田舎バックパッカー、日本経済新聞に登場 / INAKA Backpackers on Nikkei Newspaper

今日(2011年9月13日)の日本経済新聞「ビジネスリーダー」セクションのスペシャルリポートに田舎バックパッカーのぼくらに関する記事が大きく掲載された。(記事はこちら

バックパッカーを始めて、最初に登場するメディアが...どか~んっと...日本経済新聞である。

職業柄...日経などの一般紙に登場することはものすごく難易度が高い。

っが...これは記者との“ざっくばらんな”関係構築を行ってきた証拠である(笑)

Nikkei’s journalist interviewed me about our backpacking stories the other day! Its article is available here.

日本経済新聞に載った田舎バックパッカー INAKA Backpackers on Nikkei Shimbun newspaper

日本経済新聞に載った田舎バックパッカー INAKA Backpackers on Nikkei Shimbun newspaper

「人生、後悔したくない」震災半年、変わる若者

中川生馬(32)は妻の結花子(29)と重さ30キログラムのリュックを背負い、全国を旅している。

目的は自分らしく生きられる仕事を探すこと。2010年10月に出発し、これまでの移動距離は21都道府県、2万5000キロに達した。

高速バスや鈍行列車を使って交通費を浮かせ、極力歩く。旅に1カ月出た後、整理のために地元の鎌倉に数日間戻る生活を繰り返してきた…(続きはこちら

田舎旅する・・・バックパッカーについて

ぼくらは、人とのコミュニケーションをとおして、あらゆる田舎/地方でのライフスタイルや生き方を実感しながら、旅歩いているアラサー夫婦。

田舎/地方を巡るなか、ぼくらは、現地の人々と積極的に触れ合い、田舎の生活環境、それをとりまく自然を感じ、田舎での生活を体感している。

田舎/地方では、山・川・湖・海、それら環境に住む野生動物とも共存しなければならない。そんな自然環境とも触れ合うことも多々ある。

iku-backpacker-tokushima-kamiyama常に

日本には魅力的な地方・田舎が沢山ある

日本ってこんなに広かったんだ…

と、実感しながら旅歩いているぼくら。

「日本というこんな身近」に、会ったことがない人たちが沢山いて、「田舎/地方」には様々な生き方が存在している。

現代のテクノロジーをうまく取り入れ、昔の生活の知恵を基盤にして、今の技術をうまく融合、そして可能な範囲で必要なものは自ら創作するという半自給自足的なライフスタイル。

「日本の田舎/地方は良いところ」と感じる一方、訪れる田舎/地方では人口流出による過疎化、事業の後継者不足、雇用先の減少などの課題がある。

都会に全てが一極集中するばかり。「もったいない…」と感じることも多々あった。

ぼくらは現在、日本のあらゆる田舎/地方または“マイナースポット”を旅歩き、広報、語学力などのコミュニケーションスキルを活かして、そこでのライフスタイルや地域に関する情報をこのサイトをとおして発信し、次の人生の一歩を踏み出そうと準備を開始している。

日本は東京・大阪・京都などの都会だけではない

ぼくは以前から広報関連の仕事をしていた。会社での生活スタイルでは毎日が充実し、自分ならではの仕事もでき、良い経験ができたと思っている。

その半面、東京での混雑した日々、毎日24時間の会社生活が中心のライフスタイルに長年 疑問を抱いていた。

人生このまま終わらせたくない…

そして、2010年10月ごろから、テント、寝袋、自炊道具、全国地図、ITグッズなどを入れた65~75リットル級のバックパックを担ぎ、日本のマイナースポットまたはこれまで耳にしたことがない田舎/地方を中心に、新たな生活スタイルを実感したく、本格的に旅歩き始めた。

これまでの移動距離は21都道府県、約2万5000キロ。ぼくらが知っていた生活スタイルは主に、東京、鎌倉、青森、アメリカのオレゴンのみ。

自分らがいた場所というのは、本当にごく一部で、小さな世界だった…

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 



inaka-backpacker

日本の田舎/地方をバックパッカー旅する中川 生馬(なかがわ いくま)。バックパッカー✖ハイエースがベースの“動く拠点”(ファミリーワゴンC)で、聞いたことがない田舎を旅して、そこでのライフスタイルを探求する。ときには、飛行機、電車、夜行バス、スクーターなどの乗り物のテクノジーも活用。   旅先は基本、これまで聞いたことがない田舎/地方のマイナースポット。 小学校・中学校のころ、社会科で使用していた帝国書院の地図をパッと開き、「ここは聞いたことがない!」と思た場所。途中、『ここもいいねぇ~』と“気になるスポット”を見つけたら、寄り道して、“気になるスポット”も探求する。トラベルスタイルは自由奔放。   基本、旅先の事前調査などはせず...現地の人に話しかけながら、一歩づつ進む。   約10年間の東京や鎌倉での会社中心の生活を経て、2010年10月から、会社中心以外の新たなライフスタイルを探求したく、都会での生活を離れ、“聞いたことがない”日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅へ。   「自分が過ごしたいライフスタイルは、これまで過ごしてきた場所以外にあるかもしれない、自身で体感したい」「ライフスタイルやワークスタイルにもっと選択肢はないのか?」という疑問を抱き始め、旅歩くことを始めた。旅先の田舎で出会う人々とコミュニケーションをとり、より自身に合いそうな田舎でのライフスタイル(暮らし方)を探す...   仕事面に対しては『約10年、企業で培ったスキルをフル活用、今後も仕事して学んでいくから、仕事はなんとかなるだろう!』という楽観的な考え方。バックパッカー旅への初めの一歩を踏み出す。   気になる...知らない...スポット...日本の“マイナー”スポットだからこそ発掘しがいがあるのだ。「日本のマイナーな田舎/地方を発掘、そこでのライフスタイルも実感する、そして人生/ライフスタイルの選択肢は幅広いことを多くの人に届ける」ことを、ぼく自身を軸に発信する。   ITベンチャー、国内独立系最大手の広報代理店 共同ピーアール株式会社や、電機とエンタテインメント世界大手企業 ソニー株式会社などで広報職を経て、フリーランスで独立。   2013年5月、能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)に移住。大抵、ぼくと同年代であれば、“仕事ありき”で移住することが多いが、『自身のスキルと現在のテクノロジーをフル活用すればなんとかなる!』という、漠然とした根拠と楽観的な考え方から二歩目を踏み出す。   移住後、自身のスキルをフル活用し、東京のベンチャー起業・地方/田舎の小規模企業などの広報、ライター、執筆・撮影・基盤構築含めたウェブ制作、海外の著名人への取材依頼・現場取材・ラフ原稿執筆含めた取材コーディネート、ブロガーとして活動を開始。 能登では、地元の人たちと連携して「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」、「田舎旅するショッピング」として地元の海産物の販売サポートなども行っている。   フリーランスや田舎バックパッカーとしての主な持ち物は...テント、寝袋、自炊道具、衣類など生きるために必要な道具。そして、メモ帳、スマートフォン『Huawei Mate9』、タブレット『Surface Pro 3』、ミラーレス一眼レフカメラ『ソニーα6000』、一眼レフカメラ『キャノン7D』、ICレコーダーなどのIT/ガジェットグッズ。   鎌倉の深沢中学校卒業後、1994年、15歳のときに1人、アメリカ・オレゴン州のValley Catholic High School(バレー・カトリック高校)へ。半自給自足生活をする家族と3年間暮らす。2001年に同州・オレゴン大学を卒業。約8年弱のアメリカでの田舎暮らしを経て、帰国。   現在の拠点は能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)の古民家(家賃1万円)と、ハイエースがベースの“動く拠点”『ファミリーワゴンC』。家族3人で暮らしている。1979年生まれ。   働き方/ワークスタイルは基本『とにかく自由奔放』で、いずれ、常に移動して暮らすことが定住のような『遊動民』的なライフスタイル『移動型定住』を目指している。  

6件のフィードバック

  1. Anonymous より:

    中川ご夫妻江<br /><br /> 素敵な笑顔<br /> 輝く波、そして<br /> 自由な航路を与えてくれる大海<br /><br /> お二人のこの旅が、きっと私たちの命にもつながることでしょうね。だから私も今日を生きます。<br /><br />&quot;No man in an island.&quot;<br />(by John Donne)<br /> <br />from Duck in Kofu

  1. 2015-03-18

    […] ・日本経済新聞の電子版にぼくらバックパッカーが登場載 Nikkei Interviewed Us (2011年9月13日) […]

  2. 2015-05-15

    […] ・日本経済新聞の電子版にぼくらに関する記事が掲載 Nikkei Interviewed Us […]

  3. 2015-05-16

    […] ・日本経済新聞にぼくらに関する記事が掲載された Nikkei’s interview […]

  4. 2015-05-22

    […] ・日本経済新聞の電子版にぼくらに関する記事が掲載 Nikkei Interviewed Us […]

コメントを残す