2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 29.2 愛媛県 興居島 忽那諸島で開催されていた「島博覧会」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
興居島 海水浴場

2010年11月15日(月) – 2010年4月~10月の期間中、愛媛県で「まつやま島博覧会2010」が開催されていたことを知っているだろうか?

栄子さん家族は、この「まつやま島博覧会2010」でも貢献をした。

愛媛県は、島々の振興を目的に、島民が主体となり島民の「島を元気にしたい」との想いから、今年初めて興居島など怱那諸島の9つの島で「まつやま島博覧会2010」を開催。

興居島 海水浴場 島博

【興居島の美しい海水浴場】

このイベントにより、4月から1万8千人以上が怱那諸島を訪問したそうだ。

興居島では、2010年10月23日・24日に、「しまはく秋フェスタin興居島」が開催され、県の伝統芸能、無形民俗文化財の「船踊り(ふなおどり)」を披露した。

 

2010年に行われた島博覧会

10月23日に披露された「船踊り」は、今から1,000年以上前、瀬戸内海で伊予水軍の勢力が強かったころ、凱旋(がいせん)した水軍の戦士らが島民の歓迎に応えて、戦いの様子を船上で、身振り手振りで伝えたのが始まりとされている。

ちなみに、「船踊り」は、国土交通省が認定する島の宝100景にも選ばれている。

通常、船で踊るが、この島博覧会では、舟越(ふなこし)というお宮で、火を焚いて、踊って披露したそうだ。

期間中、約700人もの参加者が集まった。

由良では5月に、「ちりめん祭り」が開催され、いりこの釜あげ、地引き網体験、特産品販売などをしたそうだ。

ちなみに、興居島では、イリコ漁も行っている。いりこ漁の初期費用は結構かかる。まず漁業権利金で、100~200万円もかかるそうだ。

興居島 海水浴場

【興居島の美しい海】

島博覧会の最中、栄子さんは、お弁当作りを担当し、たこの天ぷらや山田商店のメニューの一品でもある「ひじきの天ぷら」を作っていたそうだ。

「ひじきの天ぷら」は、聞いたことがなかったが、ひじきは揚げても黒いまま。

5枚で500円。このイベントで、島民の得意分野を披露するなど、いつもの島の様子を紹介した。

こんなイベントが継続して開催されると島も活気づくだろう。

しかし…、この「島博覧会」について、ぼくらは一度も聞いたことがなかった。

残念ながら、情報発信をあまり積極的に行ってなかったのだろうか。

ぼくの仕事柄、「あまり積極的に広報してなかったのかな~」「ぼくだったらこうして、こうするかな~」などと思ってしまった。<続きはこちら

<前回のストーリー 『day 29.1 愛媛県 興居島ミカン ~農家の工夫。農家の後継者不足、日本の農作物は無くなるのか…~』>

<次回のストーリー 『day 29.3 愛媛県 興居島 相子ヶ浜海水浴場にある栄子さんの「山田商店」』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 坊勢島 海苔 洗濯機 day 22.1 兵庫県 坊勢島の気になる『タンク』と全国『約1…
  2. 兵庫県坊勢島 工事のお姉さん トイレ day 22.2 兵庫県 坊勢島での“大きな”トイレパニック
  3. 愛媛県 島 みかん イノシシ 被害 day 31.4 愛媛県 怒和島の『猪』と『ミカン』 ~野生動物…
  4. 坊勢島 飯盒 キャンプ テント 兵庫県 テント泊スポット day 22 兵庫県 坊勢島 田舎バックパッカーと坊勢島の高校生…
  5. 大島 愛媛 散策 day 33.1 愛媛県 八幡浜大島 散策 ~ 到着早々ベンチで…
  6. 四国 坊勢島 バックパッカー旅 旅行 day 21 兵庫県 坊勢島(ぼうぜじま)に向けて出発
  7. 四国 愛媛県 ナインティナインの岡村似 濱孝明 モンロー Ehime Hiburishima island aquaculture japan day 54.1 愛媛県 日振島の『ナイナイ岡村似』濱孝明さんと…
  8. オレゴン ホームステイ 家族 写真 day 25.1 香川県 伊吹島で高熱 ~熱で寝ぼけて…救急車を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

三重県 ほがらか 三浦伸也 光琳寺保育所 Hogaraka Shinya Miura Kourinji 【能登での田舎暮らし】光琳寺保育所に絵本の読み聞かせのプロ“しんちゃん”現る – 幼少期の“夢”と”安心感”を 東奥日報 2020年7月29日 車中泊 バンライフ 中川生馬 田舎バックパッカーハウス 【メディア掲載】青森県の地方紙「東奥日報」でも「バンライフ 車で寝泊まり、旅しながら仕事 『新しい生活様式に』奥能登に拠点 高まる需要」 大阪 吹田 料理とお酒 晴ル 都会の居心地良い空間食堂『料理とお酒 晴ル』が能登・穴水町岩車産の牡蠣を採用 day 7.1 田舎へのバックパッカー旅、石川県穴水町 NOTO Shift鈴木久善さんと役場の干場聖司さんとの出会い ~ 田舎で若者が起業するために考えた ~ 石川県 移住特使 石川県の移住促進プロジェクト「いしかわ移住応援特使」に任命

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス, 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  1. ハイエース バンライフ, ハイエース 仕事, バン 仕事
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
映画「人生、いろどり」上映をきっかけに『石本商店』再オープン ~ シェフ・谷本徹さんの噂のカレー ~
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!<2021年7月2日追記>
5歳の娘、今夜も“家の前”で車中泊?!将来は大物バンライファ―?!
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。