製パン所』を見学 そして 次の旅先へ
【能登での田舎暮らし】添加物賛成・反対派に関する質問をみて 結局 添加物ありがいいの?なしがいいの?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。