INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

田舎バックパッカー、第一弾目『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』実施!一足早い夏休みを能登・穴水町で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
田舎体験 能登

ぼくら田舎バックパッカーは、2012年7月27日(金)から29日(日)の2泊3日で、バックパッカー田舎旅で出会った人と連携した、初めての田舎体験企画『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験ロードトリップ in “里山&里海”能登・穴水』を実施した。

 

日本の田舎をかけ巡ったバックパッカー旅がつなげてくれた縁

穴水での世話人で、ぼくら夫婦が2010年10月にバックパッカー田舎旅で出会った新田信明(にったのぶあき)さん(穴水町 議会議員、元・穴水町役場 職員)との連携のもと、実に“ざっくばらん”感ありの、能登・穴水での“田舎ならではの活動”と、現地に住む人たちとコミュニケーションを掛け合わせたユニークで小規模なロードトリップ/クルマ旅型の田舎ライフスタイル体験となった。(2010年のバックパッカー旅についてはこちら

バックパッカー旅の途中、穴水を半日かけて案内してくれた新田信明さん。

中川生馬 移住者

田舎の良さを熱心に語ってくれた。そんな出会いがきっかけで、何度も穴水を訪問した。(2010年10月、当時は町役場勤務)

 

体験先に選んだ穴水町ってどんなとこ?

今回初めて企画した田舎ライフスタイル体験のスポットは、奥能登の“玄関口” で“スロー”な時間を楽しめる石川県穴水町

能登半島は、日本海に面していることから“荒れた海”のイメージが強いが、内海に面している穴水の海は一年を通してずっと穏やかだ。

能登 穏やかな漁港 岩車 quiet ocean japan gulf harbour【石川県 能登半島 湖のように穏やかな穴水の海】

穴水を拠点にして、その先にも“里山”や“里海“を実感できる“奥能登”と呼ばれる輪島、狼煙(のろし)、珠洲などがある。

日本…都会に人口が集中して、「田舎にはなにもない…」と思う人がほとんどかもしれなれいが、田舎を深く知れば知るほど、そこでは、シンプルかつ贅沢でスローに流れる時間を、田舎で満喫できる。

その穴水の中でも、ぼくらが主にいた地域は、岩車(いわぐるま)と鹿波(かなみ)。

田舎体験 能登ワイン【石川県 田舎体験の舞台となっている穴水町】

古里の海と山の両方を満喫しながら田舎体験や田舎旅ができ、海や山の幸を満遍なく贅沢に楽しむことができる。

普段の都会での忙しいライフスタイルを忘れ、気持ちもリラックスしてゆったりした“田舎ならではの時間”を過ごせる。

 

「世界農業遺産」に選ばれた穴水町含む奥能登

穴水は2011年、国内で初めて国連食糧農業機関に「世界農業遺産」として認定された「能登の里山里海」の一つの町としても知られ、日本の“里”が感じられる田舎の穴場だ。

穴水町 ボラ待ち櫓 里海【石川県 穴水町 町のシンボルのボラ待ちやぐら】

 

農山漁村が地域の文化や生物多様性の維持などに重要な役割を果たしていることから、石川県七尾市(ななおし)、輪島市、珠洲市(すずし)、羽咋市(はくいし)、志賀町(しかまち)、中能登町(なかのとまち)、穴水町(あなみずまち)、能登町(のとちょう)の4市4町から成る能登地域が「世界農業遺産」として認定されている。

道路整備や人口減少の影響で、2001年に穴水と穴水の北に位置する輪島間、2005年には穴水と穴水の東に位置する蛸島(たこじま)間の能登線が廃止となった。

列車で行ける能登半島の最終の駅がここ穴水。能登半島の先端「奥能登」の玄関口の町でもある。

都内から穴水までは、約450キロから約570キロ…と走行する国道もしくは高速によって、穴水までの距離、所要時間、料金は大幅に異なる。

最速、都内を早朝に出発すれば、昼過ぎには穴水に到着できる。ほどほどの距離と料金で行くことができる。

田舎体験 中川生馬【能登・穴水町(石川県)の穏やかな海で里海体験中】

 

田舎体験ってどんな内容なの?

今回の田舎体験の主な内容は、“循環型”家畜農家(のと猪部里児(のとイベリコ)、ヤギ、牛などの家畜)の道坂一美(みちざか かずみ)さん宅での農家体験。

1人約300グラムのイベリコ豚や野菜含む“里山の幸BBQ”。

道坂一美 イベリコ豚【能登・穴水町 能登イベリコ豚のステーキで里山体験中】

岩牡蠣・サザエ・阿古屋貝(あこやがい)・旬の魚など“里海の幸”含む新田信明さんの“洋上パーティー”。

都会では味わえない、田舎の“おもてなし”含む盛り沢山な体験!

そして、ロードトリップ/クルマ旅ならではの、“突発的”な内容も盛り込まれた。

“ちょい”クルマ旅を含めた“ロードトリップ型”の田舎体験となり、行きと帰りは…“ついでに世界遺産のあそこや、ここへも行っちゃおう!”と予定外の場所も散策。

フレキシブルかつ実に“ざっくばらん“感ありだった。

さぁ、一体どんな田舎ライフスタイル体験だったのか…いくつかに分けて紹介していこうと思う。(続きはこちら

<前回のストーリー 『最近の動向について』>

<次回のストーリー 『【田舎ライフスタイル体験ロードトリップ in “里山&里海”能登・穴水町】 Day 1: 夏はやっぱり “猪部里児豚(イベリコブタ)”BBQ!ハイエースでの能登への田舎ロードトリップ/クルマ旅!』>

 

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 能登ワイン 穴水町 石川県 noto wine in Anamizu, Ishikawa 田舎体験:朝から能登ワイン飲み放題?!醸造現場 見学
  2. day 7.2 石川県穴水町 次世代の板前寿司屋『幸寿し』
  3. 洋上パーティー ヨット ボート 上でパーティー 【田舎暮らし体験】<動画>田舎バックパッカーの『“ざっくばらん”…
  4. cultural experience in Anamizu Ishikawa 石川県 穴水町 文化 田舎体験 アメリカ人一家、能登で田舎/文化体験 薪ストーブ囲って牡蠣メイン…
  5. stars ishikawa 星空 天の川 石川県 穴水町 岩車 田舎体験 1日目夜 星空撮影 能登・岩車から観える『天の川』
  6. stars ishikawa, anamizu stars, noto stars, 穴水町 星空, 石川県 星空, 能登半島 星空, 移住 星空の町, 星空 綺麗 田舎 【能登での田舎暮らし】星空の村 天の川の時期到来 運営する能登…
  7. 能登・穴水町中居(石川県) - 中居湾ふれあいパークに出没したイルカ 田舎専門誌「田舎暮らしの本」取材中に出現した大きな“背びれ”
  8. mori kumo vegan in Wajima Noto Ishikawa モリクモ 輪島 能登 石川県 田舎体験:穴水町のかき氷と輪島のビーガンでリラックス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan 田舎へのバックパッカー旅の背景『ぼくの人生 これでいいのか』の自問自答 Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road 【メディア掲載】日本最大の英字紙『The Japan Times』やアメリカのRVニュースサイトに登場 中日新聞 大堀悟 Obori Satoshi on Chunichi Newspaper 【メディア掲載】中日新聞「先輩移住者に共鳴、穴水へ」 移住者が新たな移住者を“呼ぶ” 長崎 桜町公園 where to set up a tent in Nagasaki day 80 長崎県 桜町公園で早朝から雪で零下テント!?どうする?! pivot cruise control ハイエース クルコン スロコン 【バンライフ&車中泊アイテム】ハイエースにピボット・クルコン導入 アクセル踏まずに速度を自動コントロール

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  2. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan
  4. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan
  5. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス,田舎時間, countryside life in japan, inaka jikan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【メディア掲載】石川テレビに車中泊旅漫画「渡り鳥とカタツムリ」と“住める駐車場”「田舎バックパッカーハウス」
【娘の田舎暮らしと旅日記】たんじょうびにてまきずしをしてたのしかったこと、あきばさんからプレゼントをもらってうれしかった
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。