2011-02 Backpacking Kyushu - 九州へのバックパッカー旅

day 81.9 長崎県池島 熱すぎる柔道家との“焼酎ナイト” ~ 人生 逃げずに立ち向かう ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2011年1月31日(月) – ぼくらは炭鉱で栄えた長崎県の池島に到着した。(前回のストーリーはこちら

池島に入るまでのシナリオはざっとこんな感じである。ぼくらは相変わらず、60リットル級のバックパックにテント、寝袋、衣類、PC、自炊道具(飯盒や鍋)などを担いで、九州に向けて1月24日に鎌倉を出発した。

福岡県 小呂島での学校の先生たちやEXILEボーカル・オーディションのファイナリスト10人の内1人に選ばれた島田乾生(しまだげんき)くんと乾生くんの家族との出会いから始まり、長崎県 大瀬戸にある“もちもち”したメロンパンが美味しいパン屋の岡崎好昭(おかざきよしあき)さんや一生(いっせい)さん、池島のIさんなど、予想外に寒い九州で、“炬燵以上”に温かい多くの人たちとの出会いに恵まれ、田舎を駆け巡るバックパッカー旅をしている。(島田乾生のストーリーはこちら。岡崎さんのストーリーはこちら

さて、引き続き、池島での、2011年1月最終日の話しに戻る。

ぼくらは今夜のテント泊スポットを見つけ、銭湯へと出かけた。テントを張った場所は、スクーター2台が置いてあった駐車小屋。この2台のスクーターは使用されているのかはよくわからなかった。

銭湯に入ると、男湯で柔道家のIさんと出会い、「お泊りオファー」を頂いたのだ。なんと!偶然にも、ぼくらがテントを張った場所にあったスクーター2台が、Iさんのスクーターだったことが、後で判明した!

しかも、昼間出会った雄二くんやこうじくんは、Iさんの甥っ子ということも、銭湯でわかった… 小さな島だからだろうか、実に“つながる”出会いの連発である。

どうやら、ぼくらとIさんは、遅かれ早かれ“出会う運命”にあったようだ。

入浴後、雄二くんとこうじくんに、Iさんのアパートまで連れてってもらった。前回の話しで書き忘れてしまったが…雄二くんの“若い紳士的な”雰囲気は、演歌歌手の大江裕(おおえ ゆたか)さんに実に似ている…。大江裕さんのサイズを小さくしたバージョンが雄二くんだ。まぁ、それはともかく…

そんなこんなで、Iさんの家で、“焼酎ナイト”が始まった。長崎ちゃんぽんのカップラーメンもご馳走になった。焼酎を飲みながら、Iさんストーリーを聞く…

Iさんは、池島炭鉱での仕事のために、ここに移り住んで約30年経つそうだ。Iさんは池島で仕事をしつつ、柔道中心の人生を歩んできたことが家に入るとわかる。家のリビングには、炬燵とソファーがあり、炬燵が置いてある前の壁には、柔道の思い出写真や記事が沢山張られている。“焼酎ナイト”のほとんどの会話は、Iさんの柔道中心の話しで盛り上がった。

長崎県 池島 アーバンマイン 炭鉱

【現在、長崎県 池島を散策中】

柔道に対する情熱が人一倍強く、何の話しをしても柔道の話しに舞い戻るのであった。柔道の話しは少し後にするとして…これまでIさんは池島でどんなことをしていたのだろうか…?

池島炭鉱に入社後、炭鉱では、測量を担当し、坑道の掘削(くっさく)の計画のために、炭鉱内の坑道などの形状、面積、位置などを測定して一目でわかるように図示していた。

測量だけでなく、採掘現場の監督もした。作業員の規則遵守の徹底や、坑内に入る海水、メタンガスなど、現場の安全性の確認も担当していた。この係員になるために、鉱山保安法に関する国家試験も受けて資格も取ったそうだ。

Iさんは常に、池島のことをものすごく熱ーく語るのだ。「中川さん!」と、ぼくを常にビックリさせるような掛け声から、いわゆる体育会系の会話というのだろうか…柔道に関する話しがスタートする…

“とにかくぼくは柔道です”オーラが感じられるIさん。Iさんは高校で、長崎県を代表する柔道選手 中島直次郎さんという人から、柔道を学んだそうだ。その頃から柔道を続けている。

池島の小中学校(現在 生徒数7人)で、柔道部を立ち上げたが、今は部員が全くいないため、休部になっている。



そして、話しの節々に「人生!逃げずに向かっていくことが重要ですよ。先輩!兄貴!中川さん!」と、何度も常に張りきった口調で話し続ける。

和歌山県でいじめられて、お爺ちゃんとお婆ちゃんがいる池島に来て、柔道を始めた子もいた。

「柔道では、常に強い人に向かっていかなければいけない。柔道をすることで、人生の壁に対して向かっていく気持ちが強くなるんですよ!」と熱い口調で語る。

(今日、銭湯で出会ったばかりで、“先輩”でもないのだが…柔道的話し方からだろうか…)「中川先輩!」と声をかけられ、「私の自慢があるんですよ」と。「皆、黒帯をとって、卒業していきました!」と続ける。

ぼくらが、「長崎市設池島総合食料小売センター」で出会ったIさんの弟さんも、37歳のときに、Iさんから柔道を習い、黒帯を取った。雄二くんも柔道をしたそうだが、途中で辞めたそうだ。

柔道の教えは、仕事にまで拡大していった。リビングの壁に張られた写真を指して、「115キロのぶぅちゃんも黒帯とったんですよー」など、これまでIさんが監督をしてきた柔道生徒の“黒帯取得”ストーリーが続く。Iさんは、インドネシアやベトナムから池島へやってくる炭鉱研修生にさえ、柔道を教えていた。

長崎県 池島 炭鉱 散策中

【現在、長崎県 池島を散策中。港周辺】

1人のベトナム人は池島で柔道二段をとって、帰国したそうだ。今でもベトナムで柔道を続けている。佐世保(佐世保柔道協会)で毎月試合があり、そこで“勝てば”段をもらえる。

単に試合をして“良い”柔道をしただけでは、二段を取ることはできない。ちなみに黒帯をとるには、約1年かかると言う。最低、4人に勝ちぬかないと、黒帯を取れないそうだ。

「この島は“雰囲気が良い島”なのに、人がいなくなってしまい…寂しいし、過疎がどんどん進むのがもったいないですね」と話した。アパートなど、人が住める場所があるのに…「子どもたちの故郷をとっておきたい」とIさんは話す。

「生きがいのある島を作ることが目標だったが、雇用先がないのが現実だ」

池島では、魚釣りや農業もできる。良い意味で池島にはなにもなく、忙しい毎日から離れ、静かにゆっくりとした時間を過ごせるような島というのが、ぼくの印象だった。池島では、炭鉱の見学ツアーも行っているが、参加費用がちょい高い…

「明日も池島にいるの?」と聞かれ、「はい。明日もいる予定です」と答えると、「きみたちも変わってるねぇ」や「テントでは寝られるの?」と、Iさんは笑いながら、これらの質問を何度も聞いてくる…みんな焼酎で若干良い気分になっている。

結花は、途中で、寝始めてしまったが、ぼくはIさんと飲み続けた。「ぼくらの第一印象はどんな感じでした?」と寝る前にこんな質問を聞いてみた。「そりゃぁ、もう会った瞬間に、良い人だと思ったよー」と言う。素直に嬉しかった。

そして、「柔道はいいですよ、中川さん!」のIさん発言は、一晩中、繰り返された。今日は午後に池島について、あまり散策できてないので、明日、池島を散策しようと思っている。(続きはこちら

<前回のストーリー 『池島の男湯で…柔道家・Iさんとの出会い…そして…~』>

<次回のストーリー 『池島の「かあちゃんの店」の最高に美味い650円“かつ丼”~』>

※更新内容: Iさんから以前、本記事の掲載について、ご了承・ご理解を得ていたのですが、Iさんご本人からのご連絡でもろもろの事情があり、今回、名前をIさんに変更しました。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

九州 池島 焼酎 長崎県 池島

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. day 81.3 長崎県 池島 小さな島の技術が新興国で活かされ…
  2. Nagasaki Atomic Bomb Museum 長崎原爆資料館への旅 day 80.1 “戦争の悲劇”を長崎原爆資料館で ~ 原爆投下…
  3. day 81 長崎県大瀬戸町『岡﨑製パン所』を見学 そして 次の…
  4. ukujima island travel in Nagasaki 蘇鉄 そてつ 宇久島 長崎県 day 84.1 長崎県 宇久島に移住すると楽しめる“磯漁” ~…
  5. day 83 田舎バックパッカー、長崎県池島を出発 ~次はどこへ…
  6. day 90 鹿400頭が住む五島列島の野崎島 ~ 無人島で船旅…
  7. 長崎 桜町公園 where to set up a tent in Nagasaki day 80 長崎県 桜町公園で早朝から雪で零下テント!?どうす…
  8. day 85.5 長崎県 五島列島 寺島(人口14人)で印象に残…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

day 14.1 奥能登一周中 道の駅「すずなり」で背後から話しかけてきた黒縁眼鏡の移住者 ~ 気になる能登の田舎の生活費 ~ ノルウェー 養殖 サーモン 鮭 事情 famed salmon <動画(英語抄訳)> スーパーのサーモン(鮭)要注意 「世界で最も危ない?」とされる“食”事情 コロナ バンライフ 車中泊 道の駅 住める車中泊スポット「バンライフ・ステーション」に新たな“入居者” ~ コロナ禍のバンライフの課題 ~ < 3話目 > Hokkaido fox wild life animal 北海道 キタキツネ 北狐 バックパッカーが旅する北海道 知床半島 かわいいキタキツネとの出会い クルマ旅雑誌「カーネル」(2015年夏号)表紙の人 アマゾンの「キャンプ」本ランキングで1位 ~ 表紙の影響か!?「カーネル」ブログにも登場 ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 能登 田舎暮らし, 木 植える
  2. boar anamizu, 石川県穴水町 イノシシ
  3. 樹ガーデン,鎌倉カフェ

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
能登・石川県穴水町ならでは!を活かした地方移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で
羽田空港から能登空港へ ~ 冬 空撮で見る都会と田舎の違い ~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。