“でぶ+借金100万円”って大丈夫?!な大堀悟“ぼり”さん 岩車に完全移住 田舎の空き家とバトル中

能登・穴水町岩車(石川県) – 田舎バックパッカーの拠点が岩車に移り、あと1週間ほどで、約5年が経つここ最近。

タイトルのとおり、新たな移住者がここ岩車にやってきて、2軒の空き家を借りた。

大堀悟 ぼり 穴水町 移住 中日新聞

メディア掲載:中日新聞「先輩移住者に共鳴、穴水へ」 移住者が新たな移住者を“呼ぶ”

1軒目の家の改修が中々大変だったことを思い出す...

2017年4月まで住んでいた家に移り住んだ当初、“上”は屋根… “下”は井戸の“底”まで“冒険”した。

井戸 入る well lifestyle countryside Japan

“本格的な”田舎で空き家を借りるときには、そこまでの覚悟と“冒険力”が必要だ。

地方 田舎 空き家 賃貸 能登 石川県 穴水町 岩車

田舎の“町”中であれば、アパートなどの物件がそろっていて、ある程度整備されているかもしれないが、ぼくがここで言う“本格的な”田舎とは、いわゆる田んぼや畑が広がり日本の原風景が残っているような“農山漁村”や“集落”と呼ばれる地域のことである。“ちょい”ネガティブな感じで言えば、超「ど田舎」と言ったほうが早いかもしれない。

田舎 空き家 屋根 改修 empty houses fixing roof in countryside inaka Japan

移住者が少ない“限界集落”の空き家の持ち主の多くは、都会に引っ越してしまっていて、「もうどうせ戻って来ないし、そろそろ空き家を取り壊すかなぁ…」と考えていることが多い。

田舎 空き家 empty houses in a countryside

だが、取り壊すには、坪数にもよるが約200万円前後の費用がかかると言われている。

極端に言えば、家主にとって、空き家は「“邪魔”な存在」になってしまっているのだ。

穴水町 岩車 空き家 Empty house in Iwaguruma

そんな背景から、「モノなどをどかす手間と、修復などの費用をかけてまで、他人に空き家を貸したくない」「空き家を借りたければ、借りたい本人が、自身で清掃、家の中の片付け、不用品の廃棄をしてほしい」という考え方が強い。

借り手は、家賃を払うにもかかわらず、「下出」となってしまう。

そういったことが田舎の空き家賃貸の現状だが、ときには、ぼくらやぼりさんが現在住む家主のような人たちもいる。

地方 田舎 空き家 賃貸 能登 石川県 穴水町 岩車

「ここは自身が育った家。自分は“故郷”から離れた場所に新たに家を建てて、住んでいる。親族ではないが、誰かが住んでくれるおかげで、家は再び“息”をする。自分の“故郷”が劣化しない」という考えだ。

また、家主には固定資産税分や家賃の収入も入る。借り手は、ありがたいことに、住みたい田舎で、大きな一軒家を安価で借りられる。

田舎 地方 空き家 清掃 改修

お互い感謝の気持ちで、貸し借りすることができれば、ベストな状態だが、“限界集落”のような田舎では、空き家賃貸はそう簡単ではないのが実情なのだ。

どう転ぶかは家主次第ではあるが、限度はあるが、「ぜひ貸してください!」というぐらいの覚悟が必要というわけだ。

 
今回、新たに穴水町の田舎にやってきたぼりさんのケースはこんな感じだ。

①家主に対し「借りたい」という強い意志が伝わり、②家主は「そこまで借りたいと言うのなら + 自身で空き家の“片付け”をする」ことを条件に空き家を借りることができた。

④そして、最終的に、家主は、ぼりさん、ぼりさんを紹介したぼくや区長に対して、空き家となっていた「自身の“故郷”が残ることに感謝したい」という気持ちに切り替わっていった。

極端に言えば、自身で住む家の“整備”をすること「めちゃめちゃ掃除しなければいけないじゃん!」という状況に対して、心折れずに「面白さ」を感じられるタフさ、“整備”すれば「住めるようになる!」「住んでやっていける!」というイメージができる人でなければ、“独立”して田舎でやっていくことは難しいと思っている。

都会の空き家やアパートを借りるときのように、賃貸先は綺麗な状態ではない… 「汚い」の一言に尽きる。

その分、家賃は安く生活費用は安価。岩車の家賃相場は約1万円前後だ。今回、ぼりさんは、2軒の空き家を借りたわけだが、2軒の合計で1万円となる。

田舎だ。周囲の人は必要最低限のサポートをするが、基本、自分で全てをスタートすることを前提に、空き家を借りられることを理解しなければ、賃貸は難しいと思ったほうが良いということだ。

前段が少し長くなったが…

田舎バックパッカーが能登・穴水町岩車に移住して約5年経った今週、そんな田舎の空き家賃貸の条件「自分で空き家掃除など全てやってください」を飲んだ新たな“やつ”が岩車にやってきた。

この記事の始めから登場している、“ぼり”さんこと、大堀悟(おお“ぼり” さとる)さんだ。

大堀悟 ツイッター ボリチュニティ ぼり

彼のツイッターのカバー写真には「書く+喋る+飯作る+でぶ+借金100万円」と書かれていて…

思わず…「おいおい大丈夫か?!頼むよ?!」「おれ、岩車に、ぼりさん 紹介しちゃったよぉ~」と思い、「借金100万円って大丈夫?」と聞いてしまった。

どうやら、稼げる柱が多くなり、月収約40万円になり始めた。「フリーランス」とは個人事業主なので、ばらつきがあるだろうが、ぼりさん曰く「見立てがついた」そうだ。

岩車でぼりさんが、借りる家は2軒。

岩車に到着した数日間は、田舎バックパッカー宅 “ワークスペース”に泊まっていた。

その後、1軒の掃除が落ち着いたので、新たな家へ!新天地の空間、慣れること・やることは盛り沢山!

新居で一泊目を始める前に、うちへとやってきて、笑顔で「今日は(清掃)かなり疲れました!」と、新居へと向かった。

そう言いながらも、ぼくの勝手な想像だが、その笑顔の裏で「でも楽しんでます!」と、大声で叫んでいる気がしてならない。精神的に強いだろうが、体力的にはかなり疲れていることだろう。まだまだ、空き家の清掃は続いている。

現在、ぼりさんが寝泊まりしている家は、そこそこ綺麗だったので、“普通の引っ越し”と言われる作業で終わっている。むしろ、ぼりさんは所持品が少ないので、“普通”よりも大したことなかったのかもしれない。

田舎 地方 空き家 大堀悟

大変なのは次の1軒で… 空き家年数15年の“くせもの”だ… 家主/オーナーは「悲しいことだが、この家を取り壊そうとしていた」とのことだった。

屋根、水回りなどの修復から始まり、全てを自身で手掛けなければいけない。

全てを自身で始末・清掃することが、家を借りるときの一つの条件だ。

家主/オーナーにとってはこの家が“故郷”… 「取り壊す必要がなくなり、血がつながった親戚ではないけど… こうして自分の“故郷”を使ってくれる人が来てくれて、感謝だよ。嬉しいよ。おれは、この家へと戻って来られなかったけど、きっと親父も天国で喜んでいるはずだ」と伝えてくれたのは印象的だった。

田舎 地方 空き家

普通だったら、この家を見るだけで、「無理でしょ!」と思う人が大半だろうが、「やり手」は、中を見れば、「自身で綺麗にすれば、この家は甦る」とイメージできるのだ。

それぐらいの意気込み/精神的な強さがないと「仕事がない」とイメージされている“場”の田舎では、フリーランス/個人事業主としてやっていけない。もはや、仕事の“場所”というのは問わないが現代の時代ではあるが。

周りは必要最低限のサポートはしてくれるだろうが、要するに、1人でもなんとかやっていけるという根本的な精神力「生きる力」というのは最も重要というわけだ。

ということで、しばらくの期間、ぼりさんが借りた空き家の掃除は続くことだろう。頑張れ~。

地方 田舎 バーベキュー BBQ in a countryside Noto Anamizu

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す