Mobile Lifestyle - 移動型定住

“ざっくり”特集:「豊かな車上生活」ができる時代 < VANLIFE 2 >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所

「移動性=モバイル」という言葉があらゆるモノにもついている日本の社会。「モバイル」大好き社会。(前回のストーリーはこちら

遊牧民もいるぐらいだ。そろそろ“暮らし”にも“モバイル”をつけて、“遊動的”な暮らしがあってもいいのではないだろうか?

娘 車中泊 ハイエース 暮らし

そんな“モバイル”暮らしができる理由には、“テクノロジー”が飛躍的に進化、あらゆるモノがありふれて、“本当に豊かになった”という時代背景がある。

時代の違い、“豊富さ”の違いからか、これまでの“クルマ暮らし”には、若干の“無理”があったからか、途方に暮れた「車上生活」と見られがちだったのかもしれない。

これもハイエースの中。ファンシーだよね。

だが、この豊かな時代であれば、どこでも暮らせる、全く“無理なく”クルマで暮らすことができる。

かなり“ざっくり”とはしているが、社会が「不景気」と言っても、社会には、あらゆる“モノ”が揃っている。まだまだ使えるモノを「汚い」と安いから使い捨てる。そして、同じものを購入する。

ビルなどの立派な建物は、壊しては再び建て直す。こんな時代であれば、考え方次第では「不景気」なんて感じることは難しいほどの世の中。



東京はビルばかりだけど、相変わらず清潔感ある都会だねぇ。

こうして資本主義経済というのは、サイクルしている…にも関わらず、環境問題、資源枯渇などと、自分らが作り出した“矛盾”に対して騒ぐ…

“豊かな”世の中である。考えれば、「クルマでの旅暮らし」「バンライフ」なんて楽勝だ。

「もはや、どう生きても良いぐらい十分、あらゆるものがある!」

そして、そんな豊かな時代は、あらゆるライフスタイルを後押ししても良い時期。今や、田舎/地方どころか、移動しながら、暮らせる。

車中泊 整備 ハイエース デスク 仕事

特にサービス産業関連の仕事だ。会社のオフィスで行っている多くのことは、パソコンやコミュニケーションがとれるインターネット環境の他、パソコン・マウス・ペン・紙などをのせるワークデスクがあればできる。

だが、未だに日本では、「田舎に仕事はない」「仕事は都会のみ」など…そんなレベルなわけで…

社会は、まだまだ、上で述べた“モバイルな暮らし”のスタイルにはついていけない。

それに、すでに固定された建物、家が建て並ぶ。もう既に固定された社会が建ってしまっているわけだ。

バンライフ クルマ暮らし 移動

また、「今を生きる」ことで精一杯、忙しく、そんなライフスタイルを“体験”する時間もない。“時間に限界”がありすぎて、いろいろとチャレンジする時間がなく、“無駄”に忙しすぎるのかもしれない。

これだけ豊かな時代であれば、もう少し余裕をもった暮らしをしても良いのになぁ~とも思うが…まぁ、それは別の議論かな。

「忙しすぎて…余裕がなくて…そんなライフスタイルについていけない…」の次に、人の「こうすべき」「こうあるべき」などの固定概念を取っ払うというのも難しいもの。

人は、「クルマで暮らす」「車上生活」のことを、「車上生活=ホームレス=貧乏=仕事がない=仕事をしていない」などの方向へと勝手に連想してしまう。

そんな考え方は「古い!こんな時代なのにまだそんなこと言ってるの?!」と、言いたいわけだが…

バンライフ 車で寝る 車上生活 ハイエース 車中泊

(自身含め)みな 人の頭は硬い。あらゆる人の考え方を芯から尊重することができる人はそう多くない。話しは聞くが、「やっぱり、こう“すべき”だよね」「んーやっぱり、あの人って微妙だよね」などと、中々、尊重し合うことも難しい。自身の中には「こうあるべき」論的な硬い考え方が存在する。

ただ、昔ながらの考え方にプラスして、「だから、あんな生活してるんだよ」と、論理的ではない発言をする人もいる。

いろいろと基本的な概念というものはあるが、人は、固定された「イメージ」、固定概念を取っ払い生きていくことで、どれだけ開放されることやら…という感じだが、それが人間性というやつで、人の考え方の“動き”はスローだ。

飛行機 暮らし オレゴン

もはや、機内に暮らす人すらいる(オレゴン・ヒルスボロ)

「固定概念」というのは、デリートボタンの一押しだけでは、そう簡単に消すことはできない。

そんなこんなと綴ってしまったが…

everything into smartphone モノ なくなる 時代 スマホ

これまで(左)は全てを持ち出さなければいけなかったが、今では(左)これら物理的な“モノ”全てはポケットサイズに。『非物質化』は今後もさらに進む。シリコンバレーのNASA Parkに拠地を置くシンギュラリティ大学取材時の創業者ピーター・ディアマンディスさんのプレゼンより

今や“通信”やスマホをポケットに(こちら)、電気はソーラーから電気をサブバッテリー/蓄電池(こちら)に、日本は各地に温泉や銭湯、スーパーやコンビニも、綺麗なトイレ、コインランドリー、道の駅、空きスペースなど、どこへ行ってもなんでも揃っている。

ミニマリストとも言うが、テクノロジーの進化のおかげで、「非物理化」も進んでいて、手持ちアイテムをどんどん減らすことができる。



言うまでもなく、繰り返しとなるが、なんでも揃っている実に豊かな国だ。

生活をモバイルベースにしても、行く先々、あちこちが住処になり、楽に暮らせることだろう。

神奈川県足柄上郡大井町にある公園。遊び場もあちこち。

テクノロジーは、もはや、「ドラえもん」の時代になりつつあるのだ(続きはこちら

遊び場はあちこち

車 星空

この道を行けば どうなるものか 危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし 踏みだせば その一足が道となる 迷わず行けよ 行けばわかる

 

関連記事

  1. mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち “ざっくり”特集: クルマで“移動暮らし”できる時代 始まる『移…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

仕事しながら“ちょい”田舎旅: 岩車の“海”に椅子をセットして スザーンロス なにごとにも進化は必要なのか? モリクモ 閉店 売却中 輪島市三井の“ビーガン”「モリ+クモ食堂」 閉店、家兼店舗の売却先 募集中 creative coffee shop countryside in Japan 能登での田舎暮らし: 穴水町岩車にカフェ?! 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP