2010.12: 四国の島々と田舎町<沖の島・日振島・伊島><神山町・上勝町>

day 46 徳島県 伊島 離島振興・役員の川西勲さんとの出会い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


20101210日(金)ぼくらは徳島県の伊島にいる。昨晩、伊島の郵便局前の芝生にテントを張って寝た。ぼくの伊島の印象は、「みんな静かでやや控えめ」という感じだろうか。おそらくみんなを知れば知るほど、おもしろさがわかるのだと思う。何と言うか、少し「警戒心」が強そうな気がした。まぁ、こんなどでかいバックパックを背負い、郵便局前の芝生でテントを張っているぼくらだし…無理もないか。

徳島県 伊島 昨晩、伊島の郵便局前で(メスナー)テントを張った。

今日は青空だけど、結花は体調不良…
On Ishima island in Tokushima pref., we set up our “Messner” tent in front of Ishima Post Office. Today is a sunny day but Yuka is not feeling very well… It’s a women’s thing… So, I am going to explore Ishima island by myself.
8:30ごろ起きたのだが、結花は生理痛がひどいため、テントでしばらく休むことにした。ぼくは一人、伊島散策を始める。昨日に引き続き、学校を通り過ぎ、山へと進もうとすると、家庭菜園のために畑を再生しようとしている3人のおばさんに出会った。畑で、玉ねぎ、空豆、春菊、ほうれん草などの野菜を育てているそうだ。
一人のおばさんが、フレンドリーにいろいろと話してくれた。194612月の昭和南海地震、19619月の第二室戸台風の影響で、畑に潮が入ってしまい、畑ができなくなってしまった。などと…伊島での畑再生について話していると、おばさんは、「振興や活性化などについて興味あるなら、川西さんからいろいろと面白い話が聞けるわよ」と川西さん宅へぼくを連れてってくれた。「この川西さんって一体…」 
川西さん宅を訪問すると、奥さんが玄関から出てきて「旦那さんは漁に出掛けていて、海で仕掛けを張っているから少し港で待っていたらいいさ」と言われ、ぼくは港へ向かっていった。
ちょうど旦那さんの川西勲(かわにし いさお)さんが漁船で港へと戻ってきた。川西勲さんは漁師であり、1967年(昭和42年)から全国離島振興協議会の役員も務める。
川西さんから島に関することについて、いろいろと聞いてみた。一時、伊島では後継者が少なくなったそうだが、都会は不況で就職難が続き、その影響で若い人が伊島に戻ってきたそうだ。
漁業の仕事では、自分の腕と技術次第。実力勝負の仕事だ。最近では外国産のウニ、アワビ、伊勢海老が日本へと輸入され、高級とされている海の幸の単価が下落しているそうだ。

徳島県 伊島 結花の体調も回復し、二人で
川西勲(かわにし いさお)さんに話を聞いた。

昼ごろ漁網を仕掛け、早朝3時に仕掛けを捕りに行く生活… 
忙しいのにお話ありがとうございました。
We met with Mr. Isao Kawanishi. He is a fisherman on Ishima island in Tokushima prefecture and one of board members of Japan’s Remote Islands Development Organization. He set up fishing net at noon and go back to the sea to bring back the net at 3:00 in the morning.
川西さんは昼頃過ぎごろ、魚を捕るための仕掛けを海にセットして、早朝3:00に、やりこみ(仕掛け)にかかった魚を捕りに行く。今の時期は、カワハギ(別名:はげ)が捕れるそうだ。
5月~6月ごろ、伊島ではササユリが咲く。一つでも多く観光名所をつくり、伊島の魅力を多く発信するために、自分たちで島を整備している。ササユリのおかげで、最近では、島外から伊島を23時間散策して日帰りする人たちが増えたそうだ。「島」という本を出版しようと、ライターがこの島を訪れたそうだ。
この全国離島振興協議会では連絡会議があったり、6月には理事会がある。全国離島振興協議会の主な活動は、島に住む青年・若手を支援することが目的。
例えば若者の漁師が伊島に住む場合、快適な環境で漁ができるようにサポート。若者の住宅や船を補助もする。船は一台約2,500万円かかるが、漁協が船の購入で発生する利子を負担することもある。
昔と今の暮らし方を整理して、若者が住みやすいよう、時代にマッチしたサポートをするとともに、島の環境を整備する。そんな環境整備をしないと、離島が現代社会の生き方についていけなくなる。離島振興会は、「現代人/若者が暮らしやすい島づくり」を目指している。次世代を支援して、離島を活性化することがこの組織の目的だ。
他の島では、市営住宅を建てることもしている。その他、市が集団見合いを開催して、島の若者の参加も呼びかけている。伊島でも2009年に試みたようだが、伊島の多くの若者は彼女や奥さんがいるため、参加しなかったそうだ。そもそも、ぼくらの世代では、「お見合い」という言葉は流行らず、「お見合いしないと相手が見つからないの?!」的な偏見があったり、「自然な恋を実らせたい」という想いがあるのかもしれない。
徳島県 伊島出身の漁師で
 離島振興・役員でもある川西勲(かわにし いさお)さんの話を聞いた。

We met with Mr. Isao Kawanishi. He is a fisherman on Ishima island in Tokushima prefecture and one of board members of Japan’s Remote Islands Development Organization. We interviewed Mr. Kawanishi for about one hour. 


川西さんには、島に若者を増やしたいという想いがある。昔はどの島にも多くの若者がいたのに、なぜ減ってしまったのだろうか…。やはり「仕事」という問題がここにもあるのか。

また伊島では、学校とコミュニティの関係も親密。学校には机が無かったが、島民から一人600700円のお金を集めて机を寄付するような活動もしたことがあったそうだ。
川西勲さんは「Uターン」で地元の伊島へと戻ってきた。川西さんは、高校を出てからずっと漁師をしている。毎日お昼頃、漁網の仕掛けを張って、夜中000に仕掛け/魚がかかった網を捕りに行く。「それで体持ちますか?」という質問に対して、川西さんはC型肝炎の病気持ちということをぼくらに打ち明けた。

徳島県 伊島 伊島出身の漁師で、 離島振興・役員でもある

川西勲(かわにし いさお)さんに話を聞いた。
船に積まれ、魚を探知するGPSのシステムも見せてくれた。
We met with Mr. Isao Kawanishi. He is a fisherman on Ishima island in Tokushima prefecture and one of board members of Japan’s Remote Islands Development Organization. We interviewed Mr. Kawanishi for about one hour. He showed us his GPS system on the ship.

これまで夜中に起きて仕事をしている。「不規則な生活スタイルからC型肝炎になったのだろう」と話す。「あまり話したくないかなぁ」と思ったが、川西さんのC型肝炎が判明されたのは35年前…。

C型肝炎ウイルスの増殖を防止するインターフェロンの排除治療があるそうだが、川西さんにはインターフェロンがもう効かないらしい。医者からは「もう助からない」と言われているが、「判明されたのは35年前さー。でもまだ元気に働いている」と笑顔で話していた。(続きはこちら


<前回のエピソード 『day 45.4 徳島県伊島の爽やかな若手素潜漁師たち』>


ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

関連記事

  1. day 47 徳島県 伊島 小さな島に大きな『湿原』
  2. day 47.1 徳島県 伊島から宍喰温泉へ ~ぼくらが「風呂に…
  3. day 53.1 高知県 宿毛から愛媛県 宇和島(うわじま)へ。…
  4. day 50 高知県 四国最南端の『沖の島』へ向けて出発
  5. day 45.2 徳島県 四国本土最東端の『伊島(いしま)』へ
  6. day 48.1 高知県甲浦駅で都内自転車店『なるしまフレンド』…
  7. day 45.4 徳島県 伊島の爽やかな若手素潜漁師たち
  8. day 49.1 高知県 宿毛 道の駅「すくもサニーサイドパーク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima 能登で田舎暮らし希望 ドイツ出身で19歳のアルチャと輪島の龍昌寺、穴水の空家見学へ バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身 石川県穴水町 シェアハウス併設型 住める車中泊スポット「バンライフ・ステーション」にキャンピングカーに住む40代半ば秋葉さん夫婦 ~ 災害時 役立つ駐車場を目指して ~ < 最終話 > 穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup 田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル映画「Locke & Key」に登場! モリクモ 閉店 売却中 輪島市三井の“ビーガン”「モリ+クモ食堂」 閉店、家兼店舗の売却先 募集中 best yakiniku bbq meat in gotanda tokyo 五反田 最高の焼肉 うしごろ バンビーナ “ほどよい都会” 五反田の“スゴイ”焼肉店『うしごろ』 ~ “食”ブロガー一押しの焼肉 ~

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

田舎バックパッカー 娘
  1. 田舎バックパッカーハウス 秋葉博之 秋葉洋子 車中泊 ぶうすけ
  2. 中川結生 田舎バックパッカー
  3. Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road
  4. 大井川電機製作所 広報
  5. カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP