2011-01 Experiencing Life in Noto - 能登での田舎暮らし体験

day 65.2 石川県穴水町 (“味噌作り”の途中に)『そうだ!“微生物”を食べ物に入れてしまおう!』または『あ!微生物が入った物を食べてたね!』の発想からの創造 ~ “微生物”を食べることを決めたクレイジーな人たち ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
自家製味噌 美味しい

2011年1月10日(月) − 石川県穴水町で田舎暮らし体験をしていて、現在、味噌作り中だ。

【石川県穴水町 岩車 人生初の味噌作り体験中 手間をかける分美味しい味噌になる】

【石川県穴水町 岩車 人生初の味噌作り体験中】

味噌作り 昔ながらの 美味しい 自家製

【石川県穴水町 岩車 人生初の味噌作り体験中】

が…その途中、「これはすごい」と思ったことがある。それはこの「発酵」という発想から食べ物を創造したことだ。

 

発酵の技術の凄さ

普段、当たり前のように、使っているこの“発酵”技術

そして、この技術を使って、ビール、パン、味噌、納豆などが作られ、人は食べて飲んでいるわけだが…

この『発酵』という“テクニック”…味噌作りでは、麹という“菌“を混ぜる。

でも、よく考えたら、こんなこと誰が思いついて、作ったのだろうか。

あ!そうだ!食べ物に菌を混ぜてしまおう!それで、菌を混ぜた物を食べてみようじゃないか!」というこの発想… 菌を入れたものを食べることに最初は、抵抗があったんだと思う。

自家製味噌 美味しい

【味噌づくり中。これが大豆、塩、麹、煮汁などを混ぜた状態。秋ごろまで麹菌で発酵をする】

もしくは逆だろうか… 「あ!食べ物の中に、動いている小さな“虫(菌)”がいる。でも、これまで食べ続けていたし、食べても大丈夫そうだな」からの発想だったのだろうか。

“微生物”を活用して、人間の口に入れる食べ物を作ってしまおう」という、この発想…

いいの?!“菌”を徹底的に殺菌、“虫”に敏感な現代人だったら…「え~食べるのやめた方がいいんじゃない?!」と思うのではないだろうか。

例え、顕微鏡を使って動いている小さい“生き物”を、食べる“前”に発見したら、「おい!何か虫が入ってるぞ。食べたら、体調崩しそうだし、やばいだろ、これは!」と思ってしまい、これを食べ物に活用してみようという発想はでてこない気がする。

となると、おそらく、これまで口に入れていた飲食物が美味しかった。それを細かく調べて見たら、たまたま動いている“微生物”が入っていた。となり、そんな発見から、「この“微生物”は使える!」と思ったのだろう。

“でも”だ…やはり、細かく動いている“微生物”みたいなものを食べ物の中から見つけたら、「この食べ物、大丈夫かよ…」と思ってしまわないだろうか。

 

発酵について調べてみた

発見者たちの気持ちが今さらわかるわけでもないが、どんな神経の持ち主だったのだろうか。少し発酵について調べてみた。

食べ物の“発酵”とは、簡単に言うと、微生物 「酵母」などが食品に繁殖して、その酵母の働きで食品の成分を酸化させ、アルコール、二酸化炭素などに変化させることを言う。(“腐敗”を良い意味で言うと “発酵”と言える)

●スポンサーリンク

Tabi_04_Anamizu_2011_01_0467_s

1674年、オランダで顕微鏡の開発に生涯を費やした、アントニ・ファン・レーウェンフック(Antoni van Leeuwenhoek)氏が、顕微鏡で微生物を発見したそうだ。彼は、ビールの中に“粒”を発見。
これが酵母だったと言われているが、その当時、特に発酵との関連づけはされていなかったそうだ。ちなみに彼は1677年に、精子を発見した人物だそうだ。

Tabi_04_Anamizu_2011_01_0467_s

そして、1800年代に、フランスの細菌学者 ルイ・パスツール(Louis Pasteur)氏が、酵母によりアルコール発酵が生じられること、様々な環境下で、酵母を徹底的に調べたそうだ。(ちなみに、エタノールはアルコールの一つということも知っているだろうか。まぁ、それは良いとして…)

歴史上、遡ると、彼らがキーとなる人たちのようだ。この『酵母』を発見したあとに、酵母を使って生まれた食品にはどんなものがあったのだろうか。気になるがわからない。

パン生地にイースト菌(パン酵母)が混ざって、パンが最終的に出来上がるわけだが、粘土のようなパン生地が大きく膨れてくるのは、生地の糖分が分解され、エタノールと二酸化炭素が発生する、その炭酸ガスが原因だそうだ。

日本酒の生成には、米を使い麹によるアルコール発酵が、ビールの生成にはイーストなどの菌が使われて、糖分が発酵されて、アルコールと二酸化炭素に分解される。

日本酒の場合、先日、「竹葉」の数馬酒造を訪問したときに説明を受けたとおり。

麹の働きにより、お米にある成分の澱粉(でんぷん)が糖分に変わり、その糖分がさらに分解されて、アルコールと二酸化炭素ができる。

確か…見学したとき、白い液体(日本酒が発酵されているもの)が“ぶくぶく”していた。あれが二酸化炭素なのだろう。

それにしても、発酵させることを、新たな食べ物の創造につなげた昔の人たち…すごい創造力だ。

そして、「発酵/微生物を混ぜて、こんな食品を作ってみよう!」と世間に提案した人たち…

よく周りを納得できたものだ。

まぁ、そんなことをスゴイと思った自分であった。

さて、味噌作りのストーリーに戻ろう。(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 65.1 石川県穴水町 8家族分の味噌作り開始 』>

<次回のストーリー 『day 65.3 石川県穴水町 “味噌作り”中の休憩 ~ 里芋炊き込みご飯、美味しいカップラーメン、大根の酢漬け、海にはナマコ ~』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 外国人 海外 移住者 穴水町 石川県 foreigner in ishikawa どこにでもあるような東京よりもリアルな“日本”を見たい ヨーロッ…
  2. 能登での田舎暮らし: 庭で薪火ディナー
  3. 徳島県神山町 サダ 石 ネックレス 徳島県神山町の“サダ”から“石”届く ~ 2011年のバックパッ…
  4. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所 海目の前にハイエースとリクライニングで仕事 | 能登での田舎暮ら…
  5. 渚水産 渚ガーデン バーベキュー 冬の田舎体験 – 渚水産でのバーベキュー 穏やかな能…
  6. 穴水町 岩車 雪 Anamizu Iwaguruma Snow 能登での田舎暮らし: 昨晩から暴風雪…そして灯油切れ!
  7. 能登での田舎暮らし:明日9月23日は穴水町岩車の『キリコ祭り』 …
  8. 穴水町 テニス協会 能登での田舎暮らし:毎週金曜夜はテニス ~ 週一度は体を動かすべ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

長期滞在 車中泊スポット 駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町 能登半島奥の駆けこめるシェアハウス“搭載”型の車中泊スポット「バンライフ・ステーション」に入居者 ~ コロナ禍 なぜ住める駐車場へ? ~ < 4話目 > 動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。 メディア掲載: 中日新聞『動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」』 su singularity university 社会問題 ビジネスチャンス シンギュラリティ大学 「社会問題は優秀な人材が集まれば一気に解決できる」 シンギュラリティ大学のミッションをローカルレベルに van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影 「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシャル記事「車中の人々 駐車場の片隅で」から考える 天草 バックパッカー夫婦 テント泊 day 99.5 旅人のトイレと風呂に関する“革新的”な発想?!

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登

田舎 広報 仕事
  1. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式
  2. SNS 中傷 コメント
  3. 長期滞在 車中泊スポット 住める駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町
  4. バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身
  5. 長期滞在 車中泊スポット 駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町
  6. 読売新聞 朝刊 Carstay カーステイ トヨタ Mellow メロウ

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP