Media / PR - メディア掲載

【メディア掲載】「Lancers マガジン」に『広報の経験豊富なランサー』として登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

“個人が過ごしたい場所・仕事をしたい場所”が重視されるライフスタイルの時代に突入するのだろうか?

さて、ネット上で企業が個人に仕事を発注する“クラウドソーシング”のランサーズ社のウェブマガジン「Lancers(ランサーズ)マガジン」が取り上げたTeachme(ティーチミー)のウェブサイトを運営するスタディスト社のインタビューで、“少し”だけ『“広報活動に関するアドバイス”の経験豊富なランサー』として、(実名は載っていないが)大変ありがたいことにバックパッカーのぼくが紹介されている。

スタディスト 取締役の庄司 啓太郎さん、社長の鈴木 悟史さん、執行役員CMOの豆田 裕亮さん

東京都神田 – クラウド上でマニュアルのプラットフォーム『Teachme Biz』を提供するスタディスト社のみなさんと。(左から)取締役の庄司 啓太郎さん、社長の鈴木 悟史さん、執行役員CMOの豆田 裕亮さんの3人と広報を行っていた。

Teachmeは、物事の手順「“How To”/ステップガイド」の基盤を提供し、発信しているおもしろいサイトだ。ぜひ、見てみてほしい。(Teachmeはこちら。法人向けのサイトはこちら

 
●「Lancers(ランサーズ)マガジン」 スタディスト社のインタビューページ内

例えば、マークとロゴのデザインだけでなく「広報活動に関するアドバイス」を経験豊富なランサーの方に依頼しています。サービスをメディアにPRする際に「どういう切り口でアピールしていけばよいか」ということをWeb会議でアドバイスしてもらい、私たちの広報戦略に役立てています。

 

「Lancers(ランサーズ)マガジン」で、『“広報活動に関するアドバイス”の経験豊富なランサー』としてバックパッカーなぼくが紹介されている(詳しくはこちら)

「Lancers(ランサーズ)マガジン」で、『“広報活動に関するアドバイス”の経験豊富なランサー』としてバックパッカーなぼくが紹介されている(詳しくはこちら

<< 新しい働き方 >>

最近、様々な「働き方」が増えていることを実感している。あらゆる「働き方」に理解を示している柔軟な“人たち”も多くなってきている。

携帯の電波網が拡大し、インターネットは自宅からだけでなく、外でも使えるようになり、“会社”に居なくても十分仕事ができる時代になってきた。

それに気づいている人たちは既に、ADSLが普及し始めたころから、自宅をオフィスにして、遠隔/リモートでの仕事を実践していることだろう。「いいから会社に来い!」という時代はもうとっくに終わっている。

そのうち、コスト削減のために、自社ビルを持たない時期がやってくる。

自社ビルどころか、会社のオフィスはなくなり、定期的にミーティングをする“場”をレンタルするだけになるのでは?

ぼくのように、田舎/地方を拠点にしたり、キャンピングカーを“動く拠点”/モバイルサテライトオフィス化して、“なにかを始める”時代になってもおかしくないのだ。

さすがに、ハイエースをオフィスにする人は、少ないかもしれないが…ルーフ/屋根に大容量のソーラーパネル、社内に電気を蓄電するサブバッテリーを搭載すれば、問題なくなるだろう。

トヨタ自動車HPのハイエースページで紹介されたぼくら。ウェブサイトのリンクはこちら。

トヨタ自動車ホームページのハイエースページで紹介されたぼくら田舎バックパッカー(画像をクリックすると、これに関するメディア掲載ページに飛びます)

トヨタのホームページ内の、ハイエースページに登場する田舎バックパッカー(詳しくはこちら)旅人ならではの『移動型定住ライフスタイル』…面白くない?

インターネットが普及、ネットの回線はISDNやADSLから、光ファイバー、そしてWi-Fiルーターやスマホのテザリングへと進化。同時にPCも、デスクトップから、ノートパソコン、スマートフォン、タブレットなどへと小型化、高速化を成し遂げ、今や、人がモノについていくことが困難な時代だ。

本格的な『モバイル』時代に突入し、動きなら仕事がしやすい環境が整ってきている。

“いつでもどこでも仕事ができる”時代に突入していて、これらテクノロジーをフル活用しないと、まさに“もったいない”時代なのだ。

これは“IT”に関する仕事だけに言えることではない。広報はITの職種ではない。

なんでも便利なものを“活用”しようとすれば、どの職種でも実現可能になることだろう。“フリー”に生きたい人、ぜひ、“シンプルな工夫”をしてみてくれ。

この時代をどうやって“過ごしたいか”を個人が決められる時が到来している。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. zdnet japan headline newsletter 大手IT系メディア『ZDNet』編集後記に田舎バックパッカーが載…
  2. 福井 ユーチューバー 車中泊 スポット 【YouTube】福井のユーチューバー再び『田舎バックパッカーハ…
  3. 中日新聞 車中泊 田舎バックパッカーハウス バンライフ 安倍大資 池辺政人 【メディア掲載】中日新聞「わが道を行く 車中泊の魅力 コロナ禍『…
  4. Connor Jessup Yui Boys by Girls 【メディア掲載】カナダ出身の映画俳優/監督コナー・ジェサップ執筆…
  5. 米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝) 【メディア掲載】アメリカ・テキサス州出身の一家 能登・穴水町で田…
  6. テレビ金沢 バンライフ TV Kanazawa Vanlife バンライフ ジャパン 【メディア掲載】テレビ金沢特集『注目の“バンライフ” 車がつなぐ…
  7. 徳島のラジオ局「エフエムびざん(FM79.1)」にぼくらバックパ…
  8. 読売新聞 バンライフ 職も住も バンで快適 長期滞在駐車場 穴水に 【メディア掲載】 読売新聞にCarstayとの取り組み「職も住も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

中津川 day 2 静岡県浜松市 一眼レフカメラの事故… 白駒の池へ “歯が抜けてまで”制作した『上勝くるくるまっぷ』の中身とスゴさ テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県 【メディア掲載】北陸エリアのテレビで特集「バンライフに物語あり!?」 その内容はいかに!? 移住定住 引っ越し 地方 【能登での田舎暮らし】「移住」はただのお引越し?いつまで移住先にいるの? Elizabeh McInnis ベッツィ 穴水町 現実は“夢”から「日本の若者は現実を見すぎ」3年間の能登・穴水での田舎暮らしを経て…アメリカ人先生 ベッツィ

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
フジテレビ めざまし8 AU,AU電波障害
  1. 穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会
  2. inaka backpacker japan
  3. 穴水 車中泊, 石川県 バンライフ,北陸 バンライフ, 中川生馬
  4. 穴水町 車中泊,石川県 車中泊,石川県 バンライフ,ふれあいパーク
  5. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【能登での田舎暮らし】石川県穴水町の小学校の統合に関する説明会 7月14日開催 そもそもなぜ統合ありきで話しが進んでいるのか?
day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い
脚本執筆のために「田舎バックパッカーハウス」シェアハウスに滞在したConnor Jessup(コナー・ジェサップ)の新作ドラマ
【星空旅スポット】能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~
day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~ 自己ブランドを構築する荒木健吉さん ~
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
石川県穴水町のシェアハウス兼“住める駐車場”車中泊スポット「田舎バックパッカーハウス」< 公式概要と利用料金について>
【能登での田舎暮らし】添加物賛成・反対派に関する質問をみて 結局 添加物ありがいいの?なしがいいの?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。