2011-02 Backpacking Kyushu - 九州へのバックパッカー旅

day 81.7 長崎県 池島の“雄二&こうじ”との出会い ~学校とテント泊交渉?!~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
2011131日(月)ぼくらは現在、長崎県の炭鉱で栄えた池島にいる。もろもろ、池島全般に関する話しを、「長崎市設池島総合食料小売センター」で、パインの店長 荒川さんや尾崎さんから聞いていたところ。二人とも元炭鉱マンだ。


次にぼくらの旅の理由について話していると、すごくユニークで丁寧な喋り方をする中学2年生の尾崎雄二くん、小学1年生で雄二くんの弟のこうじくんがお店にやってきた。二人とも、尾崎さんの息子さんたちだ。

長崎県 池島 雄二とこうじ


雄二くんの話し方は、ものすごく丁寧で“ユニーク”だ。「こんにちは。学校に行ってたの?」と話しかけると、「そうですねぇ。行きましたねぇ」と、ゆったりと静かな口調で話す。この兄弟のやり取りがとても愉快で、漫才師のようにおもしろい。こうじくんは、Nintendo DS好き。雄二くんは電車が好きで、将来は電車会社で勤めたいと話す。

雄二&こうじ みんな”ざっくばらんな”感じがいい


現在、池島小中学校には7人の生徒。中学2年生が1人、中学3年生が1人。あの大きな学校に7しかいないのだ。来年4月から、中学生には雄二くん1しかいなくなる。

長崎県 池島 雄二とこうじとの出会い


さて、もうそろそろ1700になる。冬だし、日が暮れるのも早い。明るいうちに今夜のテント泊先を探さなければ…
みんなに、今日のテントの張り場について、相談した。

早速、「学校はどうだろうか?」と相談すると、尾崎さんがすぐに池島小中学校に電話をしてくれ、とりあえず、学校にテントを張る場所について相談しに行くことになった。学校と“テント泊を交渉するぼくら…”
自分で言うのもなんだが…一体どんな夫婦なんだか…

校長先生は、出張中で島内にいなかったため、学校に行くと、教頭先生がぼくらを迎えてくれた。

もろもろぼくら自身について紹介をさせてもらい、今夜のテント泊先を探していることを話すと…
早速、教頭先生が校長先生の携帯に連絡をとってくれた。
まず学校の校舎内はNG。明日、教育委員会の人たちが島に来るので、グラウンドもNGとなってしまった。張っても問題なさそうな場所は、学校裏の駐車場

しかし、翌日、教育委員会の人たちが学校見学に来るので、早めにテントを片付けて出ていくことが条件。実際、駐車場に行ってみたが、駐車場はかなりオープンな場所だった。今日は風が強く今夜雪の可能性があったため、ここにテントを張ると夜が大変そうだ。「その他にテントを張れるところはあるだろう」と思い、島外出張中の校長先生に相談いただいて、教頭先生には申し訳なかったが、丁重にお断りした。

「長崎市設池島総合食料小売センター」のパインに戻り、再度みんなと相談する。
すると、「食料小売センター前にある建物の裏に、プロパンガスなどが置いてある物置場所があるから、火器厳禁であれば、そこにテントを張っていいよ」と言ってくれた。
行ってみると、屋根が付いていて、雨や風も避けられて、よさそうな場所だったので、今夜のテントスポットをここに決めた。

長崎県 池島 雄二とこうじ、結花


20:00前にパインが閉まり、みんなと一緒に外に出て、「では、後ほど、お風呂で会いましょう!」と、みんなと別れた。
雄二くんとこうじくんは、「後でテントを見に来ます!」と言って、家に戻って行った。

ぼくらはテントを張る場所に向かったが周辺に電灯がなく、あたりは想像していた以上に真っ暗”。「これ、ちょっと暗すぎるなぁ…どうしよっかね」と、ぼくら二人とも「ここにテントは張りたくない」モードになり、別の場所を探し始めた。

廃墟となったアパート周辺にテントスポットを探すと、少し古錆びたスクーター2が止めてある小屋を発見した。おそらく誰かの駐車場だろうか…。これらスクーターが普段使用されているならば、前にテントを張ったら、迷惑になってしまう。

「このスクーター2台は使われているのかねぇ」と、スクーターの“使われ具合”をライトで照らしながら確認した。1台は埃(ほこり)をかぶっている。もう1台は、微妙な使用感があった。若干オイルで濡れているし、ミラーに埃がついてない。「よさそうな場所だけど、どうかなぁ…」と、田舎バックパッカー夫婦の2人は首をかしげる。決断の時だ。

ぼくは、「よし。ここにテントを張っちゃおう。朝、もし誰かがここに来たら、どけばいいっしょ」と、テントを張り始めた。スクーターは出られそうにないが、ちょっとした“礼儀として?!”テントの横に気持ち数10cmの隙間をあけておいた。

さて…これから銭湯へ行こう(続く 

長崎県 池島 銭湯前で…



<前回のエピソード『day 81.6 長崎県 池島 約40棟の“歩けない”アパートたち』>

<次回のエピソード『day 81.7 池島の銭湯での出会い ~テント泊から…~』>


<池島編を最初から読みたい人はこちら

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. Nagasaki Atomic Bomb Museum 長崎原爆資料館への旅 長崎へのバックパッカー旅 ~ 73,884人が亡くなった日 ~
  2. 長崎 桜町公園 where to set up a tent in Nagasaki day 80 長崎県 桜町公園で早朝から雪で零下テント!?どうす…
  3. ukujima island in Nagasaki 長崎県 五島列島 宇久島 平家盛 歴史 day 84.3 牛が多い五島列島・宇久島の山「城ヶ岳」へと歩く…
  4. 田舎バックパッカー 広報 写真家 中川生馬 day 75 福岡県博多に到着し、小呂島(おろのしま)へ…って「…
  5. day 83 田舎バックパッカー、長崎県池島を出発 ~次はどこへ…
  6. day 81.3 長崎県 池島 小さな島の技術が新興国で活かされ…
  7. ukujima island in Nagasaki 長崎県 五島列島 宇久島 day 84 五島列島 宇久島 縄文人はなぜ「ここに島がある」と…
  8. ukujima island in Nagasaki 長崎県 五島列島 宇久島 平家盛 歴史 day 84.2 五島列島 最北端 宇久島まで 平清盛の弟・家盛…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

大阪 吹田 料理とお酒 晴ル 都会の居心地良い空間食堂『料理とお酒 晴ル』が能登・穴水町岩車産の牡蠣を採用 移住定住 引っ越し 地方 【能登での田舎暮らし】「移住」はただのお引越し?いつまで移住先にいるの? soba noodle in Notocho Wajima Ishikawa 中谷家 能登町 輪島 穴水 蕎麦 そばきり 仁 中谷家 【田舎旅】“飽きない”超美味な奥能登の一押し蕎麦屋「そばきり 仁」 4月12日から今年度再オープン Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 日本 【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優・監督・脚本家コナー・ジェサップが発信『バックパッカー娘の能登ワールド』 - 4 Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 島暮らし day 51.1 高知県 沖の島の市原商店での夕べ ~ 人生の流れを創造するのは自分 ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
バンライフ 暮らし 移動型 定住 移動しながら暮らす vanlife
  1. asahi national daily newspaper vanlife 朝日新聞 バンライフ
  2. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【田舎クルマ旅グッズ】買ってはいけない夏の“返金OK・返品不要”車中泊アイテム
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
day 45.1 徳島県小松島 『ル・サロン』『国連本部』にも飾られたと話す『阿波おどり』の画家 銭谷誠さんとの出会い ~ “画家として売れるまで…”の25分間の会話 ~
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。