2011-01 Experiencing Life in Noto - 能登での田舎暮らし体験

day 66 石川県穴水町 “オレンジ色の動物”との遭遇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
キツネ 発見 野生

2011年1月11日(火) – 今日は地元を散歩してみようと思う。

椿崎から鹿波へと歩いて行くと、途中にならの里という看板を見つけた。その先を進んでいった。

ならの里 能登 穴水町

【石川県穴水町岩車 つばき崎の「ならの里」 この町にはキツネやタヌキ、フクロウがいるようだ】

人の気配が全くない。「この先、どこかで絶対動物と遭遇する」と思いつつ、雪道を進んでいった。

その予感が的中した!

 

野生のキツネ発見

結花は後ろを歩いていた。あたりは、畑には白菜がなっていて、雪に覆われている。

200メートルぐらい先に、オレンジ色の動物が見えた。尻尾は、長くてふわふわして、走っている。キツネだ。

「結花ちゃん、キツネ!!」と大声で叫ぶと、走っていたキツネが足を止め、一瞬ぼくのほうを振り向いた。

キツネ 発見 野生

【石川県穴水町 椿崎 「あ!!きつね発見!」こちらを見た瞬間走って逃げてしまった。オレンジ色の生き物が見えるだろうか】

キツネの足跡

【石川県穴水町 椿崎 散歩中に足跡を発見…】

この数秒の瞬間に、カメラでキツネを撮影したが、望遠ではないので、焦点がずれて、写真がぼやけた。

結花は「え?なに?」と大声で返答し、ぼくのほうに走ってきたが、キツネは走って森の中へ行ってしまった。

周辺には、キツネやウサギの足跡があった。

もう15:00過ぎており、夕方には新田さんが来るので、家へと戻った。眺めの良い風呂に入り特別な夕飯がスタートする…(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 65.4 石川県穴水町 昔の“生活の知恵”を引き継ぐ ~ 味噌作りで余った茹で汁も再利用、玄関に現れた夜の鴞(フクロウ) ~ 』>

<次回のストーリー 『day 66.1 石川県穴水町 この時期..食べたくなる能登の牡蠣<カキ> ~ これまでで最高の牡蠣。白ワインで“蒸し牡蠣”に。実を食べた後…殻に残った牡蠣汁に“日本酒”を混ぜて…飲む ~ 』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 田舎バックパッカー 娘 5歳! ~ 今後も“非日常”を体感できる…
  2. 玄関での大事件…バックパッカーの重要な素質
  3. お盆 羽田 能登空港 能登半島先端 立山連峰 『盆休み』や初の『山の日』…今月も仕事で能登から東京…
  4. 能登岩車の田舎に…なにやら“ミステリアス”な「重要書…
  5. 中川結花子 バックパッカー 穴水 day 68 石川県穴水町 結花のネイル
  6. 能登・鹿波、岩車、曽良に浮く富山の立山連峰 ~ 絵に描いたような…
  7. 能登/日本海側は雪だが
  8. 穴水町 岩車 漁港 能登 田舎暮らし バンライフ 【田舎暮らし歴約10年が語る】今日は海辺で… 田舎暮らしって?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

秋葉博之 秋葉洋子 バンライフ 住める駐車場 穴水町 輪島 珠洲 能登町 石川県 車中泊 石川県の住める駐車場「田舎バックパッカーハウス」に帰ってきた本格バンライファー夫婦 安倍大資, バンライフ, 暮らし 移動型 定住 移動しながら暮らす, 田舎バックパッカーハウス, vanlife 【メディア掲載】バンライファーに“転職”した元日経記者・安倍大資さんのフルエール『バンライフ第一人者・中川生馬さん 〜「泊まれる駐車場」の理念とは』 バンライフ 車中泊 アイテム パソコン 運転席 タブレット Surface Go 【動くオフィスでITレビュー】車中ワーケーション、ハンドルにハマるSurface GOが最強“車内”タブレットPC 能登 イカの駅 つくモール 【田舎暮らし歴約10年が語る】全国の地方創生補助金なんてこんなもん ~ 能登町イカ広報の誤算 ~ 【YouTube】「とうちゃんはテンネンパーマ」に登場!カーステイ「田舎体験」

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  2. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan
  4. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan
  5. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス,田舎時間, countryside life in japan, inaka jikan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【メディア掲載】石川テレビに車中泊旅漫画「渡り鳥とカタツムリ」と“住める駐車場”「田舎バックパッカーハウス」
【娘の田舎暮らしと旅日記】たんじょうびにてまきずしをしてたのしかったこと、あきばさんからプレゼントをもらってうれしかった
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。