Media / PR - メディア掲載

メディア掲載:中日新聞「先輩移住者に共鳴、穴水へ」 移住者が新たな移住者を“呼ぶ”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中日新聞 大堀悟 Obori Satoshi on Chunichi Newspaper

2018年3月29日付の北陸中日新聞に、能登・穴水町岩車(石川県)へと移住する大堀悟(おおぼり さとる)さん、通称 ぼりさんに関する記事が大きく載った。ぼりさんは2018年4月23日に岩車に移住する予定だ。

記事は3月末で穴水町を後にする武藤周吉記者によるもの。武藤記者は4月から中日新聞の名古屋本社勤務となるそうだ。ぼりさんの移住に関する内容は武藤記者が書いた記事に詳しく書かれているので、ぜひ、読んでほしい。(このブログ一番下にある画像参照)

中日新聞 大堀悟 Obori Satoshi on Chunichi Newspaper

“ずうずうしく”…ぼくも移住サポーターとして記事内に、沢山登場させてもらっている。が、これはぼくだけでなく、岩車地区の人たちの支えがあり、相乗効果が働き合い実現したこと。

ぼりさんの田舎/地方移住の一歩に、ほんの少しだけでも、役に立てればと、ぼりさんと岩車の世話人たちとの橋渡し役を演じさせてもらった。

穴水町 岩車 大堀悟 ぼりさん

ぼくが移住したときは、移住前から、穴水町の議会議員で岩車在住の新田信明さんに移住の世話役になっていただいた。今回は、移住者のぼくが、新たな移住者のぼりさんの“きっかけ”/起点とならせてもらい、移住をサポート。

「田舎バックパッカーのなにがきっかけなんだ?!」って点は、ぼくが語っても客観性がなく、ちょい恥ずかしいので… 以下記事やぼりさんのツイッターをみていただきたい。



今回の移住は、『現地人が ⇒ 移住者をサポート ⇒ 現地に慣れた移住者+現地人が ⇒ 新たな移住者をサポート』『移住者が、新たな移住者を呼び込む』という“現場”型のサイクル。

穴水町 岩車 大堀悟

今後… いや常に… なにごともそうかと思うが、田舎/地方の盛り上がりには“現場型”が必要不可欠なんだろうなぁ。

移住セミナーも重要なんだろうけど、今や極端に言えば、情報収集やセミナーはネットでもできる情報化社会。

「ホントに田舎へ来たい!田舎に住みたい!」、“とにかく”自分の目で見ようと、“現場に足を運ぶ志をもった人”、“やってくる人”たちと交流し、彼ら・彼女らの「現実的な居場所」の提案をしたりして、呼び込むことが重要なんだろうなぁと感じる。これについては別途、改めて、語ってみたいと思う。

最終的に強い想い・志をもって田舎移住するのは、外から来る人「外者」。「強い想いをもった人」は、大切な仲間として、迎えてサポート、移住後は、小さな村内、みんなで今後の暮らしを楽しんでいければいいなぁと思う。

そのサイクルだなぁ。

ぼりさんは自身のツイッターに今回の移住の大まかな流れについて、以下のように綴っている。

穴水町 岩車 大堀悟 空家 紹介

ぼりさんは昨年、田舎移住に関する取材で穴水町へきて、UターンやIターン移住者を取材。その当時から、既に移住を予定していたそうで、ぼくのブログを見てくれていたそうだ。

その後、9月下旬の岩車のキリコ祭りに参加、地域の人たちとも触れ合い、自身で地域を体感して、独自で岩車を“探って”いた。

キリコ祭り後、まずはフェイスブック・メッセンジャーの映像/ビデオ電話を介して、遠隔地から岩車の空き家を見学。

2月下旬、ぼりさんは千葉での短期間集中型のフリーランス向けの講座で多忙な期間ではあったが、1日半で岩車を弾丸訪問し、今後は自分の目で空き家見学。

そして、つい先週末(3月下旬)、夜行バスをフル活用し、半日の弾丸で岩車に来て、2軒の空き家オーナーと賃貸交渉・契約し、移住に対する強い意志/“やる気”を地域に見せていた。

岩車の空き家紹介では、区長の岩崎哲好さん、地区在住の議会議員・新田信明さんが、サポートをしてくれた。

今後、ぼりさんは、岩車で田舎フリーランス養成講座を展開、短期滞在型のシェアハウスのオープンを予定している。

ぼりさんは4月23日(月)、岩車に移住する。今後が展開が楽しみだ。

“連写”シリーズ:新たな移住者をあらゆる角度から撮ってみた。“ちょんまげ”に“ちょび”髭 野郎 通称“ぼり”さん、4月中旬に、岩車の田舎へ移住予定。明日、空き家オーナーと交渉。岩車 “変な”移住者 多くなりそうな予感。今後が楽しみだし、おもしろくなりそうだなぁ。詳細はまた別途… ・ Newcomer “Bori” san “migrating (moving)” to Iwaguruma village in mid-April. Welcome to countryside “INAKA.” ・ #inakabackpacker #backpacker #inaka #countryside #countrysidejapan #iwaguruma #noto #ishikawa #anamizu #workspace #creativeworkspace #類は友を呼ぶ #田舎バックパッカー #田舎 #地方 #岩車 #能登 #石川県 #穴水町 #田舎ワークスペース #コワーキングスペース #田舎シェアオフィス #シェアオフィス #移住者

INAKA Backpackerさん(@iku203)がシェアした投稿 –


穴水町 岩車 大堀悟 区長 岩崎 向井

大堀悟 手荷物

ぼりさんのすべての荷物はこれだけ。引っ越しの際は、これと、バイク、クルマのみで岩車へとやってくる予定だ。

中日新聞 武藤周吉 記者

中日新聞 大堀悟 Obori Satoshi on Chunichi Newspaper

この写真をクリックすると大きな記事が表示されます。

穴水町 立山連峰

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. VANLIFE JAPAN INAKA Backpacker メディア掲載: 今日オープンのバンライフ専門メディア「VANLI…
  2. 田舎バックパッカー、9月11日発売の八重洲出版「大人のクルマ旅」…
  3. テレビ朝日 移住した女たち 速報: テレビ朝日 番組「ニッポンのココ!移住した女たち」に登場…
  4. バンライフ 娘 親子 能登 石川県 メディア掲載: 『Suumoジャーナル』の『バンライフ』特集に登…
  5. 日経ビジネス 農業 特集 穴水町 Nikkei Business agriculture feature 田舎で仕事『広報』:穴水町岩車の農家が登場した国内最大のビジネス…
  6. 徳島のラジオ局「エフエムびざん(FM79.1)」にぼくらバックパ…
  7. “クルマ”に対する固定概念をぶち壊す“旅”雑誌にバックパッカー登…
  8. 北陸中日新聞 『のと群像』 新しい行き方提案 中川生馬 北陸最大のブロック紙『北陸中日新聞』に“どでかく”登場 『新しい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  1. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  2. mobile lifestyle 移動型定住 東京モーターショー 家族
  3. のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣
  4. work space countryside in Japan
  5. ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima
  6. 田舎旅 バックパッカー backpacker in Japan
どんより 天気
  1. 穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  2. つぶやき ツイート ブログ
  3. 穴水町 岩車 能登 夕暮れ
  4. つぶやき
  5. vanlife station noto anamizu japan バンライフ ステーション 穴水町 川尻 移住者
  6. 鉄塔解体 バンライフ 有明正之

ランキング

PAGE TOP