山村漁村にある静かな田舎の仕事場『クリエイター・アーティスト向け“田舎”ワークスペース』 気分転換にも最適な空間


 
能登・穴水町岩車 ‐ 毎朝8:00ごろ、映画俳優・脚本家・監督のコナー・ジェサップ(Connor Jessup)くんは、穴水町岩車の海岸沿いをジョギングしている。

コナー・ジェサップ 田舎 ワークスペース

これに関するストーリーはこちらから

カナダ出身の映画俳優・脚本家・監督 コナー・ジェサップ 『クリエイター向け“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中

穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ Connor Jessup

コースの隣には、穏やかな内海が拡がっている。

穴水町岩車の『クリエイター・アーティスト向け“田舎”ワークスペース by 田舎バックパッカー』(仮名称)周辺には、爽快な気分でジョギング/ランニングできるコースもあるので、気持ちが良い。

穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ Connor Jessup

海岸沿いは、まれに、畑への軽トラックがとおるぐらい。

20~30分のランニングで、クルマは数えるぐらいしか走っていない。

クルマのとおりが激しい東京などの都会で走っていると、排気ガスが気になることだろう。

田舎/地方では、空気も澄んでいるし、歩いても・走っても、心が爽快、心地よい気分になる。

穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ Connor Jessup

気分転換には最高のスポット。

田舎では、都会で言う“非日常”的な風景が“日常”。

東京などの都会では、旅行しなければ、大自然と遭遇することはないのかもしれないが、田舎のほうは、家の外へ出れば、リラックスできる里山里海風景が広がっている。

穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ Connor Jessup

コナーくんは現在、田舎バックパッカーの『クリエイター・アーティスト向け“田舎”ワークスペース』を活用し、日々、心落ち着く里山里海拡がる山村漁村「岩車(いわぐるま)」で、脚本を執筆中。

現在書いている脚本の映画化は来年の公開を目指しているそうだ。

最高の自然環境の中に『クリエイター・アーティスト向け“田舎”ワークスペース』をオープンすることができたなぁ...

穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ Connor Jessup

穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ Connor Jessup

穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ Connor Jessup

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す