田舎旅するバックパッカーが“とある”旅雑誌の表紙に登場するよ!

能登・穴水町岩車(石川県) – さてさて、“動く拠点”を活用して田舎旅するバックパッカーのぼくは近々“とある”旅雑誌の表紙に登場する。

ぼくがこれまで行ったことがある本屋の“旅”や“アウトドア”のコーナーには必ず置いてある旅雑誌。都会だけでなく田舎含め、おそらく全国どこの書店でも手に入れることができる。穴水町(あなみずまち)にあるコメリ書房でも購入することができるので…大体どこでも購入できるだろう。

 
●昨日…“とある”雑誌の編集長とカメラマンが5時間かけて岩車(いわぐるま)へ…
昨日、北陸新幹線に乗って“とある”旅雑誌の編集長とカメラマンが約5時間かけて、東京から能登へ来てくれた。そして、ここ岩車の漁港でその表紙撮影が行われたのだった。

能登・穴水町岩車(石川県) - バックパッカーの“とある”旅雑誌撮影 Cover page photo shooting in Iwaguruma, Noto.

能登・穴水町岩車(石川県) – バックパッカーの“とある”旅雑誌撮影 Cover page photo shooting in Iwaguruma, Noto.

編集長は「金沢から...奥能登の岩車へ…予想以上に時間がかかりましたね。甘く見ていました(笑)」っと…

数時間の撮影のために、遥々、能登へ…岩車へ…大変嬉しいことだ。表紙撮影のために、ここまで遠出の出張は今回が初めて。

地元の半農半漁の川端勝男さんに協力をいただき、撮影には能登・岩車の特産物である牡蠣も活用させてもらった。もちろん、撮影後には、二人に牡蠣を振る舞った。

能登・穴水町岩車(石川県) - バックパッカーが移住した岩車の村 Village of  Iwaguruma, Noto, in Ishikawa Pref.

能登・穴水町岩車(石川県) – バックパッカーが移住した岩車の村 Village of Iwaguruma, Noto, in Ishikawa Pref.

最近、地元漁師さんの牡蠣を友人に紹介販売をしていて、ものすごく評判が良い牡蠣だ。

ちなみに、“絹モズク”の評判もめちゃくちゃ良く、牡蠣とモズクをセットで、送っている。牡蠣とモズクの旬はおそらく今月一杯で終わるかな…っと話しは少しそれてしまったが…

今回能登へ来てくれたカメラマンは登山関連の撮影が多いようで、来週にはマレーシアのボルネオ島へ行くらしい。それも登山撮影だ。様々なスポットへ行けて楽しそうだが、機材を担ぎながらの撮影は…ホント大変だ。

“私事(しごと)”…いわゆる自身の“ライフワーク”と考えなければできない仕事だろうなぁ、っと想像してしまう。

 
●“とある”旅雑誌とは…
“ある人”にとっては「なんであいつらが表紙飾ってんだ!」っと、サプライズになるだろうなぁ~と思いつつ…

今回は“とある旅雑誌”ということにして、具体名は発売日間近に公開したいと思う。(笑)

ちなみに、先月(2015年4月)の宝島社「田舎暮らしの本」、ラジオ文化放送に続く、メディアでの登場となる。

もろもろ基盤が整ったら、今自分が手掛けている“私事”を広報していきたいと思っているが…現段階では“私事”柄「広報」も手掛けているからと、自身を広報しているわけではない…(笑)

能登・穴水町岩車(石川県) - バックパッカーの“とある”旅雑誌の表紙 撮影 Cover page photo shooting in Iwaguruma, Noto.

能登・穴水町岩車(石川県) – バックパッカーの“とある”旅雑誌の表紙 撮影 Cover page photo shooting in Iwaguruma, Noto.

「え?!表紙に登場するって…一体、この田舎旅するバックパッカー生馬(いくま)ってやつはなに者なんだ!?なにをしているんだ?!」という人も多いかと思うが、まぁ、引き続き、ストーリーを読んで“解読”してほしい。

ではでは、近日、公開予定の“とある”旅雑誌をお楽しみに!

そして、その表紙を飾った後…これもサプライズになるが、別途、バックパッカープロジェクトのため、短期間だが、ぼくは能登・岩車を旅立つことに…

一歩づつ地道に…ちょこちょこと毎年“進化”を成し遂げているバックパッカーであった…(っと勝手に自分で思い込んでいる)

さて、その表紙登場の旅雑誌の正体は...こちら

 
 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 



コメントを残す