Media / PR - メディア掲載

メディア掲載: アメリカ・テキサス州出身の一家 能登・穴水町で田舎体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝)

4月2日~4日の間、金沢の高校でALT(英語の先生の助手)のCaleb Freund(ケイレブ・フレンド)さんが、両親のPatrick(パトリック)さんとAmy(エイミー)さんと一緒に穴水町岩車や川尻に来て、田舎バックパッカー企画の「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」に参加してくれた。

Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販

お知らせ:「田舎バックパッカー」、牡蠣販売のサポート開始!
能登牡蠣 販売サポート中!水揚げ直後の牡蠣があなたの手元に“最速”翌日届く!

今、穴水では牡蠣が旬なので、みんなで牡蠣の水揚げ体験を楽しんだり、奥能登を一周したり。地元の地方紙/ブロック紙「北陸 中日新聞」記者の田井勇輝さんが、「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」について取り上げてくれた。いつも感謝・感謝です。

米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝)

牡蠣水揚げ体験 田舎体験 穴水 移住 田舎暮らし体験

毎週末のように人がやってくるわけではないけど、“ちょこちょこ”とみんながやってきてくるのは嬉しいなぁ。詳細の体験内容に関してはまた別途載せようと思っている。

牡蠣水揚げ体験 田舎体験 穴水 移住 田舎暮らし体験

能登半島一周 田舎体験 穴水 移住 田舎暮らし体験

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. zdnet japan headline newsletter 大手IT系メディア『ZDNet』編集後記に田舎バックパッカーが載…
  2. 日経ビジネス 製造 リショアリング メディア掲載: 日経ビジネス 「光るコメント」
  3. mobile lifestyle 移動型定住 東京モーターショー 家族 メディア掲載: プロモ映像に登場!世界5大の自動車祭典「東京モー…
  4. クルマ旅雑誌にハイエースを拠点にしたバックパッカー旅スタイルが登…
  5. リクルートグループ住宅情報系大手メディア「Suumoジャーナル」…
  6. 田舎パックパッカー、クルマ旅雑誌「カーネル」表紙に“ゆる~く”登…
  7. 田舎/地方「移住希望者必見!」記事にぼくらバックパッカーがまたも…
  8. 能登 穴水町 牡蠣 oyster in anamizu noto ishikawa 能登での田舎暮らし:牡蠣で中日新聞 武藤記者の送別会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  1. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  2. mobile lifestyle 移動型定住 東京モーターショー 家族
  3. のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣
  4. work space countryside in Japan
  5. ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima
  6. 田舎旅 バックパッカー backpacker in Japan
どんより 天気
  1. 穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  2. つぶやき ツイート ブログ
  3. 穴水町 岩車 能登 夕暮れ
  4. つぶやき
  5. vanlife station noto anamizu japan バンライフ ステーション 穴水町 川尻 移住者
  6. 鉄塔解体 バンライフ 有明正之

ランキング

PAGE TOP