田舎旅:サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント

【追加・編集中】

青森県碇ヶ関 – “動く拠点”ファミリーワゴンC(ベース車輌ハイエース)のキャリアには250ワットのソーラーパネルを積んでる。

ソーラーで発電し、”動く拠点”に積んでいるサブバッテリーを充電する。長旅、困ることの1つは「電気」で、この課題を解決してくれるのがソーラー。

ハイエース ソーラーパネル Car Solar Panel

“イナ旅”(田舎旅)中、自身のブログ、ホームページ制作で記事を書いたり、広報の仕事などがあるので、大容量のソーラーを積んでいると、非常に便利だ。

スマートフォン、パソコン、カメラ、ポータブルバッテリーの充電など、電気に困ることはほぼない。

しかし、今回の東北の旅では、電気に困ることが出発3日後にあった。

なんでだ?!」と思い、考えてみると、まず一つ目に秋や冬の日本海側の短い日照時間がある。

だが、よくよく考えてみると、今回は別に、大きな根本的な原因があった。

ソーラーを積んでから、『走行充電』ができなくなっていたのだ。

施工会社がソーラーをハイエースに設置したときからだろうか。エンジンを入れても、サブバッテリーのメーターがフルにならない状態だった。

250ワットのソーラーを積んでから、これまで電気に困ることがなかったので、特に気にせず、「ソーラーを積んだから、ソーラー施工会社に走行充電が不要と思われて、エンジン側のメインバッテリーとの接続が切られたのかなぁ」と思い込んでいた。

だが、今回は、2日間ぐらい、道の駅に駐車して、仕事をすることがあったので、電気不足となり、「これではストレスフリーで仕事ができないなぁ」と困り始めていた。

長旅、やはり走行充電も必要だ

早速、ファミリーワゴンCの製造元アネックス社の工場にいる“仲良し”キーマンに、「走行充電ができないんですよ。なんでですかね?」とフェイスブックを介してメッセージ。

サブバッテリーやその配線回りの写真も送った。

すると「もしかしたらメインバッテリーのヒューズが切れてない?」という返信。



結論から言うと、アネックスのキーマンが言うとおり、原因はヒューズだった。ソーラーを施工した会社にメインとサブバッテリーの接続が切られたわけでない。

サブバッテリー 切れた ヒューズ

メインとサブバッテリーをつなぐ白い配線についている緑色のヒューズは車内に2つある

1つはサブバッテリー側、もう1つはメインバッテリー側にある。

サブバッテリ側の緑色のヒューズを確認すると、ヒューズに問題はなかった。

次に助手席の下にあるメインバッテリーの配線を確認するために、助手席回りを片付け、席をあげて、緑色ヒューズを発見。

すると、メインバッテリー側の白い配線に付いている緑色のヒューズが切れていたのだ。

ヒューズを取り替えて、エンジンを入れて確認した。

すると、サブバッテリーのメーターは満タン状態に。

これで、安心して仕事ができるようになり、ここしばらく疑問に感じていた「走行充電」の問題が解消した。

「サブバッテリーの走行充電ができない」「エンジンをかけてもサブバッテリーのメーターが満タン表示にならない」と思ったら、まずはヒューズを確認したい。

また、サブバッテリーを積んだクルマでの長旅では、万が一のため、サブバッテリーやメインバッテリーについているヒューズを予備で持っていくことをお薦めする。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す