Whisper - つぶやき

【つぶやき】コロナ収束後、リモートワークは無くなるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ぼく自身、2013年から能登・穴水町岩車の限界集落で田舎暮らしを始めて以来、フリーランス広報として、主に東京のスタートアップの広報サポートをしていて、ずっとリモートワーク環境で仕事をしている。

自身より前からリモートワークをしている人は沢山いるはず。リモートワークは昔からあったわけで、コロナにより飛躍的に増加しただけである。

リモートワークができる環境は以前から存在していて、あらゆる人たちは潜在的に、リモートワークが実現可能なことについてわかっていたかと思う。

しかしながら、ただ単に、古いルール/しきたりせいで、企業や人々が気づくのが遅かったり、行動に移せず、導入が遅かっただけかと。

リモートワークが無くなることはないだろうが、「対面」のほうが、ビジネス上、良いのではないか!進化する!という企業や人々もいるかと思う。実際、対面だと、相手の様子をより間近でうかがえたり、両者熱くなるモノがうまれたりする。その感覚はやはり誰ものが感じたことがあるかと思う。

また、リモートワーク環境下、チームビルディングやコミュニケーションで悩んでいる企業も多いかと。コミュニケーションがメッセージベースばかりになってしまうと、意図していないことが、不本意で相手に伝わってしまうこともある。そんなとき、電話をかけたり、「わかりづらいと思うから、まずは会って話そうか」「まずは打ち合わせしようか」という展開になることを経験した人は多いことだろう。

そのあたり解決できるサービスも出てきているので、それでなんとかなるかもしれないが、一人在宅勤務というのは寂しいもの。

また、「コロナ鬱」という表現があるように、リモートワークが長く、人と会う機会が減少すると、同時に「寂しさ」が増すことだろう。短期間であれば、大丈夫なにかもしれないが、実際、人と会って仕事したときのありがたさがものすごくわかることだろう。

リモートワークは一人集中することができるし、通勤時間の無駄もなくなり、満員電車からのストレスからも解放される。が、気になるのはやはり寂しさである。

ざっくりした説明ではあり、最終的にはよくある回答なのかもしれないが、長年のリモートワーク経験から、対面とリモートワーク、「バランスが重要」と感じる。

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 【つぶやき】資本主義見直して暮らす時代
  2. 穴水町 夜景 Go Toキャンペーンだったり、「なるべく人に会わないで」だった…
  3. Carstay&VAN泊、日経トレンディの「ヒット予測100」で…
  4. 車中泊 バン キャンピングカー 別居 DV campingcar rv 車中泊・車旅の秋 こんな使い方も バン別居向けにキャンピングカー…
  5. 【つぶやき】もはや国のトップから地方役場の大半までロボット化?!…
  6. キャンピングカー 家 秋葉博之 秋葉洋子 “住める駐車場”長期滞在可能な究極車中泊スポット「バンライフ・ス…
  7. 能登 イカの駅 つくモール 【田舎暮らし歴約10年が語る】全国の地方創生補助金なんてこんなも…
  8. 五百旗頭幸男 はりぼて 議員制度って本当に必要?田舎/地方議員制度の暴露映画「はりぼて」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

connor jessup anamizu noto japan 【能登での田舎暮らし】世界の映画界やファンへと発信される日本の田舎 day 81.9 長崎県池島 熱すぎる柔道家との“焼酎ナイト” ~ 人生 逃げずに立ち向かう ~ 田舎体験 石川県 穴水町 能登半島 田舎暮らし体験 【田舎体験】 あの『ヤスヨとヤスコ』が能登で田舎体験! 朝日新聞, バンライフ, asahi, vanlife 【メディア掲載】ライフスタイル年齢問わず・幅広く、朝日新聞『日本のバンライフはいま 自由求め、家動かし人とつながり』 能登 穴水町 味噌作り 高齢 元気 能登の田舎で…一日で12家族分 約360キロの“薪味噌”作り ~ 今年は“青”豆で! ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
vanlife asahi バンライフ 朝日新聞
  1. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  2. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【バンライフ動向】朝日新聞の“選挙”コーナーにバンライフに関するコメント 女子大生バンライファー宮本芽依さん
田舎バックパッカーハウス < 公式概要と利用料金について>
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
デルのノートパソコン 購入半年で三度目の修理、デルの最悪なサポート対応を暴露
day 76.6 福岡県 小呂島 EXILEのミュージックスクール特待生 島田乾生くん家族とバックパッカー夫婦の夕べ
【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優兼監督コナー・ジェサップ 『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中
田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル映画「Locke & Key」に登場!
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。