2011.02: <九州>福岡県(小呂島)・長崎県(池島・五島列島)

day 88.2 五島列島 小値賀島 薪風呂後の“ざっくばらんな”夜ごはんとお酒 ~ブロッコリーとカボチャ農家のぶうさんと美保さん宅で~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年2月7日(月) – 薪風呂後、夜ごはんを食べながら、お酒を飲み始めた。

クロ(めじな、高知県沖の島では“グレ”と呼んでいた)、鯵(あじ)のすり身と豆腐が入った揚げ物、今日近所のおばさんから差し入れがあった海鼠(ナマコ)、そしてメインのブロッコリーをご馳走になった。

五島列島 小値賀 今夜のメインディッシュのブロッコリー。ぶうさんのブロッコリーはこちらブログから連絡を取れば注文できる

美保さんの手作り料理の他、豪華な料理が盛り付けられた日本的でクラシック風なお皿やコップのほとんどは、美保さんの手作り

お皿やコップも素敵でおしゃれ。デザインがクラシックで作った感がある。それを美保さんに伝えると、「これ私が作ったの」と本人は大喜び。

ブロッコリー調理方法は、鍋に、水とにんにくを入れて、数十分茹でるだけ。シンプルな料理方法に聞こえるかもしれないが…それだけで十分!ブロッコリーそのものが最高に美味しいのだ!お昼にもいただいたブロッコリーのスープもいただいた。スープには甘みがあり…こっちもとろけ出しそう。(お昼編はこちら

サントリーの金麦、鉱山の島“池島”へ行く前に大瀬戸のパン屋の岡﨑さんからいただいた黒霧島をここで初めて飲む。(岡﨑パンのストーリーはこちら

ぶうさんは焼酎、ウィスキー、日本酒も飲むそうだ。「“角(ウィスキー)”はおいしいですね。この前飲んだらびっくりしました」と話す。スコットランドのボウモアというウィスキーもすきらしい。沢山飲むところも…ぼくらと似ている。バックパックに2リットルの黒霧島を入れているぐらいだ。

小値賀の焼酎の割り方は、7対4。通常は6対4。先にお湯を入れて、あとに焼酎を入れてグラス一杯にする。こぼれそうなので…飲む!そしてすぐに焼酎を注ぐ。これはまさに森クリーニングの森さん宅で体験した飲み方だ!(森さん宅でのお話しはこちら

地元に住む人たちと一緒にご飯を食べ、お酒を飲んで、お話をする。お世話になっている立場で偉そうに言っているわけでは全くないが…バックパッカー旅のスタイルで良かった…と深く感じる。

ぼくらが、これからも継続してやっていきたい旅のスタイルだ。

このバックパッカースタイルが人との出会いへとつなげ、島の人たちとの触れ合いへとつながった。民泊は現地の人たちのライフスタイルがよくわかる。田舎や知らない場所でのライフスタイルを知りたいぼくらのような旅人には、最高の手段だと思う。

“田舎暮らし”や“島暮らし“をしたい人のスタートとしては、この“民泊(みんぱく)”スタイルは理想だ (続きはこちら

<前回のエピソード 『day 88.1 五島列島 小値賀島 ブロッコリーとカボチャ農家のぶうさんと美保さんのライフスタイル ~“自作”ライフスタイルには“忙しい楽しさ”がある~』>

<次回のエピソード 『day 88.3 五島列島 小値賀島 ぶうさんと自然 ~ブロッコリーとカボチャ農家のぶうさんと美保さんのライフスタイル~』>

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. day 85.3 島や田舎を活性化するには…どうしたらいいのだろ…
  2. 五島列島 小値賀へのバックパッカー旅で振り返るオレゴンでの高校時…
  3. day 90.5 バックパッカー田舎旅 in 五島列島 「中川く…
  4. day 81.4 長崎県 池島炭鉱の歴史について ~日本初の“…
  5. day 84.6 五島列島・宇久島(長崎県) またも…お風呂から…
  6. day 83.1 田舎バックパッカー、長崎県佐世保へ
  7. day 86 田舎バックパッカーが“子牛”の競り『牛市』に参加?…
  8. day 81.2 長崎県 池島 「一体ここで何があったの…!?」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

穴水町 星空 天の川 Milky Way in countryside Japan 【星空旅スポット】能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~ 石川県 穴水町 岩車 田舎バックパッカーハウス 【令和6年能登半島地震】メディア/報道関係やインフラ事業者向けに「田舎バックパッカーハウス Station 2」オープン Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 能登 かき 石川県 販売 【能登牡蠣<かき>レビュー】石川県金沢市の方「12月は(かきは)小ぶりだと聞いていたが。大きかったですよ!」 北陸中日新聞 『のと群像』 新しい行き方提案 中川生馬 【メディア掲載】北陸最大のブロック紙『北陸中日新聞』に“どでかく”登場 『新しい生き方 提案』 五百旗頭幸男 はりぼて 議員制度って本当に必要?田舎/地方議員制度の暴露映画「はりぼて」公開中

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
指紋解除キーボックス K241,指紋認証,鍵,k221
  1. 新潟県上越市 テニス 試合, 穴水町 テニス
  2. 能登半島地震, 解体
  3. 能登半島地震2024 家屋, 田舎バックパッカーハウス, noto earthquake 2024

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【令和6年能登半島地震】石川県穴水町でオープン中のお店や宿泊施設一覧、営業時間情報など(6月1日現在 一部更新)
能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な“住める駐車場”『田舎バックパッカーハウス Station 1』について
【田舎でITレビュー】指紋解除キーボックス「K241」導入し、1秒で簡単施錠、ポケットに多くの鍵の持ち運び不要に
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
『そばきり 仁』 築約400年 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷『中谷家』で再オープン
映画「人生、いろどり」ロケ地 上勝町の「樫原の棚田」で「田舎で仕事と自給」について考える - 三話目
day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~ 自己ブランドを構築する荒木健吉さん ~
【田舎からのつぶやき】ディズニー『すべて忘れてしまうから』ロケ地に能登・石川県穴水町の牡蠣食堂『Coast table(コースト・テーブル)』など
day 88.3 五島列島 小値賀島 ぶうさんと自然 ~ブロッコリーとカボチャ農家のぶうさんと美保さんのライフスタイル~
PAGE TOP