田舎バックパッカーのメディア掲載:能登・岩車『田舎体験』で盛り上がる

能登・穴水町岩車(石川県) – 田舎バックパッカーが移住した岩車が、東京などの都会からの田舎体験者たちで盛り上がっている。(今回の田舎体験に関しては、現在、ブログ作成中なので近々載せます)

2017年8月27日付けの中日新聞が、田舎バックパッカーの『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』と、NPO法人田舎時間の稲架(はざ)の組み立て作業の様子を記事で紹介してくれた。

「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」は鎌倉から移住“Iターン”したぼく(中川生馬)が、「田舎時間」は岩車に“Uターン”した半農半漁の河端譲さんと両親の河端勝男さん夫婦、新田信明さんが、岩車現地での『世話人』だ。

2つの取り組みを“ざっくり”紹介すると…

田舎体験 countryside experience

田舎バックパッカーの体験は、「能登の里山里海」を“ちょい”沢山体験で、とにかく、のんびりゆった~りの“エンタテインメント”要素が強い

もちろん、一事業として行っている。費用は、基本10,000円から(+実費)。エンタ要素が強く、内容が盛り沢山で、季節によって内容が異なるので、活動や人数によっても、費用が前後することが多々ある。実費は体験内容によってかなり変動するが、全体的に、かなりお得な価格と言われることが多い。田舎バックパッカーの体験にも、酪農、牡蠣の水揚げ、キリコ祭りなど、“汗をかき”、泥だらけになる活動もある。

NPO法人 田舎時間の活動では、1つのことを“汗をかいて”ディープに楽しく「能登の里山里海」を体験する。今回は稲刈りに向けて、稲架たてだったが、次回9月ごろには稲刈り、牡蠣の稚貝づけ、3月ごろには牡蠣の水揚げ体験がある。

田舎体験 countryside experience

費用面に関してはほとんどが1,000円+実費。それ以上かかる活動は聞いたことがないかな。そろそろ、田舎時間の取り組みに関するブログも載せなければ…

どちらも、楽しくて、現地の人と連携、田舎ならでは!?の“ざっくばらん”感の部分に関しては変わりない。体験内容の“深さ”や“エンタ”要素が違う点かな。

田舎で、とにかく汗をかいて、“ディープ”な活動をしたいぜ!って人は『田舎時間』で、のんび~り・ゆった~りと広く浅く“エンタ”要素も混ぜた奥能登体験をしたい!って人は『田舎バックパッカー』の体験向けってところかな。

それにしても、着々と、岩車が盛り上がってきている感じがするなぁ。

能登 田舎体験

【田舎バックパッカーの『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』。中日新聞の武藤周吉記者も洋上パーティーに同行して取材】

石川県 能登 田舎体験

【NPO法人田舎時間の稲架(はざ)たて体験。里山里海に囲まれた環境で汗かく作業もいいもんだよね】

フィリピン ブロガー ツアー

田舎体験:フィリピンへのブロガーツアーでつながった仲間 4回目の能登

珠洲 グランピング

田舎体験1日目:珠洲の高波海岸とグランピングサイト 周辺散策とドローーーン

珠洲 ランチ むろや

田舎体験1日目:珠洲の“田舎感”満載の民宿 食堂『むろや』

奥能登芸術祭

今日、奥能登国際芸術祭 開催!だが…何トンもの『陶器の破片』が珠洲 見附島に漂流中!?

ラトリエ・ドゥ・ノト 輪島 フランス料理

“イナ旅”初のフランス料理 “ざっくばらん”で田舎感ある能登の『ラトリエ・ドゥ・ノト』

輪島大祭 キリコ祭り 輪島崎町

田舎体験1日目:輪島の漁師町『輪島崎町』の輪島大祭キリコ祭りへ

洋上パーティー

田舎体験2日目:穏やかな里海だからできる『洋上パーティー』&『畑でバーベキュー』

能登 ドローン

田舎体験3日目:奥能登ドローン“イナ旅”へ ~ 能登半島を空撮 ~

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す