Gifu - 岐阜県

能登から鎌倉へ 飛騨の穴場“ちょろちょろ”滝と エメラルドの川

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
飛騨 穴場 滝

富山県富山市 & 岐阜県飛騨市 – 昨晩、「道の駅 細入(ほそいり)」で、ぐっすりの一泊。

田舎バックパッカーの“動く拠点”ハイエースで、お湯を沸かし、ドリップ式でコーヒーをつくり出発。(前回のストーリーはこちら

「クルマでお湯?!」っと思う人もいるかと思うが、この“動く拠点”には、小型湯沸かし器、ネット設備、電気感レンなど、生活する上で必要最低限の旅道具がそろっているのだ。

しまいには… この“動く拠点”には羽毛布団まである。冬、羽毛布団は、最高の車中泊アイテムだ。FFヒーターも搭載しているがなしでも快適に寝られる。

猪谷 飛騨 川 滝 穴場 バックパッカー バーベキュー スポット

 

「道の駅 細入」での一泊の感想は...

「道の駅 細入」はかなり静かで、深い眠りに入ることができる。元日から3日までの3日間「三箇日(さんがにち)」、寒い冬という背景もあるだろう。この3日間、そう多くの人が旅しているわけではない。

また、この“動く拠点”ハイエース/ファミリーワゴンCのベットは、自宅のベットや布団よりも快適なのだ。

道の駅 細入 子ども向け 公園

【「道の駅 細入」には子ども向けの長い滑り台、トンネルなどがある、お遊戯広場もある】

 

飛騨の穴場“ちょろちょろ”滝ある場所

途中、寄り道したのは、飛騨にある綺麗な“ちょろちょろ”滝と、エメラルド色の川が流れるスポット。

飛騨 穴場 滝

名前はわからないが…とにかく惚れる川と綺麗な滝だった。この国道41号線を走っていると、エメラルド色の綺麗な川はすぐに気づくだろうが、この“ちょろちょろ”滝は下に降りないとみられない。

名前がある滝なのかはわからないが、ここは穴場的な場所だろう。この“ちょろちょろ”感ある水の流れがいい感じだ。

飛騨市神岡町内にある、神通川から高原川に入り国道41号線から県道188号線を下った場所にある。

無人の新猪谷発電の横、新猪谷橋の下あたりの川だ。

飛騨 穴場 滝

新猪谷橋の先は冬季間、雪が積もるため、閉鎖されている。

飛騨 神通川 高原川

飛騨 高原川 滝

横山楡原衝上断層 場所

 

道の駅 神岡の無添加・無化調チャーシューラーメンが👍

飛騨の穴場的な川でのんびりした後は、「道の駅 宙ドーム・神岡」で昼食。

道の駅 神岡 ラーメン うまい

道の駅 神岡 ラーメン うまい

ここのラーメンは無添加・無化調で、細麺のとんこつ系。

チャーシューもオリジナルで美味しい。ただ麺の量が少ないので、もう一玉加えて大盛りにすることをお薦めする。

 

クルマ旅では穴場を逃しがち?

旅はいそいそしても面白味が減る。急ぐと、なにも見られない。

ただ単にドライブするだけのクルマ旅は、極端に言えば、なにもかも通り過ぎて終わってしまう。

特にクルマ旅で注意すべきことは“速度”だ。スピード出しすぎ、スピード違反のことではない。

歩き、自転車、原付、バイク、自動車など、スピードアップする旅スタイルで気を付けなければいけないことは、穴場スポットを見逃したり、通り過ぎてしまうこと。

クルマ旅の場合、良い感じのスポットを通り過ぎてしまうことは多々起きる。クルマのスピードでは、穴場スポットを見つけることは困難。

とにかく先へ先へと進むこと、走行距離ばかりに気を取られる旅というのは、新しい発見に欠ける旅となってしまう。発信者的な立場から言えば、既にあらゆるスポットが発掘されている中、同じような場所ばかり旅しても、いかがなものか…となってしまう。

“スピード”感溢れた旅スタイルでは、隠れスポットには到底たどり着けない。

(既に知っている人が多いのかはわからないのだが…)“のろのろ”と走っていなければ、この“ちょろちょろ”滝も発見できなかったことだろう。なんども言うが、走行速度ではない。

1日進む距離を、50キロ、80キロ、100キロなどと短距離で設定して、のんびりと進む。

クルマを降りて、「ここがいいよね!」と感じたスポットを歩いて探求しながら、進むのがいいなぁ...と感じた。“動く拠点”の導入前から感じていたことだが、改めて、そう感じた日だった。

クルマに旅の拠点を変えると、忘れがちになってしまうので、気を付けたいポイントだ。

1日走行する距離は設定することだ。

そして、今夜は、「道の駅 今井 恵みの里」で一泊したわけだが...

その前に2017年早々スゴイ偶然が、長野県松本市で起きた。(続きはこちら

道の駅 宙ドーム 神岡 岐阜県飛騨市

【「道の駅 宙ドーム・神岡」にはデスクスペースもある。バックパッカーにも優しいスポットだ】

道の駅 宙ドーム 神岡 岐阜県飛騨市

【「道の駅 宙ドーム・神岡」の自動販売機コーナー。最近、道の駅には、自動販売機が多い気がする】

道の駅 宙ドーム 神岡 岐阜県飛騨市

【「道の駅 宙ドーム・神岡」のトイレ内。土足厳禁のちょっとした休憩があり、電源やヒーターまで装備されている。ここの道の駅は旅人、バックパッカーにかなり優しいスポットだ】

岐阜県 飛騨 エメラルド色 川 滝

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 四国 坊勢島 バックパッカー旅 旅行 day 21 兵庫県 坊勢島(ぼうぜじま)に向けて出発
  2. 奥飛騨 紅葉 hida autumn 田舎旅: 奥飛騨の紅葉 そろそろ
  3. day 16 – 19 金沢で焼き肉。気になる飛驒。…
  4. 中津川 day 2 静岡県浜松市 一眼レフカメラの事故… 白駒の池へ

コメント

VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

ドライブスルー牡蠣祭り『おうちDEかき祭り』2月21日(日)11:00~ 石川県穴水町で カーステイ キャンピングカー ゴールデンウィーク 地方の空き地を有効活用して収入を得る方法とは? Hokkaido fox wild life animal 北海道 キタキツネ 北狐 バックパッカーが旅する北海道 知床半島 かわいいキタキツネとの出会い 福島 サッカー リトグリ テーマソング 福島県でのサッカー国際親善試合でリトグリが生ライブ 上勝町 紅葉 “葉っぱ”の町へ再び…バックパッカー✖クルマ“私事”旅

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 能登空港
  2. stars ishikawa, anamizu stars, noto stars, 穴水町 星空, 石川県 星空, 能登半島 星空, 移住 星空の町, 星空 綺麗 田舎
  3. 田舎暮らし 日々 石川県 能登 穴水町 岩車 中川生馬 移住者
  4. 田舎暮らし 平凡 毎日 能登 石川県穴水町 岩車
  5. 転覆 ボート 処理

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【田舎クルマ旅グッズ】買ってはいけない夏の“返金OK・返品不要”車中泊アイテム
【海外バンライフ動向】映画「キャプテン・マーベル」出演の女優ブリー・ラーソンさんもバンライフの世界へ ~ 車両は日本では見かけない日産バン ~
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
自動車用電球メーカーが“幻のきのこ”はなびらたけをつくってるって?!なぜ?
【田舎でITレビュー】トリプルレンズカメラ搭載 縦長6インチ格安スマホ「OUKITEL C17 PRO」ってどう?「田舎」で使える?テザリング?電波感度は?
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
グルメ旅人お薦め 豪徳寺のイタリアン『テアトロアッカ』 新宿駅からわずか15分
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。