Whisper - つぶやき

【田舎暮らし歴約10年が語る】全国の地方創生補助金なんてこんなもん ~ 能登町イカ広報の誤算 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
能登 イカの駅 つくモール

シンプルに、この能登町のコロナ補助金を利活用したイカのモニュメント製作に対して、イカがなものかと思う人が多いことだろう。

能登町 イカ コロナ 中日新聞:【石川】コロナ交付金で「巨大イカ」完成

田舎の現場の人たちから話しを聞きながら田舎を旅して、最終的に能登の田舎に移住・暮らして約10年間、「地方の補助金の活用方法なんて、せいぜいそんなもんじゃない?」を映しだしているかのようなオブジェに見えて仕方がない。

そもそも、こんなイカを作ったからといって本当に人がくるのか… という疑問はあるが… それはともかくとして。

まず世間から無駄と批判されている時点で、能登町のイカのブランドは低下。その騒ぎがメディアで取り上げられたからといって、それが、ネガティブな報道内容であれば、マイナスイメージでしかない。

能登 イカの駅 つくモール

バズれば良いって思っている人もいることだろうが、マイナスでバズれば、能登町のイメージもマイナスでしかない。

マイナスイメージ、かつモニュメントに数千万円のコロナ補助金を利用するほど余裕な町という印象も与えかねない。最終的に「こんな町でイカなんて買いたくない、お金落としたくない」となっては元も子もない。

長年、広報やブランディングにいる者としては、このイカのブランディングは、まずは大失敗だろう。

能登でイカを求める人は、「能登町 イカ」「能登 イカ」で検索するだろうが、「モラルに反したコロナ補助金の利活用」論調のニュアンスのメディア露出しかでてこない。

能登 イカの駅 つくモール

それよりも、営業強化、パッケージのデザイン含めたブランディング、インフルエンサーの活用、広報強化などに数千万円の費用をつぎ込んだほうが、長期的な目線ではよっぽど良かったことだろう

すべての補助金の利活用を“悪”とは言わないが、長年補助金に支えられている漁業や農業の存続は、もはや持続のためではなく、抱える問題に真正面から向き合わず、目を背ける役割を果たしている気がしてならない今日この頃。そのことにもそろそろ世間、税金で補助金をつくっている国民は、気づくべきだろう。もはやコロナ補助金だけではないということだ。

能登 イカの駅 つくモール

今回のイカ、「補助金なくても、地方って実は余裕なんじゃない?!」の象徴にもなってほしいものである。

そう考えれば、ある意味“ポジティブな補助金の活用方法”だったのかもしれない、と終わらせておくことにしよう。

能登 イカの駅 つくモール

能登 イカの駅 つくモール【表紙の写真: 石川県能登町のイカの駅 つくモール】

地方 役場 役割 穴水町役場 政策調整課 課長の無責任な『報酬』発言と『証拠』 – バックパッカーが語る地方自治体のあるある?!<その1>

 

 

Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!ぜひぜひ、ご注文くださいね!^^
シェアハウス, バンライフ, 住める駐車場, 能登, 石川県穴水町, 車中泊 【お知らせ】『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 【海外バンライフ動向】住宅コスト上昇でアメリカで「バンライフ」ブ…
  2. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式 【田舎で仕事 – 広報】執筆記事が4月の月間人気記事…
  3. 田舎, 親, 人口減少, 原因 【つぶやき】田舎/地方の「人口減少」「過疎」の最大の要因は田舎の…
  4. 石川県 穴水町 岩車 積雪 能登での田舎暮らし: 穴水町岩車で今年初の積雪
  5. 動くオフィス 書斎 ハイエース 自動車 車中泊 今さらだけどキャンピングカー・車中泊仕様の車ってなんなんだ?!
  6. 【田舎暮らし夫婦:大げさ結花子の大悲劇 3話目】子供におならを……
  7. 能登「いつまで協定とかやってんだ」ってお話し ~ 田舎の人口減少…
  8. テスト投稿: 車中泊ユーチューバーともさん 田舎バックパッカーハ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

今日発売の「田舎暮らしの本」(2015年5月号)の内容は... 【メディア掲載】宝島出版「田舎暮らしの本」にバックパッカーファミリー登場 モバイルハウス 動く家 ハイエース クルマ旅 車中泊 “動く拠点”『ファミリーワゴンC』導入 移動型定住『モバイル・ハウス』暮らし 開始か?! Youtuber Tomo san ユーチューバー 勝村知由 ともさん 車中泊 撮影 ユーチューバー“ともさん” 穴水町川尻での車中泊映像 前編と後編アップ Carstay CMO 田端信太朗 資金調達 【速報】CarstayのCMOに田端信太朗氏が就任 「バンライフ」ワールド市場浸透に加速 「バンライフこそ未来のライフスタイル」 仕事しながら“ちょい”田舎旅: 岩車の“海”に椅子をセットして

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
バンライフ 暮らし 移動型 定住 移動しながら暮らす vanlife
  1. asahi national daily newspaper vanlife 朝日新聞 バンライフ
  2. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
day 85.4 長崎県 五島列島・宇久島の隣にある人口14人の寺島へ ~14人…どんな島なのだろうか…ポットホールとは一体なんだ?!~
day 81 長崎県大瀬戸町『岡﨑製パン所』を見学 そして 次の旅先へ
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。