INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

“キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』2話目: 世界農業遺産の能登?里山里海?穴水町って?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
穴水町 岩車 キリコ祭り 写真

昨晩、載せた『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験ロードトリップ “キリコ祭り” in “里山里海”能登・穴水町』のストーリーの続きだ。(前回の田舎体験の話しはこちら

 

そもそも穴水町ってどこ?

さて、「キリコ祭り」の話しに入る前に、そもそも“穴水町(あなみずまち)”ってどこでナニ?

タイトルにある“世界農業遺産”ってなに?世界遺産みたいなもの?

などなど…知らない人が多いと思うので、そこからざっと説明する。

下に載せた地図のとおり、穴水町は、能登半島の中央あたりに位置する町。

穴水町は日本海に囲まれた能登半島にある町の一つ。日本海の中でも、内海側(七尾北湾)に面した町。

第一弾目の「田舎ライフスタイル体験」にあった“洋上パーティー”からもわかると思うが、穴水町は能登半島でも内海側にあるので、一年中、海が穏やかな町だ。

穴水町 中居湾ポケットパーク 牡蠣棚

穴水町 穏やか 内海

冬でも、外海のように、七尾北湾が荒れることはない。ときには天候によって荒れることはあるが、ほぼ、一年中穏やかだ。(洋上パーティーの話しはこちら

湾の先には能登島(のとじま)が、天候がよく空気が澄んでいるときには、立山連峰(富山県)が湾に浮いているように見えるのだ。

 

奥能登の“陸”と“空”事情

穴水町から“奥”の能登半島は、輪島市、珠洲市(すずし)、鳳珠郡(ほうすぐん)(能登町(のとちょう)、穴水町から成る“奥能登“として知られ、穴水町は、奥能登への“玄関町”。

奥能登への電車でのアクセスは、のと鉄道の穴水駅が最終駅となる。

穴水町より先へは、“徒歩”、クルマ、バスでしか行けない。クルマでの移動だと、バスの待ち時間に拘束されずにすむ。

フルフラットにできるクルマであれば、移動手段の他、クルマ泊もできるので、一番“楽”だろう。

また、海風にあたりながら、海沿いを自転車で走るのも快適だと思う。

バスは主に遠方から来る旅人が活用することが多いと思うので、“交通手段”だけでなく、県外からやってくる旅人との出逢いの場にもなるのではないだろうか。

ぼくら夫婦はバックパックを担いで能登半島を歩いた。そのときのストーリーはこちら

バックパッカー旅では、地元の人たちとの出逢いがあり楽しいので、是非、チャレンジしてみてほしい。

ただ、外海の海岸線沿いには、レストランや商店などが“ほぼ無い”と言ってもいいぐらいなので、食べ物はある程度、準備をしていったほうがいいだろう。

バックパッカー 中川生馬

【田舎バックパッカー、能登半島を歩く(写真は堂ヶ崎。椿茶屋へと続く道)】

穴水町と輪島市の境には能登空港があり、全日空(ANA)が午前と午後に、能登空港と羽田空港を行き来している。

 

「世界農業遺産」と「世界遺産」の違いは?

穴水町を含めた能登4市4町(七尾市(ななおし)、輪島市、珠洲市(すずし)、羽咋市(はくいし)、志賀町(しかまち)、中能登町(なかのとまち)、能登町(のとちょう))は2011年6月、「能登の里山里海」として、国連食糧農業機関(FAO(Food and Agriculture Organization of the United Nations))により、日本で初めて「世界農業遺産(Globally Important Agricultural Heritage Systems)」に認定されている。

同時期に、国連食糧農業機関は、「トキと暮らす郷づくり」として佐渡市も世界農業遺産に認定している。

能登 輪島 金蔵 田園風景

【能登・輪島市金蔵(かなくら)地区の ふる里あふれる田んぼ・畑・棚田の景観】

ユネスコ(UNESCO(United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization)、国際連合教育科学文化機関)が登録する建物や自然を対象としている「世界遺産」とは違い、国連食糧農業機関は、地域で受け継がれてきた農法・地域資源の活用法・生態系・景観・習慣など、地域全体の“農業”システムを世界農業遺産として登録対象としている。

 

能登が「世界農業遺産」に認定された6つのポイント

①稲のはざ干し、海女漁など地域資源を活かした「土地利用」

おそらく、穴水町からも見られるミネラル豊富な七尾北湾に浮かぶ“牡蠣棚”、第一回目の田舎ライフスタイル体験でお世話になった道坂一美(みちざか かずみ)さんのように、地域で育てられた農作物と酪農を循環させた酪農システム、海の幸からでた牡蠣の殻を堆肥として活用する能登ワインなどもその一つだろう(道坂さん宅での田舎体験のお話しはこちら

能登 穴水町 牡蠣 中居湾ポケットパーク

【能登・穴水町 七尾北湾に浮かぶ牡蠣棚、ミネラル豊富な湾を活かす】

道坂一美 酪農 イベリコ豚

【道坂一美さんの循環型自然農業システム】

 
②山と海に恵まれた「生物資源」

能登で採れる野菜、牡蠣、ナマコなど…舳倉島(へぐらじま)へ飛んでくる渡り鳥などもかな…

穴水町 岩車 岩牡蠣

【能登の自然資源が活かされミネラル豊富に育った夏の岩牡蠣】

能登 ナマコ 里海

【七尾北湾の海に沢山いるナマコ“海の幸”資源も豊富な能登】

 
③白米千枚田(しろよねせんまいだ)や金蔵(かなくら)地域などの“ふる里”が感じられる「優れた里山景観」

能登には“里山”!田舎!を感じられる景観は山ほどある。

輪島 白米千枚田 バックパッカー 旅人

【能登・輪島市の白米千枚田 ここで結婚式を行うカップルもいる】

見附島

【能登・珠洲市の見附島と田舎バックパッカー中川生馬】

 
④「揚げ浜式製塩法」、以前「竹葉(ちくは)」の数馬酒造(かずましゅぞう)を見学させてもらったが酒の仕込みなど、今後も「伝えていくべき伝統的な技術」

道の駅「すず塩田村」では、「揚げ浜式製塩法」を訪問者が体感できるようにしている。

ここ2年連続で参加した、薪を使い豆を煮た7~8家族分の味噌造りはどうなのだろうか…(数馬酒造見学のお話しはこちら。味噌づくりのお話しはこちら

能登 輪島塩 塩田

数馬酒造

【バックパッカー 竹葉(ちくは)の数馬酒造(かずましゅぞう)を見学】

能登 穴水町 田舎 味噌づくり

【薪で豆を煮る昔ながらの味噌作り】

 
⑤今回の田舎体験の活動「キリコ祭り」や「あえのこと」などの地域の伝統的な「文化・祭礼」

●キリコ祭りについてはこちら

●キリコ祭りを動画で見たい方はこちら

穴水町 キリコ祭り

【能登・穴水町岩車のキリコ祭り(2012年9月22日(土))】

 
⑥これら①~⑥を持続させるための「里山里海の利用保全活動」

今回企画した「キリコ祭り」をとおした「田舎ライフスタイル体験」からもわかるように、ぼくらの活動に能登現地の人たちが積極的に共同で取り組んでくれる。

能登の人口の減少が進み、後継者が不足する中、能登の人たちはこれら①~⑥を維持するあらゆる活動を展開している。

など…能登の地域に根付いたあらゆる資源や取り組みが総合的に高く評価された。

穴水町 岩車 キリコ祭り 写真

【能登・穴水町岩車の住民の人たちとぼくら神奈川・金沢・東京・中国からのキリコ祭り参加者】

大量生産の時代が進む中、昔ならではの“生き方“や“地域資源”などが活かされている能登半島。これらが世界的に重要とされ「世界農業遺産」として認定されたわけだ。

さて、能登の伝統的なお祭り「キリコ祭り」の場所を目指して、まずは能登へのロードトリップだ。(続きはこちら

<前回のストーリー: “キリコ祭り”をとおした『田舎ライフスタイル体験』1話目: 世界農業遺産 能登の穴水町で

<次回のストーリー: “キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』3話目: 鎌倉から信濃大町を経由、千里浜なぎさドライブウェイへ

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 日本海倶楽部 ビール day 61 バックパッカー夫婦の誕生日 ~ 新田さん夫婦と数馬…
  2. 牡蠣漁師体験 『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』1日目 能登空港到着…
  3. カフェ・ローエル 野々市市 フラダンススタジオ Na Lei Pualani Hula Studio ナ・レイ・プアラニ・フラスタジオ 夏の終わりを告げる穴水町のキャンドルライト・イベント『カフェ・ロ…
  4. 東京から能登へ 糸魚川 経由 『ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験』冬の“能登の里山里海” …
  5. キリコ祭り 穴水町 【動画】田舎の夜を彩る“素朴で綺麗な”能登穴水町のキリコ祭り ~…
  6. day 7 石川県穴水町で岩本さん、倉本さんとの出会い
  7. 奥能登に新たな旅人スポット道の駅「あなみず」 オープン ~ 冬 …
  8. 奥能登一周中 輪島 - 昨晩、新田信明さんの“石トーク”の影響か?!みんな、垂水の滝周辺の石に興味津々になっている。 田舎体験 2日目 奥能登一周 滝の“上”と“丸石”が気になる 『…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

スザーンロス day 70.5 輪島塗と独自の技法でデザイン“Power of Wood(木の力)”を感じられる作品をつくるスザーン・ロスさん everything into smartphone モノ なくなる 時代 スマホ 【田舎でITレビュー】1週間の出張“旅”、仕事道具 スマホだけで十分か? VANLIFE JAPAN INAKA Backpacker 【メディア掲載】今日オープンのバンライフ専門メディア「VANLIFE JAPAN」に登場! 朝日放送 田舎セレブ 【メディア掲載】朝日放送 特番『田舎セレブ』にブログが“うっすら”登場 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 【メディア掲載】住める駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  2. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan
  4. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan
  5. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス,田舎時間, countryside life in japan, inaka jikan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【メディア掲載】石川テレビに車中泊旅漫画「渡り鳥とカタツムリ」と“住める駐車場”「田舎バックパッカーハウス」
【娘の田舎暮らしと旅日記】たんじょうびにてまきずしをしてたのしかったこと、あきばさんからプレゼントをもらってうれしかった
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。