Media / PR - メディア掲載

田舎バックパッカー、日本経済新聞に登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今日(2011年9月13日)の日本経済新聞「ビジネスリーダー」セクションのスペシャルリポートに田舎バックパッカーのぼくらに関する記事が大きく掲載された。(記事はこちら

バックパッカーを始めて、最初に登場するメディアが、どか~んっと日本経済新聞である。

日経などの一般紙に登場することはものすごく難易度が高い。

が、これは広報という職業柄、記者との“ざっくばらん”な関係構築を行ってきた証拠でもある。

ikuma nakagawa backpacker in Japan 田舎旅 バックパッカー 中川生馬

「人生、後悔したくない」震災半年、変わる若者

中川生馬(32)は妻の結花子(29)と重さ30キログラムのリュックを背負い、全国を旅している。

目的は自分らしく生きられる仕事を探すこと。2010年10月に出発し、これまでの移動距離は21都道府県、2万5000キロに達した。

高速バスや鈍行列車を使って交通費を浮かせ、極力歩く。旅に1カ月出た後、整理のために地元の鎌倉に数日間戻る生活を繰り返してきた…(続きは日経電子版のこちら

田舎旅するバックパッカーについて

ぼくらは、人とのコミュニケーションをとおして、あらゆる田舎/地方でのライフスタイルや生き方を実感しながら、旅歩いているアラサー夫婦。

田舎/地方を巡るなか、ぼくらは、現地の人々と積極的に触れ合い、田舎の生活環境、それをとりまく自然を感じ、田舎での生活を体感している。

田舎/地方では、山・川・湖・海、それら環境に住む野生動物とも共存しなければならない。そんな自然環境とも触れ合うことも多々ある。

ぼくは常に…

日本には魅力的な地方・田舎が沢山ある

日本ってこんなに広かったんだ…

と、実感しながら旅歩いているぼくら。

「日本というこんな身近」に、会ったことがない人たちが沢山いて、「田舎/地方」には様々な生き方が存在している。

現代のテクノロジーをうまく取り入れ、昔の生活の知恵を基盤にして、今の技術をうまく融合、そして可能な範囲で必要なものは自ら創作するという半自給自足的なライフスタイル。

「日本の田舎/地方は良いところ」と感じる一方、訪れる田舎/地方では人口流出による過疎化、事業の後継者不足、雇用先の減少などの課題がある。

都会に全てが一極集中するばかり。「もったいない…」と感じることも多々あった。

ぼくらは現在、日本のあらゆる田舎/地方または“マイナースポット”を旅歩き、広報、語学力などのコミュニケーションスキルを活かして、そこでのライフスタイルや地域に関する情報をこのサイトをとおして発信し、次の人生の一歩を踏み出そうと準備を開始している。

日本は東京・大阪・京都などの都会だけではない

ぼくは以前から広報関連の仕事をしていた。会社での生活スタイルでは毎日が充実し、自分ならではの仕事もでき、良い経験ができたと思っている。

その半面、東京での混雑した日々、毎日24時間の会社生活が中心のライフスタイルに長年 疑問を抱いていた。

人生このまま終わらせたくない…

そして、2010年10月ごろから、テント、寝袋、自炊道具、全国地図、ITグッズなどを入れた65~75リットル級のバックパックを担ぎ、日本のマイナースポットまたはこれまで耳にしたことがない田舎/地方を中心に、新たな生活スタイルを実感したく、本格的に旅歩き始めた。

これまでの移動距離は21都道府県、約2万5000キロ。ぼくらが知っていた生活スタイルは主に、東京、鎌倉、青森、アメリカのオレゴン州のみ。

自分らがいた場所というのは、本当にごく一部で、小さな世界だった…

nikkei backpacker ikuma nakagawa 日経 バックパッカー 中川生馬 日本経済新聞 電子版に載った田舎バックパッカー。続きは上の日経電子版画像をクリック!

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 【メディア掲載】中日新聞 社会面にCarstayとの取り組み『能…
  2. 日経ビジネス 製造 リショアリング 【メディア掲載】 日経ビジネス 「光るコメント」
  3. mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち 【田舎で仕事 – 広報】日テレ「ZIP」のバンライフ…
  4. 北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ 【メディア掲載】中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・…
  5. 渡り鳥とカタツムリ 田舎バックパッカーハウス 能登 【メディア掲載】住める駐車場「田舎バックパッカーハウス」が車中泊…
  6. 能登・穴水町岩車(石川県) - バックパッカー中川生馬の娘 【メディア掲載】ラジオ 文化放送<AM1134>に登場!田舎でホ…
  7. 牡蠣, かき, はなびらたけ, アヒージョ 【メディア掲載】中日新聞 はなびらたけ「ホホホタケ」と牡蠣のセッ…
  8. 動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。 【メディア掲載】中日新聞『動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車…

コメント

    • Anonymous
    • 2011年 9月 16日 8:53am

    中川ご夫妻江<br /><br /> 素敵な笑顔<br /> 輝く波、そして<br /> 自由な航路を与えてくれる大海<br /><br /> お二人のこの旅が、きっと私たちの命にもつながることでしょうね。だから私も今日を生きます。<br /><br />&quot;No man in an island.&quot;<br />(by John Donne)<br /> <br />from Duck in Kofu

    • ありがとうござます。これからも頑張って、一日一日を大切に生きていきます。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

徳島県 上勝町 もくもくもく アート 葉っぱ tokushima kamikatsu leaf 【田舎旅】“人生の見直し”を考えさせられる映画「人生、いろどり」ロケ地 上勝町を巡る 福岡県 小呂島 day 76.3 福岡県 小呂島 少人数の学校のメリットやデメリット ~アメリカで過ごした高校時代を振り返ってみた~ 神山 ヒッピー 田舎のライフスタイル in 徳島県神山町 1話 – 風力発電の建設と 自然と共に暮らす人々 ぐい吞み 菊 彫刻 漆器 輪島 芯漆 漆器界最強の『芯漆』 Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 珠洲 日本 【田舎バックパッカーハウス】コナー・ジェサップがインスタで発信『結生の能登暮らし』 - 3

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
穴水町 車中泊,石川県 車中泊,石川県 バンライフ,ふれあいパーク
  1. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  2. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  3. Carstay Koki Miyashita カーステイ 宮下晃樹
  4. 都市構造再編を活用へ/穴水中央地区立地適正化計画/町、採択要望/総事業費61億4000万円
  5. 石川県 新移住者, バンライフ 地方移住, 岩本舜夫
  6. 穴水町 岩車 キリコ祭り 2020年

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【メディア掲載】NHK BSプレミアムに登場!「旅する★手作りキャンピングカー」 8月18日放送!
day 45.1 徳島県小松島 『ル・サロン』『国連本部』にも飾られたと話す『阿波おどり』の画家 銭谷誠さんとの出会い ~ “画家として売れるまで…”の25分間の会話 ~
【娘の田舎暮らしと旅日記】ひとみちゃんとまどかちゃんが自分のお家に帰っちゃうから悲しかったし、まだいっしょに、遊びたかったなと思ったこと
【メディア掲載】note上のCarstay公式マガジンに登場
自動車用電球メーカーが“幻のきのこ”はなびらたけをつくってるって?!なぜ?
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。