Fukuoka Oronoshima Island - 福岡県 小呂島

day 76 田舎バックパッカー、福岡県小呂島の学校を再訪問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
美しい海 玄界灘

2011年1月26日(水) – ぼくら田舎バックパッカーは現在、福岡県の小呂島(おろのしま)にいる。

小呂島は、僻地5級の玄界灘に浮かぶ離島。昨日午後、小呂島に到着。

美しい海 玄界灘

【福岡県 小呂島 透き通る玄界灘】

 

小呂小中学校を訪問

早速、小呂小中学校(おろしょうちゅうがっこう)を訪問。

水木校長先生、理科の山口先生、英語の力武先生と出会い話を聞かせてもらった。

昨日は、遅い時間帯で生徒もいなかったので、ぼくらは今日午前中に、改めて学校を訪問・見学をさせてもらうことになった。

昨晩、ぼくらは小呂島公園に自分たちの宿“テント”を張って寝たのだが…

福岡県 テント 小さな島 バックパッカー

【福岡県 小呂島公園でのテント泊】

強風で…風がテントに“ぶつかってくる”音で中々寝られなかった。

小石をぽこぽこと当てられている感じだろうか。テント張るときは…できるだけ風を避けたところを選びたい。

高知県の沖の島でのテントは半端なかったが…「ビュービュー」と断続的に聞こえる。

バックパッカー 日本 テント

【福岡県 小呂島公園でのテント泊】

屋根がないところでのテント泊だと…夜中雨が降ってきたときに困るわけだ…。

雨がテントに当たる音で寝づらいこともある。

「アウトドアだし…雨はしょうがない…。それも楽しみだ!」と思うかもしれないが、実際、そんな中テント泊をするとわかってくる。

テントが濡れると、翌朝の荷物をバックパックに詰めるときが大変な作業となる。

テントを拭いても拭いても…濡れた状態が続くし、テントだけでなく、バックパックや荷物を片づけている自分たちも濡れてしまう。

冬だったら、手が凍傷状態になるし、濡れたせいで、カビが発生するひどい時もある!

しかも冬だと…中々、荷物が乾かない…。徳島県神山町から上勝町への山越えが良い例だった。

早朝起きて、貴重品だけを持って、バックパックを入れたテントを張りっぱなしで、学校へと向かった。

早速だが、校長先生たちと話を始める。昨日の続きだ。

小呂小中学校には、小学2年生が4人、3年生が1人、4年生が2人、6年生が2人、中学1年生は1人、2年生は3人。合計13人の生徒の島/学校(2011年1月現在)。

小さな島の学校には、子どもの人数が少ない。

「こんなおもしろい意見があるんだ」という“新しい発想”が中々出てこないので、人生経験が豊富な先生も生徒の一人になって、意見を提案することも多々あるそうだ。

少人数の学校だと、“競争心”がつかないのだ。

そこには、みんなが仲良しという良い面もあるし、そもそもそこまでの競争心は必要なのだろうかという考え方や疑問もあるだろう。

競争という面では、部活にも難しい面がある。例えば、バトミントン部があるのだが、試合ができない。

強い人と対戦できないので、「こんな強い人に勝ちたい」「世の中、こんな強い人がいるんだ」という想いが中々生まれない。

“新しい発想”や“競争心”をつけるなどの背景から、他校との「交流学習」をするのだが、そう頻繁にはできない。

交通費や宿泊費(一泊)など費用がかかる。小学校の交流の機会は年2回、中学校では1回ある。

校長先生と歩いて構内見学させてもらいながら、お話しを聞かせてもらった。

映画、本など、図書室のような部屋「多目的室」がある。映画が置いてあることは、ぼくにとって珍しく見えた。

学校の壁には、様々な写真が貼ってある。小呂島ではない「沖ノ島」の写真が数枚あった。

小呂島のさらに北にある島だ。

以前、高知県の沖の島へ行ったので、「もしかして?!」とも思ったが、日本には「おきのしま(沖ノ島、沖の島)」と呼ばれる島が沢山ある。

この写真の「沖ノ島」は、福岡県にある“神の島”と伝えられる島で、毎年5月27日の沖ノ島大祭時、200人の男性のみが入れるそうだ。

福岡県 小呂島

【福岡県 小呂島 小呂小中学校の「小呂ふるさと市」が新聞記事でも紹介された】

島ならではの教育活動としては、島の特産物を販売体験する「小呂ふるさと市」がある。

自分で捕った魚をさばき、それを姪浜駅(めいのはまえき)で販売する。販売する魚介類は、秋刀魚(サンマ)、イカ、鯵(アジ)、サザエなど。

小呂島の食文化を紹介するとともに、島全体の紹介もする。

社会体験学習の総合的な学習、そして、地元のPRにもなる。このような取り組みをして、島のPRをすることで、「島の誇りを培う」ようになると感じた。<続きはこちら

<前回のストーリー 『day 75.2 僻地5級の福岡県“小呂島(おろのしま)” 漁師の引き継ぎ率ほぼ100%?!』>

<次回のストーリー 『day 76.1 福岡県 小呂島 子どもたちの“漁師への想いと夢”、“地域密着型”の先生たち』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. day 99 熊本県天草市牛深で…気になる“黒い旅人…
  2. 小呂島 福岡 day 76.4 福岡県 小呂島にEXILEメンバーが!?「人か…
  3. day 99.3 二階堂流クルマ旅スタイル 旅先の温泉の上限価格…
  4. day 98.2 熊本県天草 うしぶか海彩館の事務局長と出会う …
  5. 小呂島 福岡県 EXILE 島田乾生 day 76.6 福岡県 小呂島 EXILEのミュージックスクー…
  6. 横浜駅 博多 夜行バス day 95-96 バックパッカー、夜行バスで横浜から博多経由 …
  7. 小呂島 福岡県 島田乾生 day 77 福岡県 小呂島で“漁”へ行く田舎バックパッカー ~…
  8. 福岡県 小呂島 day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

日経 AR 記事 【田舎で仕事 ‐ 広報】カシカのECサイト向けARサービス、日経本紙と電子版に掲載 day 11 舳倉島のカタツムリが進化しているって?! 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 【メディア掲載】住める駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に 巨大 日本 生物 day 78 佐賀県を通り過ぎ、長崎県の“居酒屋駅”近くでのテント泊 ~ 今日は移動日 ~ ishikawa wajima ryushoji temple self-sufficiency 輪島 龍昌寺 半自給自足 暮らし 村田和樹さん <写真で見る>田舎体験 3日目 最終日 輪島・与呂見 半自給自足暮らしの『龍昌寺』へ

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
フジテレビ めざまし8 AU,AU電波障害
  1. 穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会
  2. inaka backpacker japan
  3. 穴水 車中泊, 石川県 バンライフ,北陸 バンライフ, 中川生馬
  4. 穴水町 車中泊,石川県 車中泊,石川県 バンライフ,ふれあいパーク
  5. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【能登での田舎暮らし】石川県穴水町の小学校の統合に関する説明会 7月14日開催 そもそもなぜ統合ありきで話しが進んでいるのか?
day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い
【星空旅スポット】能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~
脚本執筆のために「田舎バックパッカーハウス」シェアハウスに滞在したConnor Jessup(コナー・ジェサップ)の新作ドラマ
石川県穴水町のシェアハウス兼“住める駐車場”車中泊スポット「田舎バックパッカーハウス」< 公式概要と利用料金について>
day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~ 自己ブランドを構築する荒木健吉さん ~
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
【能登での田舎暮らし】添加物賛成・反対派に関する質問をみて 結局 添加物ありがいいの?なしがいいの?
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。