バンライフ&車中泊アイテム: ハイエースにピボット・クルコン導入 アクセル踏まずに速度を自動コントロール

昨日、“動く拠点”ハイエースに、クルーズコントロール(クルコン)機能搭載のスロットルコントローラー(スロコン)を導入し、今日、早速、穴水町岩車から約150キロ先にある石川県小松方面へとクルマを走らせた。

pivot cruise control ハイエース クルコン スロコン

上下のボタンで自動速度調整、加速と減速を調整することができる。嬉しいのは、足首への負担がかな~り軽減すること。

このクルコンがめちゃめちゃ便利!!

ボタンを1つ<SET>を押すと、一定の速度を自動的に保って、走ってくれる。

上下ボタン<RES>と<SET>で、アクセルを踏むことなく、減速と加速の速度調整をすることができる。

そして、ブレーキを踏む、減速ボタンの長押し、モードボタンを長押しすることで自動速度を解除することができる。

ホント嬉しい点は、ずっとアクセルを踏まなくても、自動的に一定の速度を保って走ってくれること。

アクセルをほぼ同じ角度で固定していると、足首がホントこって仕方がない。

足への負担がかなーーーり軽減される。そこが、芯から嬉しいクルコン機能。

ちなみに、クルコンは、30キロ以上の速度で設定することができるので、高速道路だけでなく、普通の道路でも十分使える。



長距離移動、一番辛いことはアクセルの踏みっぱなしによる、足首の角度の固定。

それにより、足首がかなり疲れてしまい、足首に“なにかが溜まっている”違和感があるのだ。

簡単に言うと、肩こりの足首版みたいなもの。

これがぼくのクルコン導入の背景。

最近のハイスペックのクルマにはクルコンが搭載されているのだろうが、ハイエースにはクルコン機能が搭載されていないのだ。

で、今回購入したピボット製品には、クルコン速度設定の他、スロコン機能が搭載されている。

スロコンはエンジン出力の制御装置、クルマの電子式スロットルの開きを増減させて、エンジン出力を変化させる。

pivot cruise control ハイエース クルコン スロコン

これで、エコ、スポーツなどスロコンのコントロールが可能

スロコンでは、エコ、スポーツモードなど、加速の設定ができる。

小松と穴水町間、ぼくがスロコンで設定したモードはエコ。アクセルを少し踏みすぎてしまった場合でも、加速を緩やかにし、無駄なエネルギー/燃料の消費を抑えてくれるのだ。

ぼくは今回使っていないが、スポーツモードでは、加速のレスポンスを向上してくれるそうだ。

いやぁ~、とにかくこのクルコン、ぼくにとっては神的な存在。

足の疲れが取れることはものすごく嬉しいし、ロングドライブにはマストアイテム。

ハイエースでクルマ旅をしている人たちには、絶対お薦めしたい。

pivot cruise control ハイエース クルコン スロコン

導入の際、必要なアイテムは以下記事に載せている。

ハイエースでクルマ旅をしている人たち、導入してみては?!

ハイエース クルコン スロコン

●ハイエースにクルコン搭載のスロコンを導入するには
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリー

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す