day 45.2 徳島県 四国本土最東端の『伊島(いしま)』へ

2010129日(木) – ぼくらは、小松島ステーションパークで出会った阿波踊りの画家 銭谷誠(ぜにや/せにたに まこと)さんにクルマで、伊島(いしま)への定期船の発着港の答島(こたじま)まで送ってもらった。これから船で、伊島へと向かう。(銭谷さんとの25分の会話「画家として売れるまで」はこちら

ぼくらは、徳島の格安スーパー「セブン」で買いだしをして、答島(こたじま)12:15発の定期船で、伊島へと向かった。伊島は、徳島県阿南(あなん)市の一部(伊島町)で、四国本土最東端、答島/蒲生田岬から約6キロ先に浮かぶ島だ。


伊島の周囲は9.5キロで、標高は約124メートル。伊島、前島(まえじま)、棚子島(たなごじま)の3島と無数の小島からなっている徳島県で唯一人が住んでいる離島だそうだ。


世帯数は100軒で、島民は183人。だが、そんなにいるような感じではない。伊島にはガソリンスタンドはなく、自動車も走っていない。

徳島県 伊島 定期船の「みしま」、背景にあるのが「可動式防波水門」

また伊島の港には、暴風雨から漁船と島民を守るための防波堤として「可動式防波水門」が設置されている。伊島に全国で初めて「可動式防波水門」が設置されたそうだ。伊島は、磯釣りでも賑わう島で、ここに磯釣りをしにくる釣人が多い。グレ(メジナの別名)や茅渟/海鯽(チヌ)(クロダイの別名)などが釣れるそうだ。


島の名前「伊島(いしま)」は、空から見ると、ひらがなの「い」に似ていたことから、「伊島」と名付けられたと伝えられている。
ぼくらは、就航船みしま(0884-33-1271)で13:00ごろ、伊島に到着した。料金は大人1,000円(子ども500円)。結花は船で酔ってしまい、伊島の定期船待合室で休憩することに。


ぼくは、とりあえず、伊島を散策しようかな…(続きはこちら

【伊島への連絡船/定期船の時刻表】

◇伊島→答島
1月~12月: 1便 7007302便10001030
1月、11月~12月: 3便 14451515
2月、10月: 3便 15151545
3月~9月: 3便 16001630

◇答島→伊島
1月~12月: 1便 8309002便12301300
1月、11月~12月: 3便 16151645
2月、10月: 3便 16451715

3月~9月: 3便 17151745

徳島県 四国本土最東端の伊島へ向かう定期船からの眺め
徳島県 伊島へ向かう定期船からの眺め
途中の海の上には多くの無人島が並んでいる
徳島県 伊島の港にある待合所
徳島県 伊島 港周辺の雰囲気 のんびりした雰囲気が良い
徳島県 伊島 港周辺にある案内地図「伊島の史跡・自然・名所案内版」
結構大きそうな湿原地帯もあるようだ
徳島県 伊島 港周辺の雰囲気 車がない島


ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

コメントを残す