INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

“キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』4話目: 能登の“穴場”絶景スポットへ寄り道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
世界一長いベンチ longest bench in Ishikawa Noto

“キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』1~4話目と題しながらも、中々本題の「キリコ祭り」の内容にたどりつかないが、そんな頻繁に見ない能登の景観を載せていくので、我慢してほしい。(前回のお話しはこちら

ぼくらは今回、穴水町(あなみずまち)周辺だけでなく、能登半島(石川県)のあらゆる穴場スポットへ行くことにした。昨日、参加者のみんなといきなり、信濃大町駅(長野県)で別れ、富山県を経由して、能登半島の千里浜なぎさドライブウェイ(羽咋市)に到着した。

千里浜なぎさドライブウェイ  ハイエース

【奥能登をバックパッカー+“動く拠点”ハイエースで駆け巡る: 千里浜なぎさドライブウェイ(羽咋市)で田舎バックパッカー夫婦のイクとユカ】

今日、千里浜から北上して、棚田100選の白米千枚田(輪島市)まで行く予定だ。

そして、穴水町(あなみずまち)へ向かい、何度行っても名前がユニークなお店「どんたく」で合流。そこから、同町岩車地区の新田信明さん宅へ行き、キリコ祭りに参加する。

さて、日本で唯一砂浜をクルマで走れる千里浜ドライブウェイを宝達志水町方面へと下る…といきなり、北上する予定だったが、ぼくらが到着した入口は羽咋市のドライブウェイ終点地点だったので、宝達志水町へと下った。

羽咋市のドライブウェイ終点には現在、砂のアート作品が展示されている。

千里浜なぎさドライブウェイ  地引網

奥能登をバックパッカー+“動く拠点”ハイエースで駆け巡る: 千里浜なぎさドライブウェイ(羽咋市)。地曳網漁?!をしている様子。

昨晩、ここに到着して、この大きなキングスライム(ゲーム「ドラゴンクエスト」のモンスター)を見たときは…少しびっくり。到着していきなり遭遇したのはこの巨大なモンスターだったのだ。

千里浜なぎさドライブウェイ 砂アート

奥能登をバックパッカー+“動く拠点”ハイエースで駆け巡る。ドラゴンクエストのキングスライムなどのモンスターたち。「千里浜なぎさドライブウェイ」 終点にある砂のアート(2012年9月) 「6つのオブを探せ!~そして千里浜へ…~」 by 導かれし者たち。

そんな能登への短時間の旅で感じることは、人の心の温かさ…“人情味”だった。ただ“旅”をするだけでなく、人と触れ合うことの良さを、ちょっとしたことから改めて感じる。

日本最古の木造建築の灯台「旧福浦灯台」方面への途中、道に迷っているわけではなかったのだが、田舎道で停まって、写真を撮るなどして、次の行き先を考えていると、クルマに乗っている人が、走らせているクルマをわざわざ停めて「道迷ったの?連れてってあげようか?私のクルマの後をついてきな」と問いかけ、先導してくれた。

そんな出来事が半日で2回ほどあった。「改めて親切な人たちがいるなぁ…」と感じるし、今回もこれまでのバックパッカー旅とは違い、限られた時間の旅だったので多くの人たちと深く触れ合えなかったが「もっと時間があればなぁ…もう少しお話ししてみたいなぁ」と思ってしまう。

奥能登 人情味

奥能登をバックパッカー+“動く拠点”ハイエースで駆け巡る: 道に迷ったわけではなかったが、わざわざ走らせているクルマを停めて「道迷ったか?大丈夫か?」と問いかけてくれる能登の人たち。

荒い波が舞う日本海に面した能登…サスペンス系のテレビドラマなどから、「日本海=寒くて冷たい海」などから連想される暗いイメージを持つ人たちが多いかもしれないが、あくまでもそれはイメージだけで、実際は全くそんなことはない。

旧福浦灯台 バックパッカー 旅

奥能登をバックパッカー+“動く拠点”ハイエースで駆け巡る: 旧福浦灯台周辺を歩く。足元にはカニが…

千里浜なぎさドライブウェイ  ハイエース キャンピングカー

奥能登をバックパッカー+“動く拠点”ハイエースで駆け巡る: 千里浜なぎさドライブウェイ(羽咋市)でキャンピングカーとすれ違う。

気多大社 椨の木(たぶのき)

奥能登をバックパッカー+“動く拠点”ハイエースで駆け巡る: 樹齢約1000年の椨の木(たぶのき)。縁結びの神社として知られる気多大社で拝殿や神門は国指定重要文化財。

気多大社 バックパッカー 旅

奥能登をバックパッカー+“動く拠点”ハイエースで駆け巡る: 気多大社(けたたいしゃ)でお祈り。

旧福浦灯台 バックパッカー テント 旅人

奥能登をバックパッカー+“動く拠点”ハイエースで駆け巡る:旧福浦灯台。1608年に地元の住民・日野長兵衛さんにより建てられた日本最古の木造建築の灯台「旧福浦灯台」。1876年に建てられた現在の灯台はその子孫の日野吉三郎さんが建造した。

ぼくら田舎バックパッカー夫婦はこのまま能登半島を北上。次に向かった“絶景”スポットは…(続きはこちら

<前回のストーリー: “キリコ祭り”の『田舎体験』3話目: 信濃大町経由 千里浜なぎさドライブウェイへ

<次回のストーリー: “キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』5話目: 能登の“崖っぷち”絶景スポットへ

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 能登ワイン ぶどう畑 【田舎ライフスタイル体験 in “里山&里海”能登・穴水町】 D…
  2. 能登イベリコ豚を飼育する道坂一美さん宅で昼食 <写真で振り返る>『ヤスヨとヤスコ』の田舎体験、道坂一美さん宅で…
  3. 能登の農家民宿 ゆうか庵 輪島塗 夕飯 昼食 ishikawa noto town hostel experience wajima nuri lunch dinner <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登町の豪華“料…
  4. countryside experience noto ishikawa japan 田舎体験 穴水町 岩車 田舎体験 2日目 洋上パーティー&釣り バーベキュー!
  5. Visitors from South Africa 南アフリカ 能登 石川県 訪問 宿泊 田舎体験: 南アフリカから能登 岩車への田舎旅「ここが一番良かっ…
  6. 奥能登一周 地図 map of noto sightseeing spot map 田舎体験 奥能登一周のまとめ地図
  7. 能登 田舎体験 田舎体験1日目最後は…“車庫”で牡蠣だらけの『里海ウ…
  8. 能登 田舎体験 生牡蠣 noto anamizu raw oyster 冬の“楽暖”で“ざっくばらん”な田舎体験 2日目・前編 ~ 牡蠣…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  1. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  2. mobile lifestyle 移動型定住 東京モーターショー 家族
  3. のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣
  4. work space countryside in Japan
  5. ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima
  6. 田舎旅 バックパッカー backpacker in Japan
どんより 天気
  1. 穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  2. つぶやき ツイート ブログ
  3. 穴水町 岩車 能登 夕暮れ
  4. つぶやき
  5. vanlife station noto anamizu japan バンライフ ステーション 穴水町 川尻 移住者
  6. 鉄塔解体 バンライフ 有明正之

ランキング

PAGE TOP