2011.02: <九州>福岡県(小呂島)・長崎県(池島・五島列島)

day 86.1 小値賀(おぢか)へ ~出港時、初めての“テープ”見送り~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
五島列島 小値賀 Goto Ojika Isalnd
201125日(土)ぼくら田舎バックパッカーは…あらゆる人との出会いから、


なんと!宇久島(うくじま)での子牛の競り「牛市(うしいち)」へ行くことができた。(その内容はこちら

これまで、こんな現場を見たことなかったので…“新鮮”が適切な表現なのか…なんとも微妙なところだが、「おぉ~!牛の競りだぁ~」、「牛って、子どものころから、競られて故郷を離れるのか」、「自分が牛だったらどうするか。かわいそうだけど、肉は大好きで、それを美味しく食べるしなぁ」と、なんとも複雑な想いが頭を過った現場だった。

牛市」での競りのあと、ぼくらは、15:40神浦港発の定期船で小値鹿へと向かう予定。猪鼻さんの車で送ってもらい、1泊させてもらった畠中絵美さんも港に見送りにきてくれた。

寺島と同じ港。ぼくらのバックパックを置かせてもらったエトワールから、小値賀への定期船が出港する神浦港へと向かう途中、猪鼻さんが、スーパーに寄る。なにか急用な買い物なのだろうか…

スーパーでの買い物を済ませて、車に乗り込み、小値賀への定期船の港に向かった。港の待合所には、「牛市」で競りが終わった小値賀の家畜農家の人たちがいる。

五島列島・宇久島でお世話になった畠中絵美さん(左から二番目)、
観光協会の猪鼻聡さん(一番右)。一番左の方は絵美さんの学生時代の同級生


絵美さんの同級生も、ぼくらを送りに来てくれた。出航時間まで、皆で缶コーヒーを飲みながら、時間をつぶす。

絵美さんは、待ち時間の間、ぼくらのために、定期船乗り場で小値賀への帰る人たちに、「(ぼくらを)小値賀の町へと車で乗せてもらえませんかね?」と交渉をしてくれている。なんて面倒見のいい人なんだ…とぼくらも一緒にみんなに挨拶する。

すると、今日の「牛市」で牛を40万円で売ったおじさんが、その交渉にのってくれた!っと、その優しさには大変ありがたかったのだが、おじさんは、牛が売れた嬉しさのあまりなのか、明らかに飲みすぎていて…かなり酔っ払っている。まともに話せる状況ではなかった。

さて、猪鼻さんは、ぼくらを神浦港へ車で送る途中、スーパーに寄っていた。そのとき…神浦港までの距離感が全くつかめなかったので、

そんな急ぐ買い物なのかなぁ…ぼくらを送ったあとに、スーパーに行けばいいのになぁ」と、

送ってもらう立場にいながらも、ずうずうしいが、ちょっとした焦りからそんなことを思っていた。

五島列島・宇久島 最後まで送ってくれたみんな。
小値賀への定期船に乗っているぼくらをテープで見送ってくれた!


ぼくらは船に乗りこむと、
猪鼻さんが「はい!」と三つの見送りのテープを渡してくれた。
「おー!買い物は、このテープだったのか!」
これまで、多くの離島へ行ったが、見送りテープでの見送りは初めて!
かなり嬉しい!

次の旅先に向かったぼくらは
テープで宇久島とつながれ、みんなに手を振り続け、お別れした。
印象深い出会いとお別れだった。

結花もぼくも、また宇久に来る気満々のまま、小値賀へと進んでいった。

このお別れには全く関係ないが…
船の中で地図を広げ、今更、五島列島は東シナ海に浮かぶ島だ…と気付いたぼくだった。

この船は約20分後の1600に、小値賀の柳港(やなぎこう)に到着する。

今日は久々のテント泊になるかな~。着いたらまず、テントを張れそうな場所を探さなきゃね…と二人、小値賀へと向かう。(続く

<前回のエピソード 『day 86 田舎バックパッカーが “子牛”の競り『牛市』に参加?! 舞台裏も特別見学 五島列島で』>


<次回のエピソード 『day 86.2 “小値賀(おじか)湘南からの移住者との出会い』>

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 田舎バックパッカー夫婦が行く野生の鹿400頭&住民1人 “ワイル…
  2. day 75.2 僻地5級の福岡県“小呂島(おろのしま)” 漁師…
  3. day 84.6 五島列島・宇久島(長崎県) またも…お風呂から…
  4. day 85.1 五島列島・宇久島の観光協会へ(長崎県) ~宇久…
  5. day 83.1 田舎バックパッカー、長崎県佐世保へ
  6. day 88.6 五島列島 小値賀島 ぶうさんの赤土畑と美味しす…
  7. day 90.3 五島列島 世界遺産 暫定リストに登録されている…
  8. day 88.3 五島列島 小値賀島 ぶうさんと自然 ~ブロッコ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

hiace campervan annex family wagon c アネックス ファミリーワゴン ハイエース 【メディア掲載】 トヨタ自動車の社内報「TESマガジン」2019年10月号に登場 〜 時代 〜 day 51 高知県沖の島を散策 ~ 市原知佳さん勤務の「あったかふれあいセンター」 ~ コロナ バンライフ 車中泊 道の駅 住める車中泊スポット「バンライフ・ステーション」に新たな“入居者” ~ コロナ禍のバンライフの課題 ~ < 3話目 > 穴水町 広報 気になる移住先 穴水町役場の監査結果に関するポイント 五百旗頭幸男 はりぼて 【映画】「地方議員って必要?役割って?」問う映画『はりぼて』オンライン上映開始 配信と販売12月20日(日)まで

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
穴水町 役場
  1. トヨタ, ハイエース, 動く家
  2. MRO 絶好調W
  3. tsubaki zaki anamizu Ishikawa 石川県 穴水町 岩車 椿崎
  4. テレビ金沢 石川県 バンライフ
  5. 静岡第一テレビ はなびらたけ ホホホタケ 電球 大井川電機

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【田舎旅】能登鹿島駅「さくら駅」満開終わり葉桜に ~ 新駐車場 まもなく完成 ~
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
日本最大の“桜駅”能登さくら駅<能登鹿島駅>へ ~ 着物モデルも登場。奥能登は“葉桜”に...~
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年注文受付・出荷・販売開始!>
田舎バックパッカーハウス < 公式概要と利用料金について>
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。