Media / PR - メディア掲載

メディア掲載: アメリカ・テキサス州出身の一家 能登・穴水町で田舎体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝)

4月2日~4日の間、金沢の高校でALT(英語の先生の助手)のCaleb Freund(ケイレブ・フレンド)さんが、両親のPatrick(パトリック)さんとAmy(エイミー)さんと一緒に穴水町岩車や川尻に来て、田舎バックパッカー企画の「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」に参加してくれた。

Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販

お知らせ:「田舎バックパッカー」、牡蠣販売のサポート開始!
能登牡蠣 販売サポート中!水揚げ直後の牡蠣があなたの手元に“最速”翌日届く!

今、穴水では牡蠣が旬なので、みんなで牡蠣の水揚げ体験を楽しんだり、奥能登を一周したり。地元の地方紙/ブロック紙「北陸 中日新聞」記者の田井勇輝さんが、「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」について取り上げてくれた。いつも感謝・感謝です。

米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝)

牡蠣水揚げ体験 田舎体験 穴水 移住 田舎暮らし体験

毎週末のように人がやってくるわけではないけど、“ちょこちょこ”とみんながやってきてくるのは嬉しいなぁ。詳細の体験内容に関してはまた別途載せようと思っている。

牡蠣水揚げ体験 田舎体験 穴水 移住 田舎暮らし体験

能登半島一周 田舎体験 穴水 移住 田舎暮らし体験

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 能登 穴水町 牡蠣 oyster in anamizu noto ishikawa 能登での田舎暮らし:牡蠣で中日新聞 武藤記者の送別会
  2. outdoor backpacker magazine Bepal バックパッカー 特集 日本最大のアウトドア雑誌『BE-PAL』のバックパッカー特集に『…
  3. 田舎/地方「移住希望者必見!」記事にぼくらバックパッカーがまたも…
  4. 日経ビジネス 製造 リショアリング メディア掲載: 日経ビジネス 「光るコメント」
  5. 北陸中日新聞 『のと群像』 新しい行き方提案 中川生馬 北陸最大のブロック紙『北陸中日新聞』に“どでかく”登場 『新しい…
  6. 日経ビジネスオンラインにも登場 『野宿』『テント泊』をすることに…
  7. NHK総合73分番組に田舎バックパッカーが生出演
  8. テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県 メディア掲載: 北陸エリアのテレビで特集「バンライフに物語あり!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣 東京の駅だったら批判殺到!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から 動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。 メディア掲載: 中日新聞『動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」』 ウミネコパーラー 石川県 穴水町 足立秀幸 かき氷 カフェ Anamizu Shaved Ice Kakigori cafe 奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラー』 北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ メディア掲載:中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・ジェサップ

今季の牡蠣出荷・販売開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

能登・石川県穴水町のシェアハウス・バンライフステーション『田舎バックパッカーハウス』

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント
  1. バックパッカー 石川県 日本
  2. 能登 石川県 穴水町 川尻 シェアハウス 田舎バックパッカーハウス
  3. オレゴンコースト 歩く
  4. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  5. 薪ラーメン 薪暮らし 田舎暮らし

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP