2011-01 Experiencing Life in Noto - 能登での田舎暮らし体験

day 72・73 石川県穴水町 田舎暮らし“ちょい住み”最終日 ~ テント旅じゃないのにお風呂に入れないという事件?! ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中川結花子 バックパッカー

2011年1月17日(月)・18日(火) − 今日は田舎暮らし“ちょい住み”の最終日。

ぼくらが穴水町に滞在した期間は約2週間。あっという間だったが、「きっと、すぐに戻ってくる」という気がした。

穴水湾 牡蠣 養殖

【石川県 穴水町 一年中穏やかな海】

 

穴水町田舎体験暮らし最終日の朝、お湯が出ないアクシデントに!

朝から荷物をバックパックに詰め、缶、瓶などのゴミを別荘管理事務所まで捨てに行くなどして、穴水町を出る準備をしていた。

時間は6:00AMと早いので、結花はまだ寝ている。

今朝もお湯が出ず、お風呂に入れない状況が続いている。

ぼくは昨晩から、これをなんとかしようと必死。テント旅でもないのに、お風呂に入れないとは…。納得がいかない。

とにかく、最後に、眺めの良いお風呂に入りたい。朝から、ガスの状況を確認するが、何を確認したら良いのかよくわからない…。

電源をオンとオフにもしたが変化がない。ただ点滅するだけ。

ちなみに、ガスが出ないので、料理もできない状況。

 

寒い中、外に出てガスを見てみるけれど…

外に設置されている2つのプロパンガス容器(ボンベ)を確認しに行った。が、ガスのエキスパートではない自分…

どうしたら良いのか今一わからない。2つの容器のうち1つが軽かったので、「もしかしたら、ガス欠か?」と思い、満タンそうなプロパンガス容器の方に、栓の矢印を回す。

家の中に入り、お湯の出具合を確かめるが、出ない!「だめだ~。なんでだ…」

再度、外に行く。次に“気になった”のは、プロパンガス容器近くにあった、家の中のガスのスイッチとつながってそうな…

この“なんらかの機器”。この機器の電源コードは、コンセントにつながっている。「あやしい!」「これは!きっと再起動だ!」

「よし!とりあえず、このコードを一時的に引っこ抜いて、リセットだ!」

コードを抜き、数秒待って、再度コンセントにコードを入れなおして、家の中へと戻る。

穴水町 椿崎

【石川県 穴水町 椿崎 早くお湯が出ないかな~】

すると、ようやくお湯が出始めた。「よし!」やっと復帰だ。

とりあえず、お風呂に水を溜め始める。眺めがよいお風呂との最後だ。

もろもろ家の中を掃除して、荷造りを終わらせ出発準備完了。

 

お世話になった人たちにお別れの挨拶を

バスで椿崎から役場へ行き、新田さんや黒崎さんに挨拶をして役場を後にした。

次に、NOTO-shiftの事務所へ行き、鈴木さんに挨拶。

2週間前の穴水町初日、中華料理「香林」の香林麺が美味しかったので、また食べたかったが、残念ながら、お昼休み中だった。

“名前がユニークな”スーパー「どんたく」周辺にあったラーメン・チェーン店「8番ラーメン」で昼食を食べて、中でバスを待たせてもらった。

バス停は、「8番ラーメン」から10m先とすぐ近く。

このバス停で、高速バスに乗り、約2時間かけて金沢へ行き、21:40金沢発の夜行バスで、横浜へ向かう予定だ。

中川結花子 バックパッカー

【石川県 金沢駅 久しぶりの外食はイタリアン(とは言っても「カプリチョーザ」)美味しいけれども牡蠣の味が忘れられない結花】

金沢駅では、結花に約束した誕生日プレゼントを探した。

プレゼントはサングラスとジーンズ。しかし、残念ながら、結花に似合ったサングラスとジーンズは、見つからず…。

しかし、ぼくが探していたワイドなカーゴパンツを見つけたので購入!これまで聞いたことがなかった、「テットオム(TETE HOMME)」というブランドのズボンだった。

2010年11月に坊勢島(ぼうぜじま)で転んでズボンが破れてしまい、新しいズボンを探していたのだった。最近、足にフィットしたタイトなズボンが流行っているのか、ワイドなズボンが、中々見つからなかったのだ。

何年振りに服を購入しただろうか…(結花には、地元・鎌倉で「オークリー」のサングラスとジーンズ2本をプレゼントしました~)

翌朝(18日(火))、横浜に到着。電車で自宅に戻り、穴水町での田舎暮らし“ちょい住み”が終わった。

中川結花子 穴水町

【石川県 金沢駅 久しぶりの外食はイタリアン 美味しいけれども牡蠣の味が忘れられない二人】

ぼくら田舎バックパッカーは数日後、九州へと旅立つ。(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 71.2 石川県 穴水町での“田舎暮らし”最後の晩と「のと鉄道」主催の牡蠣祭り 』>

<次回のストーリー 『day 74 福岡県博多へ夜行バスで...っとその前に“事件”発生?! 』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 田舎 穴水町 フクロウ owl in countryside Japan 能登での田舎暮らし:フクロウと遭遇
  2. connor jessup コナー・ジェサップ 穴水町 シェアオフィス “大物”俳優・脚本家・監督が能登へ ~ 急ピッチでワークスペース…
  3. 田舎体験 能登 穴水町 【田舎ライフスタイル体験 in “里山&里海”能登・穴水町】 D…
  4. 穴水町 岩車 田んぼ 里山里海 地震のご心配ありがとうございました
  5. 穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ Connor Jessup 山村漁村にある静かな田舎の仕事場『クリエイター・アーティスト向け…
  6. 能登空港 羽田空港 へ 旅 noto airport haneda airport travel 今月もまたまた東京へ…広報“私事”で
  7. 田舎へのバックパッカー旅の合間に…有楽町の外国人記者…
  8. 銀座コリドー マイモン 牡蠣 Ginza Korido Oyster Restaurant Maimon 田舎旅:リアルな田舎「鎌倉」への途中 「銀座コリドー街」の『牡蠣…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

hiace cruise control ハイエース クルーズコントロール クルコン 長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも スザーンロス なにごとにも進化は必要なのか? nuroモバイル ソネット 0SIM 田舎でITレビュー:格安SIM 音声通話だけなら基本料金最安の『0SIM』がベスト creative coffee shop countryside in Japan 能登での田舎暮らし: 穴水町岩車にカフェ?! NHK 所さん 大変ですよ 爲 能登 石川県 メディア掲載: 今日(11月28日)のNHK総合『所さん!大変ですよ』に爲公史さんと登場!<その一> なぜ能登へ?

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP