INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

第二回目『田舎体験』- 穴水町岩車の『キリコ祭り』翌日の『本祭り』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
能登 キリコ祭り 本祭り

2012年9月下旬に企画・実施した第二弾目『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験ロードトリップ “キリコ祭り”in“里山里海”能登・穴水町』のストーリーの続編。(前日のキリコ祭りはこちら。一話目はこちら

穴水町 岩車 キリコ祭り 平田さん

穴水町 キリコ祭り 岩車

能登・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)で、田舎の夜を彩った「キリコ祭り」で、ぼくら、金沢大学生、「田舎時間」からの参加者は、キリコ5基につき、5班に分かれて、キリコを担いだ。

「キリコ祭り」は0:30ごろ終了したが…ぼくら少人数での飲みは朝5:00ごろまで続いたのだった。

 

地元の人たちと触れ合う交流会に参加

ぼく、結花、金沢大学生一人、中国からの留学大学院生を含めたメンバーの4人は、5班のリーダー宅へ向かう。

「キリコ祭り」翌日の宴会(地元の人との交流会)では、前日のキリコ祭りと同じ班に分かれて、午前10時ごろから、豪華なお料理を交え、岩車地元の人たちと触れ合う交流会から始まるのだ。

朝から、迎い酒と豪華なお寿司やお刺身のおもてなしだった。

「キリコ祭り」翌朝から、まさか、ここまでのご馳走とお酒がでてくるとは思っていなかった。

ぼくは午後、みんなを送っていかなければいけないので、お酒は控えた。

テーブルを囲っているのは男性が多い。地元の人たちと、ただ単の交流だけでなく、ここでぼくが深く感じたことがあった。

直会 キリコ祭り 本祭り

ぼくが言うのもなんだが…穴水町岩車の男性は穏やかで、ざっくばらんで“上品”な人たちばかり。

女性が強く主張ができるような雰囲気があり、そんな観点からも、ここは男女ともに過ごしやすい田舎だと感じた。

 

突然現れた海外からのムードメーカー

地元の人たちとそんなふうに交流が続く中、“笑い”は、中国から日本へ留学で来ている大学院生のワンちゃんが受け持ってくれた。

昨晩のキリコ祭りで、ワンちゃんは、地元の人に「ほら、担ぐか?」と言われると、「いや無理です!」と答え、お祭りなのに、キリコを担ぐことを断った。

それには、みんな「えー!!」と唖然。理由は「肩が痛いから…」と、みんなの笑いをとった。

キリコ祭り 留学生 exchange student at kiriko festival

そんな「キリコ祭り」のことを翌朝の交流会で振り返り、「ワンちゃん、あの返答にはびっくりしたよ!来年は絶対担げよ~!」とみんな大爆笑。

昨日キリコを担げなかったワンちゃんは、法被(はっぴ)を着て、この日14:00からの本祭りで神輿を担ぐことになった。

外国人 キリコ祭り

【法被を着て、担ぐのか!? 中国のワンちゃん】

 

祭りを存続するために頑張る住民

若い人たちが田舎を離れ都会へと移住してしまう中、昔から地元にいる人たちは、田舎を再度活性化、存続させようと頑張っている。

交流会で、「ぼくらに祭りをどう改善すれば、若い人たちがこっちに来ると思いますか?」と、問いかけられたことからもう一つ感じたことがあった。

キリコ祭りの良いところは、その“素朴”でゆったりした雰囲気。

そんな大きく変える必要は全くないと思った。

しかし、その一方、“昔ながら”の祭り文化を変えようとするほど、みんな、穴水町岩車を元気づけようと頑張っているんだなぁ~っと感じた。

バックパッカー田舎旅や今回の能登半島巡りからも感じていたが、みんな本当に人情味ある人たちばかりだった。

ぼくの頭の中には
なぜこんないい田舎町なのに…伝統的な祭りまで変革や改善することを考えて、町の活性化を図ろうと思わなければならないのだろうか…
こんなに素晴らしい田舎なのにもったいなさすぎる

と深く思ってしまうばかりで、能登とのつながりが強くなってきているせいか…悲しくもなり、なぜか悔しくなってしまった。

キリコ祭り 留学生 exchange student at kiriko festival

 

交流会の後は、直会と本祭り

午前中、若干曇っていて、雨が心配されたが、本祭りは予定どおり、14:00から始まった。

田舎体験 穴水町

参加者は約50~60人。昨晩、キリコ5基が、道中を照らし、奈古司神社へと神輿を先導した。

神社の社殿で、神様への奉納/神事が行われる。

能登 キリコ祭り 本祭り

その後、太鼓の音と共に、神輿を担いで、奈古司神社を3回まわり、神社内で行われる直会で、お祭りが終了した。神輿を担いたのは地元住民、金沢大学生、県外からの若い参加者たち。(続きはこちら

 

能登への田舎バックパッカー旅やライフスタイル体験について

●田舎バックパッカーと能登の出会いはこちら

●『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験 ~ “里山イベリコ豚バーベキューと里海洋上パーティー” ~』第1弾目はこちら

●『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験 ~ 能登の“キリコ祭り” ~』第2弾目はこちら

●穴水町でのちょい住み体験住居の話はこちら

●2010年の初めての能登バックパッカー旅ストーリーはこちら

●「そもそもどんな背景で旅を始めたの?!」はこちら

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 2016年最大の強風 塩の駅 輪島塩 間垣 崩壊 4月過去最大の暴風の中、田舎体験で奥能登一周 ~ 『塩の駅 輪島…
  2. 石川県 能登 穴水町 岩車 田舎体験 “牡蠣の穴場”で体験をベースにした旅「ざっくばらんな田舎ライフス…
  3. 中川結花子 day 63 北國新聞コラム「うなばら」にぼくら田舎バックパッカ…
  4. 東京から能登へ 糸魚川 経由 『ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験』冬の“能登の里山里海” …
  5. Suzu lunch spot 珠洲 海女さん 食堂 つばき茶屋 田舎体験:奥能登一周 お薦めルートは?盆時期の輪島などの混雑具合…
  6. 【メディア掲載】 北國新聞に登場 「移住男性『穴水おいで』首都圏…
  7. 世界一長いベンチ longest bench in Ishikawa Noto “キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』4話目: 能登の“穴場…
  8. バックパッカー 家族 娘 3歳 バックパッカーの娘・結生 3歳に!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

【メディア掲載】日経本紙と日経電子版『奥能登に「車中生活」拠点、旅しながらリモートワーク 「ライフスタイル幅広げる」』 【メディア掲載 – ライブ配信】8月7日(金)YouTube「とうちゃんはテンネンパーマ」に登場 米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝) 【メディア掲載】アメリカ・テキサス州出身の一家 能登・穴水町で田舎体験 穴水町 岩車 キリコ祭り 【メディア掲載】北國新聞と中日新聞にキリコ祭りの田舎体験の記事 asura shinshitsu 阿修羅 芯漆 漆器 輪島 100% 漆だけで『阿修羅』なんてつくれるの?!構想から13年の時を経て…「芯漆」とは?

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  2. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan
  4. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
速報:穴水町川尻の橋で老人ホームのクルマ転落事故
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
自動車用電球メーカーが“幻のきのこ”はなびらたけをつくってるって?!なぜ?
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。