Creative Countryside INAKA Work Space - クリエイティブ“田舎”ワークスペース

田舎で仕事:「さよなら、ぼくのモンスター」のコナーが写真で語る『結生の能登暮らし』続編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Connor Jessup and Yui 結生とコナージェサップ

『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』を利活用してくれカナダ出身の映画俳優兼監督のコナー・ジェサップ(Connor Jessup)が、自身のインスタグラムを介して、「能登の世界」を発信している。(前回のストーリーはこちら

ここ数日間、コナーが自身のフィルム式一眼と二眼レフカメラで撮影した 奥能登で田舎暮らしするバックパッカー 結生の写真をメインに紹介している。

Connor Jessup コナージェサップ

コナーにとって最初の大きなデビューはオーストラリアの「Discovery Kids(ディスカバリー・キッズ)」の番組だったそうだ。世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で知られるディスカバリー・コミュニケーションズ社が運営する番組の1つ。10歳のときに、母親と一緒にオーストラリアへと渡り、8カ月間、番組の撮影に挑んだ。

Connor Jessup and Yui 結生とコナージェサップ

それが俳優世界への一歩だった。その後、コナーは16歳のときに、スティーヴン・スピルバーグさん製作総指揮のSF海外ドラマ「フォーリング スカイズ」でメジャーデビュー、2015年には海外ドラマ「アメリカンクライム」にも出演した。

2015年には「さよなら、ぼくのモンスター(原題:Closet Monster)」で主演を務めた

「さよなら、ぼくのモンスター」は日本で、2017年7月から東京のミニシアター「新宿シネマカリテ」で公開。ヒット上映作品となり、同年10月に、「新宿シネマカリテ」が再びこの映画をアンコール上映した。「さよなら、ぼくのモンスター」は、日本で“話題”となっている「LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)」や「ボーイズ・ラブ」がテーマとなっている。海外でも評価が高く、大人気の映画だ。

● 「フォーリング スカイズ」はこちら

● 「さよなら、ぼくのモンスター」はこちら

これまでは、東京の「新宿シネマカリテ」だけでしか観ることができなかった映画「さよなら、ぼくのモンスター」だったが、今月(2018年2月)から、アマゾンなどがDVDやBDの販売を開始、iTunesGoogle Playでもレンタルや購入が可能となったので、どこにいてもみることができる。Google PlayやiTunesの英語版の評価は高く、今現在、ほぼ5スターをマークしている。

ちなみに、ぼくもようやく、「さよなら、ぼくのモンスター」を入手したので、今月中に観ようと思っている。



コナーは今、映画監督の道へと挑み始め、新たな映画撮影や脚本執筆に取り組んでいる。最近では、コナーが執筆し監督として製作した作品「Lira’s Forest」が世界最大級の「トロント国際映画祭」や「バンクーバー国際映画祭」で上映された。

穴水町岩車 結生 「ん?」

Tag — Anamizu 8.17

Connor Jessupさん(@connorwjessup)がシェアした投稿 –

穴水町岩車で「父ちゃん!ルック!」

Look — Anamizu 8.17

Connor Jessupさん(@connorwjessup)がシェアした投稿 –

穴水町岩車 ピンク

Pink — Anamizu 8.17

Connor Jessupさん(@connorwjessup)がシェアした投稿 –

コナーは既にメジャーな海外ドラマや映画でデビューしている。まだ23歳と若いが、その略歴だけを見ると、その23年を駆け足で登ってきたように見える。ついつい「若いときから、すげぇ~なぁ」と思ってしまうのが普通だろう。

映画業界の関係者から見ると、コナーのこれまでの23年間は早いのか、遅いのかはわからないが、約1カ月間を一緒に過ごしたぼくからコナーを見ると、彼は焦っているようにも見えた。

頭を抱え悩みながらも脚本執筆に取り組む日々だった。

「もっともっと上へと進みたい」「先へ先へ登って行きたい」そんな気持ちが相当強いのだろう、岩車のワークスペースでは頭を抱えながらも、自身のオリジナル作品製作に向けて執筆作業に励みつつも、悩みながら作業を進める毎日。

Closet Monster Connor Jessup さよならぼくのモンスター コナージェサップ

せっかく来た能登、「仕事の合間に、奥能登のいろんなエリアを見たいよ」と… ときに能登の“どこかへ”と出かけるわけだが… <続きはこちら。(明日2月24日に掲載予定)>

『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』について
「クリエイティブ“田舎”ワークスペース」とは、田舎バックパッカーが移住先・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)の自宅で運営するレンタルオフィススペース。

能登の里山里海の“穏やか”で落ち着いた自然に囲まれた環境を“仕事場”として求めて日本の田舎へやってくるコナーのような映画監督・脚本家などのライター、プログラマーなどが活用できるスペースとなっている。

ざっくり言うと、都会にある「シェアオフィス」や「コワーキングスペース」の田舎バージョンみたいなものだ。もちろんのこと、ダイニング、キッチン、トイレ、シャワールームなどは共有スペースとして使用することができる。

里山と里海に囲まれている農産漁村の岩車は、仕事スペースとして落ち着く環境。気分転換に、湖のように穏やかな海沿いを散歩、ジョギング、サイクリングしたり、コーヒー片手に、ただ単にそこらに座って、のんびり落ち着くのもお薦め。

岩車は、人口約100人前後の小さな農産漁村で、穴水町の1地域。60歳・70歳・80歳になっても、漁や畑をしているおばあちゃん・おじいちゃんがいる元気な村。牡蠣やナマコ漁も盛ん。

※現在、『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』は、「田舎バックパッカーハウス」となりました。

Connor Jessup and Yui 結生とコナージェサップ

コナージェサップ, ロック キー, 日本, シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, 能登, 穴水町, 石川県 お知らせ:シェアハウス、コワーキングスペース、バンライフステーションなど多目的・多用途の家「田舎バックパッカーハウス」をオープンしました!

 

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

関連記事

  1. Closet Monster Connor Jessup Camera さよならぼくのモンスター コナー・ジェサップ カメラ 田舎で仕事:カナダ出身の映画俳優・監督 インスタで「結生 X 能…
  2. Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 日本 田舎で仕事:カナダ出身の映画俳優・監督・脚本家が発信『バックパッ…
  3. Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 珠洲 日本 田舎で仕事:カナダ出身の映画監督 コナー・ジェサップが写真で語る…
  4. 田舎 地方 ワークスペース 映画俳優 『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』利活用したコナー・ジェサ…
  5. 石川県 能登 輪島 コナー・ジェサップ wajima connor jessup 田舎で仕事:映画俳優・監督コナー・ジェサップ インスタで“奥能登…
  6. Closet Monster Connor Jessup さよならぼくのモンスター コナージェサップ 輪島 モリクモ食堂 田舎で仕事:カナダの映画俳優・監督 インスタで能登を発信中 - …
  7. Closet Monster Yui Connor Jessup Camera さよならぼくのモンスター コナー・ジェサップ カメラ 田舎で仕事:カナダ出身の映画俳優・監督 インスタで「結生 X 能…
  8. Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 珠洲 日本 田舎で仕事:コナー・ジェサップがインスタで発信『結生の能登暮らし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ メディア掲載:中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・ジェサップ NHK 所さん 大変ですよ 爲 能登 石川県 メディア掲載: 今日(11月28日)のNHK総合『所さん!大変ですよ』に爲公史さんと登場!<その一> なぜ能登へ? creative coffee shop countryside in Japan 能登での田舎暮らし: 穴水町岩車にカフェ?! nuroモバイル ソネット 0SIM 田舎でITレビュー:格安SIM 音声通話だけなら基本料金最安の『0SIM』がベスト 穴水町 星空 天の川 Milky Way in countryside Japan 星空旅スポット: 能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP