2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年10月17日(日) – さて、舳倉島(へぐらじま)に到着して、島の中心をうろうろしている。

すると…ぼくらバックパッカー夫婦が背負っている重そうなバックパックをみた一人のカメラマンが、「灯台のとなりにある『へぐら愛らんどタワー』に荷物を置いておいても大丈夫だろう」とアドバイスをしてくれた。

この活気がない島に、カップル向けの微妙な「愛」を感じる名前のタワーだ。

石川県舳倉島(へぐらじま)には真中の灯台の他にいくつかのタワーがある。

石川県舳倉島(へぐらじま)には真中の灯台の他にいくつかのタワーがある。

彼は一度、このタワーに泊まったことがあるそうだ。前にも書いたが、国定公園だったので、キャンプはNG。ぼくらは「なるほどその手があるのか…」と顔を合わせた。

タワーに向かっている途中、ぼくらにとって“親切すぎる”2人のカメラマン2人と出会ってしまい、宿泊先について考えさせられた。

ぼくらに、「重そうな荷物だね」と尋ねる。「テントや寝袋が入ってるんですよ」とぼくが余計な一言を返答。すると「ここは国定公園だからキャンプは禁止だよ。知ってるよね?あと、北朝鮮の拉致問題もあるから、セキュリティ上、キャンプはしないほうがいいよ」と言う。



つかさの民宿前に広場があるから、宿の人にテントを張ることができるか、交渉するといいよ」と続ける。親切なアドバイスだった。

宿の広場と交渉してみるか。結花はこんな意見に想いが揺れてしまう。この意見で、結花は、「その辺に張るのやめようよ。宿の人と交渉しようよ。ちょっと怖くない?」と、テントを張りたくないモードになってしまった。

とりあえず、タワーに行き、二人のバックパックを置いた。

「へぐら愛らんどタワー」内には、北國新聞社の舳倉島や七ツ島の自然環境調査団から寄贈された収集品や、島の紹介写真の展示コーナーが設置されている。

タワーの利用可能時間は、9:30~16:30。17:30以降は、玄関扉が自動的に施錠される。ドア横に自動施錠の機器が付いている… 念のため、17:00までに戻ることにした。

石川県舳倉島(へぐらじま)で見つけた小さなカマキリ。Tiny mantis on Hegura Jima island.

石川県舳倉島(へぐらじま)で見つけた小さなカマキリ。Tiny mantis on Hegura Jima island.

島の半分を見たが、渡り鳥の写真家以外、数人しか島民を見なかった。

島の半分を回ったときに、民宿「つかさ」に寄った。ここで、食事だけすることは可能のようだ。そして「どこで泊まるの?」と聞かれる。「特に決めてない」ことを話すが、また「テントNG」意見を聞くと、結花が弱気モードになってしまう。

蚊や虻も多いから、テントはきついよ」と言われ、「民宿前の広場にテントを張れば?蚊取り線香もあげるよ」と親切なオファーをいただいた。

ぼくは、ハーフパンツを履いていて、既に足を10個以上、蚊に刺されていた。

バックパックに長ズボンが入っているが、それを出して履くことが面倒だったわけだ…(続きはこちら

石川県舳倉島(へぐらじま)の「民宿つかさ」でビールを購入。

石川県舳倉島(へぐらじま)の「民宿つかさ」でビールを購入。A guest house / minshuku Tsukasa in Hegura Jima island.

<前のストーリー 『day 10.2 舳倉島に到着』>

<次のストーリー 『day 10.4 舳倉島の渡り鳥 / Photos of migratory bird on Hegura Island』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 長野県 白駒池 女 バックパッカー day 4 長野県茅野 バックパッカーと消防士・矢島さんとの出会…
  2. 輪島 フランス料理 ラトリエ・ドゥ・ノト 池端隼也 土門 ロブション french wajima latelier de noto “イナ旅”初のフランス料理 能登・輪島の『ラトリエ・ドゥ・ノト』…
  3. 横石知二 葉っぱ 上勝町 “葉っぱ”ビジネスと国内の地域活性のリーダー横石知二さん、能登へ…
  4. day 14.2 奥能登一周中 再び穴水町へ ~ 今度は町役場へ…
  5. day 10.1 石川県 舳倉島への定期船
  6. day 13.3 奥能登一周旅 『ランプの宿』駐車場でのテント泊…
  7. スザーンロス 輪島 イギリス day 70.2 漆芸作家Suzanne(スザーン)さんとCli…
  8. 能登・輪島市(石川県) - 「朝市」の漆器店「一よし」 <写真で振り返る>『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。 【メディア掲載】中日新聞『動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」』 nuroモバイル ソネット 0SIM 通話向け最安MVNO格安SIM「0 SIM」20年8月末でサービス終了 | 田舎でITレビュー 福岡県 小呂島 day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~ Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road 【メディア掲載】日本最大の英字紙『The Japan Times』やアメリカのRVニュースサイトに登場 動く家 モバイルハウス 軽トラハウス モバイルハウスビレッジ こんな家いかが?走るよこの「ワンベッドルーム軽トラック」

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road
  1. 大井川電機製作所 広報
  2. カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar
  3. campervangelist ikuma nakagawa vanlife station
  4. スタートアップ 災害時 俊敏 スピード
  5. かんぽの宿 車中泊 カーステイ Carstay

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP