Intel Celeron搭載パソコン「Lenovo B50」購入後すぐに設定すべきこと 高速化のために…

さて、前回の記事で、Lenovo B50またはIntel Celeron(セレロン) N2830搭載したパソコンを紹介した。

●前回のブログはこちら 『田舎で「ブログやSNS介した“ちょっとした”情報発信、メール、ワード、エクセルができればいい!」って人向けの3万円代パソコン ~ Lenovo B50の性能はいかに?! ~

その続編として、Celeron N2830搭載したパソコンを購入後にすぐに!まずは!設定したいことを載せておこう。

この設定をしなければ、いくら安価だと言えども…Lenovo B50を購入しても「遅い!」「反応が遅い!」と思ってしまうだろう。

Lenovo B50やCeleron N2830搭載パソコンは、重い画像や動画を取り扱うプロにとっては物足りないPCかと思うが、メール、ネット閲覧、ワード・エクセル、ブログ更新や編集作業のみをする個人事業主たちにとっては十分な機能を搭載している。

Lenovo B50/Celeron搭載PCを高速化する

Lenovo B50処理能力を高速化する設定方法は簡単だ。

①「コントロールパネル」から

②「電源オプション」を選択。

③電源プランを「高パフォーマンス」に変更する。
初期設定では、「バランス(推奨)」や「省電力」になっている。

これにより、Intel Celeron N2830のCPUがフル稼働になり、処理能力が速くなる

Lenovo B50 Celeron N2830 N2840購入後設定したいこと①省電力モードの「バランス(推奨)」の初期設定では、パソコンの操作が重く感じることがあるだろう

①省電力モードの「バランス(推奨)」の初期設定では、パソコンの操作が重く感じることがあるだろう

Lenovo B50 Celeron N2830 N2840購入後設定したいこと 「高パフォーマンス」選択することで、CPUがフル稼働の設定となり、動作がよりスムーズになる

②「高パフォーマンス」選択することで、CPUがフル稼働の設定となり、動作がよりスムーズになる

Lenovo B50 Celeron N2830 N2840購入後設定したいこと 電源プランを「バランス(推奨)」から「高パフォーマンス」に変更すると、「最少のプロセッサーの状態」が5%から100%に変更しているはずだ。

電源プランを「バランス(推奨)」から「高パフォーマンス」に変更すると、「最少のプロセッサーの状態」が5%から100%に変更しているはずだ。

 

古いバージョンのオフィスをインストール

次に、個人的に思ったことは、ワード・エクセル・パワーポイント・アウトルックなど古いバージョンのオフィス製品をインストールすると、必要最低限の機能しか搭載されていないせいか、起動速度が速いと感じた。

ほとんどユーザーの場合、使う機能は昔と古いバージョンとそう変わらない。古いバージョンでも問題ないようであれば、古いバージョンのオフィスを試してみると良いかもしれない。

現在(2016年2月)、Lenovo B50は販売終了となったようで、その後継機種的なG50が安価で、B50よりもパフォーマンスが良いようだ。

もしくは、以下、Lenovo直販サイトのキャンペーンからの購入をお薦めする。
 

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 



2件のフィードバック

コメントを残す