day 70.2 漆芸作家Suzanne(スザーン)さんとClive Ross(クライブ・ロス)さんとの出会い ~ 別れるか、日本へ行くかの選択 ~


 

能登・輪島市(石川県) – Suzanne Ross(スザーン・ロス)さんは、出身地イギリスに住む友人の結婚式に出席するために一時帰国した。

その時に、Clive Ross(クライブ・ロス)さんと出会った。その後、クライブさんも来日し、日本でスザーンさんと結婚したそうだ。(前回の話しはこちら

スザーンロス 輪島 イギリス

【石川県輪島市 Ross(ロス)さん夫妻と記念撮影。Suzanne Ross(スザーン・ロス)さんとClive Ross(クライブ・ロス)さん】

 

スザーンと別れるか、日本に来るかの大きな選択

別れるか、日本に来るかの選択だった。

スザーンさんのように自分の思い描いた夢を追いかけている、こんな素晴らしい人とは出会ったことがない。それに、冒険が好きで、日本で暮らすという冒険もいいなぁと思った。

イギリスにいたとき、石油会社のシェルに勤め、お金は良かった。しかし、『お金が良かった』…ただそれだけだった」と、クライブさんは笑いながら話していた。

クライブさんは現在、英語教室を開いたり、翻訳などの仕事をしている。

同時通訳のプロも目指して、勉強をしているそうだ。

クライブさんのサポートもあってからこそ、スザーンさんは今の仕事に専念できるのだろう。

スザーンロス 輪島

【石川県輪島市 Ross(ロス)さん夫妻と新田信明(にった のぶあき)さん】

ぼくらもざっと自己紹介や現在の生き方を話すと、「若いのにしっかりしていますね」と褒められた。

「しっかりしている」のかはわからないが、ぼくらは正しいと感じる道を歩いている。ただそれだけだ。

クライブさんはすごく幸せそうな笑顔で話す人だ。(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に ~ 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い~』>

<次回のストーリー 『day 70.3 予想外の日本滞在“約20年” 「ペンキ塗りは得意。輪島塗を3ヶ月でマスターできると思った」と漆芸作家Suzanne Ross(スザーン・ロス)さん』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す