Noto Suzu - 能登 珠洲市

能登・珠洲の民宿「むろや」で“能登の幸”のった海鮮・サザエ・イクラの丼ぶり三昧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登・珠洲市 – さて、前回に続き、フィリピンへのバックパッカー旅で出会ったKyahさんこと田中秀宗さん夫婦が能登に来ている。(前回のストーリーはこちら

初日は奥能登一周。能登空港から、能登町(のとちょう)や穴水町(あなみずまち)を経由して、クルマで能登半島の先端・珠洲(すず)へと向かっている。

能登を代表する蔵元・宗玄(そうげん)で、Kyahさん冬季限定の生原酒を今夜のパーティー用に購入、見附島(通称:軍艦島)で観光・撮影などしていると、時間はすでに14:00近い。そりゃ、お腹がすくわけだ。

ってことで…向かっているのは珠洲の旧蛸島駅前にある民宿「むろや」だ。宿泊施設だが、食事だけでもOK。バックパッカーにとって、贅沢な価格ではあるが、能登にきたら新鮮な魚介類は押さえて、旅で疲れた体を癒したい。

能登・珠洲市 - 見附島からクルマで約15分、民宿「むろや」での昼食。

能登・珠洲市 – 見附島からクルマで約15分、民宿「むろや」での昼食。

奥能登一周の際、いつも珠洲の椿の展望台にある「つばき茶屋」に行くことが多いのだが、「つばき茶屋」は12月から冬季休業になる。現在のところ、早くて2016年3月21日(月)オープン予定。っが、あくまでも“予定”なので、変更の可能性はあるとのことだ。

「つばき茶屋」オーナーの娘さん・番匠さとみちゃんに連絡すると、「ごめん~~もっと前に連絡くれれば、臨時申請すればオープンできたのに~。他に美味しいところね…」っといくつかのお薦め食堂を教えてもらい、一度も行ったことがない民宿「むろや」でお昼を食べることにした。

民宿「むろや」のサザエ丼(1800円)。長ネギなども入ってサザエとよいコンビネーション。Kyahさん夫婦のお薦めはこれだ!

民宿「むろや」のサザエ丼(1800円)。長ネギなども入ってサザエとよいコンビネーション。Kyahさん夫婦のお薦めはこれだ!

ちなみに、見附島にある見付茶屋も3月下旬まで閉店している。能登半島の外浦側にある多くの“能登らしい”お店は冬季、休業になることが多い。昼食を食べるところを探すのに苦労するので、「むろや」のオープンはありがたい。

民宿「むろや」のイクラ丼(2000円)もうまい!

民宿「むろや」のイクラ丼(2000円)もうまい!

多くの田舎/地方で同じことが言えると思うが、「ここ行ってみようかなぁ」と思ったらまず電話して営業時間について確認したほうがいい。来店客が少ないなど、“気分”によって休業しているお店も少なくない。

民宿「むろや」のサービス料理。そしてこれはサービス...鯛の煮つけ。

民宿「むろや」のサービス料理。そしてこれはなんとサービスだったかな?!…鯛の煮つけ。

民宿「むろや」の概要

●営業時間: 11:00ごろ(店主が市場から戻った時間帯ぐらいから)~19:00ごろ
●場所: 珠洲市蛸島町ナ-123
●電話: 0768-82-1188
●宿泊料金:
・素泊まり 4,320円(税込)
・1泊2食 7,560円(税込)(HPによると「ビジネスプラン」は割引ありとのこと)
●Wi-Fi(無線LAN)完備

夏、7~8月限定で、天然岩がき丼(2,200円)のメニューもある。ちなみに、冬の季節、牡蠣はないそうだ。冬の真牡蠣は穴水町、七尾エリアで食べるのが基本だろう。

民宿「むろや」は能登内でも割と安価な民宿だろう。

民宿「むろや」のメニュー

民宿「むろや」のメニュー

民宿「むろや」の外観。民宿前、道路を挟んだところに、旧蛸島駅があり、駅前にクルマを駐車することができる。

民宿「むろや」の外観。民宿前、道路を挟んだところに、旧蛸島駅があり、駅前にクルマを駐車することができる。

昼食を終え…能登半島の先端を南から北上する。(続きはこちら)(また後程リンクします)

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 奥能登一周中 輪島 - 昨晩、新田信明さんの“石トーク”の影響か?!みんな、垂水の滝周辺の石に興味津々になっている。 田舎体験 2日目 奥能登一周 滝の“上”と“丸石”が気になる 『…
  2. ランプの宿 高額 ゆりかのお店 石 田舎体験 2日目 奥能登一周 「聖域の岬」にある「ランプの宿」売…
  3. つばき茶屋 椿展望台 能登半島の絶景 noto countryside rural experience good lunch spot 田舎体験 2日目 奥能登一周 海女さん絶景食堂『つばき茶屋』の“…
  4. フィリピンバックパッカー旅仲間と奥能登で再開 ~ 冬の奥能登の周…
  5. 天然岩がき丼 牡蠣 珠洲 昼食 【田舎体験1日目】珠洲の“田舎感”満載の民宿 食堂『むろや』
  6. <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登半島の先端に…
  7. 奥能登一周 地図 map of noto sightseeing spot map 田舎体験 奥能登一周のまとめ地図
  8. day 13.3 奥能登一周旅 『ランプの宿』駐車場でのテント泊…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

牡蠣 はなびらたけ アヒージョ 【田舎料理】はなびらたけ「ホホホタケ」と牡蠣<かき>のアヒージョ、はまる! day 81.9 長崎県池島 熱すぎる柔道家との“焼酎ナイト” ~ 人生 逃げずに立ち向かう ~ テレビ朝日 移住した女たち 【メディア掲載】テレビ朝日 番組「ニッポンのココ!移住した女たち」に登場中! 能登の農家民宿 ゆうか庵 輪島塗 夕飯 昼食 ishikawa noto town hostel experience wajima nuri lunch dinner <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登町の豪華“料亭”農家民宿 everything into smartphone モノ なくなる 時代 スマホ 【田舎でITレビュー】1週間の出張“旅”、仕事道具 スマホだけで十分か?

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス, 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  1. ハイエース バンライフ, ハイエース 仕事, バン 仕事
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
day 45.1 徳島県小松島 『ル・サロン』『国連本部』にも飾られたと話す『阿波おどり』の画家 銭谷誠さんとの出会い ~ “画家として売れるまで…”の25分間の会話 ~
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!<2021年7月2日追記>
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
選択肢を“冒険” 1971年発売の二眼レフカメラ写真の質が...スゴイ
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス&オフィス、長期間 車中泊滞在可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。