Noto Suzu - 能登 珠洲市

【田舎体験1日目】珠洲の“田舎感”満載の民宿 食堂『むろや』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
天然岩がき丼 牡蠣 珠洲 昼食

奥能登でドローンを飛ばし、空撮から始まった『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』1日目。(前回までのお話しはこちら

珠洲の高波海岸でドローンを飛ばしていると、あっという間に時間が過ぎ、かなりの空腹具合。

続いて向かった先は、知る人ぞ知る能登半島先っぽの方にある定食屋「むろや」だ。

冬の能登と言えば真牡蠣、夏と言えば岩牡蠣

岩牡蠣は、明日の洋上パーティー後のバーベキューで食べるので…

“普通の岩牡蠣”ではなく、今回、Kyahさんからの「岩牡蠣を食べたい!」というリクエストから、向かった先は、特長ある喋り方の店主と、歳をとっても食堂の現場に立っていたいという熱意と頑張りを感じるおばあちゃんがいる食堂「むろや」。

食堂の隣では民宿「むろや」を営む。

珠洲 ランチ むろや

今回、Kyahさん夫婦とぼくが「むろや」へ行くのは2度目。

「むろや」にはぼくら含め8人ほど入っていて、うち2人は翌日8月26日(土)に開催された「第28回トライアスロン珠洲大会」に参加する選手。

1人は偶然にもぼくと同じ鎌倉出身で、過去数回ほどこのトライアスロンに参加したそうだ。

天然岩がき丼 牡蠣 珠洲 昼食

天然岩牡蠣丼は夏限定。

生の岩牡蠣がのった丼ものかと思ったが、のっていたのは調理済みの大きな岩牡蠣3つ!

サザエ丼 珠洲 sazae don suzu noto

サザエ好きのKyahさんたちのお薦めは、期間限定なくいつでも食べられる「サザエ丼」で、このサザエの切り刻み方と味付け具合が相当気に入ったようだ。

むろや 魚 頭 珠洲 ランチ【各メニューに魚の頭がついてきた】

 

民宿 食堂「むろや」概要

● 営業時間: 11:00ごろ(店主が市場から戻った時間帯ぐらいから)~19:00ごろ

● 場所: 珠洲市蛸島町ナ-123

● 電話: 0768-82-1188

● 宿泊料金:
・素泊まり 4,320円(税込)
・1泊2食 7,560円(税込)(HPによると「ビジネスプラン」は割引ありとのこと)

● Wi-Fi完備

むろや 海鮮丼 珠洲 ランチ【珠洲 民宿・食堂「むろや」】

珠洲 むろや メニュー ランチ【珠洲 民宿・食堂「むろや」のメニュー】

のと鉄道 蛸島駅【むろやは、珠洲 のと鉄道 旧・蛸島駅前にある】

珠洲 民宿 食堂 むろや アンコウ つるし切り【北國新聞「むろやの店主 豪快 あんこう つるし切り」】

珠洲 ランチ むろや 能登・珠洲の民宿「むろや」で“能登の幸”のった海鮮・サザエ・イクラの丼ぶり三昧

 

 

Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!ぜひぜひ、ご注文くださいね!^^
シェアハウス, バンライフ, 住める駐車場, 能登, 石川県穴水町, 車中泊 【お知らせ】『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 能登・珠洲の民宿「むろや」で“能登の幸”のった海鮮・サザエ・イク…
  2. 冬 珠洲 禄剛崎 能登半島 日本 列島 中心 冬の「日本列島の中心」 能登半島の最北端 禄剛崎
  3. suzu mitsukejima island 石川県 能登 珠洲 見附島 サギ カラス 住む島 田舎体験 2日目 奥能登一周 海岸に浮かぶ…巨大な珪…
  4. 奥能登一周中 輪島 - 昨晩、新田信明さんの“石トーク”の影響か?!みんな、垂水の滝周辺の石に興味津々になっている。 田舎体験 2日目 奥能登一周 滝の“上”と“丸石”が気になる 『…
  5. day 13.3 奥能登一周旅 『ランプの宿』駐車場でのテント泊…
  6. day 13 奥能登一周旅 “アベック”で有名になるぼくらバック…
  7. <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登半島の先端に…
  8. 珠洲 つばき茶屋 day 13.1 奥能登一周旅 珠洲の『つばき茶屋』へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

珠洲 つばき茶屋 day 13.1 奥能登一周旅 珠洲の『つばき茶屋』へ day 10 石川県輪島から50キロ沖合に浮かぶ舳倉島へ 穴水町 田舎体験 移住者 鎌倉 村尾茂雄 キリコ祭り 【メディア掲載】キリコ祭りの『田舎体験』で縁結ばれた村尾さん夫婦 能登・穴水町岩車へ ジャパファンカップ サッカー 福島 国際親善試合 リトグリ 福島でU-18東北選抜 対 東南アジア選抜の国際親善試合「JapaFunCup<ジャパファンカップ>」開催 mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち 【メディア掲載】プロモ映像に登場!世界5大の自動車祭典「東京モーターショー2019」の歴史に残る!?

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 能登デモクラシー,石川テレビ,五百旗頭幸雄,裸のムラ,はりぼて,穴水町,石川県,穴水町 町長,穴水町役場
  2. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  3. 東京新聞,Carstay,カーステイ,能登半島地震,キャンピングカー,RV,Ishikawa,Suzu,Anamizu
  4. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

石川テレビ、穴水町の実態が露呈!?長編ドキュメンタリー番組「能登デモクラシー」 5月26日(日)13:00〜放送
【令和6年能登半島地震】石川県穴水町でオープン中のお店一覧と営業時間情報など(5月9日現在 一部更新)
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
day 80.1 “戦争の悲劇”を長崎原爆資料館で ~ 原爆投下候補地は17ヵ所だった?! ~
能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な“住める駐車場”『田舎バックパッカーハウス Station 1』について
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラー』
【田舎旅】今夜は『道の駅 やたて峠』車中泊 “茶色”の温泉350円
【バンライフ&車中泊アイテム】夏 クルマ付近に蚊・虫を寄せ付けないランタン?!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
PAGE TOP