day 81.1 長崎県 大瀬戸から“池島”に向けて出発 ~池島ってどこ?池島に何のご用?~

2011131日(月)ぼくらは昨晩、西海の大瀬戸に到着し、主に給食センター用のパンを作っているパン屋さんのお宅で一晩お世話になった。泊めてもらっただけでなく、お土産に美味しいメロンパンやチョコロールなどの焼き立てのパン、霧島焼酎もいただき、大変ありがたいことに、“ぼくら好み”の旅の食材が増えた。

焼酎が丸々2リットルと…バックパックがかなり重くなってしまったが、旅でお酒の費用が2番目にかかるぐらいの酒好きで、ものすごくありがたいし、例え荷物が重くなっても断れないお土産なのである。ちなみに、このバックパッカー旅で、1番費用がかかるのは、やはり交通費である。

長崎県 池島へ向かう前に岡﨑さん、頂いたパンと結花

さて、今日、午前中、パンの製造現場を見学させてもらった。
ぼくらが、次に向かう先は、大瀬戸から定期船で行ける“池島(いけしま)”だ。


「生馬と結花子、なぜ池島へ行くの?」

ここにぼくらが聞いたことのない島があるから」である。

「その場所を知らないから知りたい」が最大の理由である。まぁ、サブタイトルに書くほどの事でもないかもしれないが、そんなシンプルな理由である。旅先を決めるとき、「“どんな理由”で、“なぜそこへ行くのか”は…まぁ言えば“人の自由”“人の勝手”“気の向くまま”」など、まぁ人それぞれということだ。旅先を決めるときって、そんな理由で十分ではないだろうか。


池島までは30分、片道料金は430円(高速船はプラス150円)。ぼくらは、1534発の高速船で池島へ向かった。船の中で、岡﨑さんから頂いたパンを食べたが、やっぱりもちもちしてかなり美味しい!何がこんなに美味しくしてくれるのだろうか…

ざっとだが、池島への行き方は…長崎駅からNTT大瀬戸(定期船の乗り場付近のバス停)まではバス。「桜のバスターミナル」行きのバスに乗り、「桜のバスターミナル」のバス停から、「板の浦行き」のバスに乗り「NTT大瀬戸」のバス停で降り、池島への定期船/商船 発着所付近の港へ徒歩。

池島への定期船/商船の時刻表は下記のとおり(20121月現在)。池島への所要時間は約30分。

■西海沿岸商船(大瀬戸営業所 Tel. 0959-22-0649
大人:430円 子ども:220
池島⇔大瀬戸
池島発
大瀬戸発
0644 フ
0610 フ
0750 フ
0717 フ
1048 フ
1015 フ
1417 フ
1244 フ
1700 フ
1534 高
1840 フ
1627 フ
1808 フ
フ: カーフェリー(車での乗船可)
高: 高速船(人のみ乗船可)
料金 580

ぼくらは昨晩、岡﨑好昭さんと一生さんに、今日向かおうとしている池島について、聞いてみた。池島は、炭鉱(たんこう)(いわゆる石炭を掘り出す鉱山(こうざん))の島として、最近まで栄えていたそうだ。“5年前…”に炭鉱が閉山。中国などの安い石炭資源にはかなわなかった。
中国のエネルギー資源は、60%70%以上が石炭で賄われていたほどで、大量な石炭資源がある。中国やその他の国々から、安い石炭が輸入されると、日本の炭鉱が閉山になっても無理もないのかもしれない。

島の海底まで掘り起こしていて…「伊王島、高島などとつながっているんじゃないかなぁ…それはないかなぁ…」とのことだった。伊王島や高島は長崎の南部・長崎半島に位置する島々で、池島からは2030kmぐらい離れているのではないだろうか…

これら池島に関する話は、岡﨑さん兄弟が若いころのお話、その後どうなっているか…実際これら内容が正確なのか…はわからない。現地に行って、いろいろと聞いてみよう。

池島は炭鉱の島…そもそも“炭鉱の島”ってどんなもんなんだろうか?しかし、閉山したと言っていた。果たして池島には今、何があるのだろうか…どんな発見が…(続く

長崎県 あれが池島…



2件のフィードバック

  1. 2016-12-25

    […] 2011年2月1日(火) – ぼくらは今、池島にいる。ここは東シナ海に浮かぶ長崎県の小さな島。昨晩、Iさん宅に泊めさせてもらった。池島には温かく優しい人が多い。今朝7:00に起 […]

  2. 2016-12-25

    […] 2011年2月1日(火) – ぼくらは今、池島にいる。ここは東シナ海に浮かぶ長崎県の小さな島。昨晩、Iさん宅に泊めさせてもらった。池島には温かく優しい人が多い。今朝7:00に起 […]

コメントを残す