2010-12 Backpacking Shikoku Islands - 四国へのバックパッカー旅

day 43.8 徳島県上勝町 『葉っぱ?!』を売る『いろどり』? ~『普通』の就活に自問する大学生の『アべっち』と『ミッチー』との出会い~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
勝浦川

2010年12月7日(火)– 夕食後、月ヶ谷温泉に入った。

長い山越えと豚カツ定食のバトルが終わった。

温泉は、とにかく気持ちよかった…。今は疲れていて、それ以上、表現のしようがない。

上勝町

【十時間以上も歩き続けた上勝町】

 

将来についてしっかり考えるインターン生との出会い

月ヶ谷温泉の浴場で、ぼくは上勝町でインターンをしている二人と出会った。

上勝町では、内閣府地域社会雇用創造事業の一環として、「人は誰でも主役になれる」をテーマにインターンシップを実施している。研修期間は30日間。

参加者はこのプログラムで、農家や地域の人たちとの触れあいをとおして、農業やその土地でのライフスタイルを体験することができる。出会ったうちの一人は24歳で、「なぜ仕事をしているのかがわからなくなり、会社を退社して、この研修に参加した」そうだ。

もう一人は大学3年生の阿部くん。同年代が就職活動をしている中、阿部くんは皆と同じように就職活動をして、都会の企業に入るべきか疑問に思い、このプログラムに応募した。

周りは当たり前のように、就活をしているが、都会の企業だけでなく、農業含め田舎でのビジネス、その他エリアでの就職先など、沢山見るべきものがあると考えたそうだ。

温泉から出て、休憩室に行くと、広末涼子似の女の子が勉強していた。結花は、はじっこで携帯電話を充電して座っている。

そこへ浴場で出会った阿部くんが通りがかり、「おー、こんちは」と話しかけた。

阿部くんと広末涼子似の二人は、上勝町でインターン中。

彼らは上勝町の(地域研修事務局を担う)株式会社いろどりのインターンシップ/研修生の第4期生。

彼らの名前は、阿部将之くん(以下、アベッチ)(東京外国語大学 外国語部トルコ語専攻3年)と青野みちのさん(以下、ミッチー)(静岡県立大学国際関係学を専攻)。

彼らによると、月ヶ谷温泉の3階には、「葉っぱでビジネスをする人」たちがいると言う。

「葉っぱを売る」かぁ…。なんだその“怪しそうな…”「葉っぱを売るビジネス…」って…?

勝浦川

【葉っぱビジネスが有名な上勝町にある勝浦川】

株式会社いろどりの社長 横石知二さんという人が、20年前に「葉っぱ」を売るビジネスを開始したそうだ。

でも、「葉っぱを売る?!」ってなに?

 

葉っぱビジネスって何?

事業は至ってシンプル。

上勝町のおじいちゃんやおばあちゃんたちは、山や家にある木の葉を採り、その葉っぱを農協に卸し、料亭の料理などで“つまもの”として、葉っぱを使っている会社などに出荷・販売する。

その一連の仕組みやシステムまわりを、いろどりが上手く管理しているのだ。

地域に住むおばあちゃんと、いろどりにより、上勝町は着々と活き活きとしてきているそうだ。

また、上勝町では現在、「ゼロウェイスト」をテーマに、「無駄なゴミ」をゼロにしようとして、廃棄物を単純に破棄せず、廃材を利用して、新たなモノ/商品を作っているそうだ。

また、月ヶ谷温泉では、木質バイオマス/木を活用して、温泉を沸かす他、給湯・部屋暖房などでも活用している。(上勝町に関する詳細はまた別途紹介する)

アベッチは大学で、周りが就職活動をしているなか、「自分も皆と同じ『いかにも決められてしまっている』方向へ行くべきなのだろうか」と疑問に感じ、この田舎体験プログラムで、「葉っぱを売る」というちょっと変わった取り組みをしている上勝町のインターンシップに応募した。

 

日本の就職活動について思うこと

アベッチが言うように、日本、特に都会エリアでは、みんながなぜか決められた時期に、決められた就職活動をする。

全く悪いことでもないが、都会の企業への就職以外にも、農業、漁業などの第一産業、田舎の小さな会社への就職先もある。

住むところも都会以外にも沢山ある。確かに、まわりと同じように企業に入れば、「収入」が安定するかもしれない。

しかし、人生は「安定」だけでなく、様々なオプションの人生があっても良いと感じる。

生活できる範囲で稼いで、生きていけば、より心にゆとりがあり、リラックスしながら人生が送れるのではないだろうか。

都会の仕事中心型の人生だけでなく、あらゆる人生の過ごし方がある。

「何となく、みんながこっちに進んでいるから、自分もこっちに進もう」と、みんな同じ方向へと進む。

これからも変わらず、そんな人生のスタイルが当たり前なのだろうか、方向転換はできるのだろうか…?

ミッチーは農業にすごい感心を持ち、有機栽培の勉強をしている。

今後農業関係の仕事に進みたいそうだ。有機栽培の良さや農薬について語りだす。

ぼくも大学の時に環境問題に関する勉強をしていた。これに関しては…大学の頃、何度も20ページ以上の論文を書いた記憶がある…。

ミッチーはこれから四国の愛媛県愛南(あいなん)にあり、障害者の人たちなど誰でも働ける場所を提供することを目指しているNPO法人ハートinハートを訪問する予定だそうだ。

ぼくらは、10月に行った石川県穴水町では半自給自足型の田舎暮らしをしている人たちがいたり、役場が「体験住居」を実施していることを参考情報として伝えた。

山越えが終わり、温泉に入ったぼくらの夜はまだ続く…(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 43.7 徳島県 上勝町 山越え後…上勝町「月ヶ谷温泉 月の宿」の豚カツ定食でバトル』>

<次回のストーリー 『day 43.9 徳島県 上勝町 ~山越え2日間がようやく終了~』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 岡山 フェリー 香川県 駅前 旅 day 39 香川県 讃岐相生 二日間の鈍行列車旅でやっと四国へ…
  2. 上勝町 紅葉 “葉っぱ”の町へ再び…バックパッカー✖…
  3. 神山 ヒッピー 田舎のライフスタイル in 徳島県神山町 1話 – …
  4. いろどり 横石知二 主役になれる 映画「人生、いろどり」トークイベントライブ配信 ~ 監督と実話主…
  5. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 荒木健吉 けん坊 day 52.1 高知県 沖の島の『赤い有名人』2 ~ けん坊の…
  6. 徳島県 上勝町 もくもくもく アート 葉っぱ tokushima kamikatsu leaf 【田舎旅】“人生の見直し”を考えさせられる映画「人生、いろどり」…
  7. FM徳島 かみかつ いろどりラジオ バックパッカー 【メディア掲載】ラジオ FM徳島「かみかついろどりラジオ」のイン…
  8. 四国 高知 宿毛 道の駅 沖の島 バックパッカー田舎旅 バンライフ 田舎暮らし day 50 高知県 四国最南端の『沖の島』へ向けて出発

コメント

    • みっちー
    • 2011年 8月 05日 11:35pm

    毎回楽しみに読ませてもらっています。月ヶ谷温泉でお話してくれた壮絶な山越えの凄まじさが、写真と切迫した文章で改めて伝わってきました(笑;)<br />私たちのことも記してくださって、ありがとうございます。アベッちとは研修後も会ったり、連絡とったり、励まし合えるいい仲間になっています。<br /><br />私は今、「行ってみたかった愛南町」の住民です。地域の人と同じフィールドで働いています(1年間の予定で)。毎日は本当に普通で地味ですが、確かにこの町は歩んでいることを実感しています。そして私は日々貴重な経験をさせてもらっています。いつか、この町にとっても私がいたことが、何かの小さな実になればいいなぁ…なんて思いながらの毎日です。<br />結局2年休学することになったのですが、私にとっては最高のブランクです。<br />「いろんな生き方があっていいんじゃないの?」そんなことを思っていた私

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

Nagasaki Atomic Bomb Museum 長崎原爆資料館への旅 長崎へのバックパッカー旅 ~ 73,884人が亡くなった日 ~ 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ 【メディア掲載】石川テレビに車中泊旅漫画「渡り鳥とカタツムリ」と“住める駐車場”「田舎バックパッカーハウス」 某旅雑誌が表紙撮影のために能登穴水町岩車へ 鯉のぼり 富士山 Fish on Mt Fuji 約80匹の鯉のぼりが朝霧高原から富士山へ 『子どもの日』に家族で楽しめるバックパッカー×田舎車旅スポット 福島 サッカー リトグリ テーマソング 福島県でのサッカー国際親善試合でリトグリが生ライブ

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
穴水町 キャンピングカー, 保育園 キャンピングカー, 動けるおうちにノリノリ
  1. フリーランスって
  2. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  3. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  4. 広島県 三原市,佛通寺,紅葉
  5. はなびらたけ ホホホタケ ラーメン
  6. 能登 穴水町 牡蠣食堂 コーストテーブル Ishikawa Oyster restaurant Coast table

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【25枚の写真が語る】保育園児にバンライフ熱弁!?「動くおうち、バンライフの時代くるからね~!」ってお話し
【メディア掲載】奥能登に移住した ただの一般人のぼくが映画『裸のムラ』に一主演として登場!?10月から全国で順次公開 〜 『普通を問う』ドキュメンタリー 〜 < 動画あり >
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。