2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 21.3 バックパッカー旅で活用する地図帳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
バックパッカー お薦めの地図 帝国書院 地図帳

ぼくら田舎バックパッカーが活用している地図は、小学校、中学校、高校でよく使われている帝国書院「新詳高等地図」。

この地図帳がぼくらの田舎/地方への旅先を決める重要なバックパッカー道具の一つ。

基本、地図に載っていて聞いたことがない島々、田舎/地方エリアの“田舎そうな場所”、「この場所聞いたことない!おもしろそうだな!」と思うエリアを目的地として設定。

この昔から親しみがある地図帳は、バックパックの中に、ほとんどしまうことなく、バックパックの横ポケットや手に持って移動をしている。

バックパッカー お薦めの地図 帝国書院 地図帳

“ざっくり”以下の理由から、この地図を持って田舎を駆け巡っている。

●ぼくらが興味ありそうな各地方の“聞いたことがない”小さな田舎町が、(地図帳なので当たり前だが)沢山載っている。

●地方ごとに地図が約2ページに拡大されていて見やすい。

●地図帳のサイズはB5で、旅にはお手頃の大きさ。

●“現代の”バックパッカーと言っても、スマートフォン(多機能携帯電話)で地図を見る場合、バッテリー消耗を気にしなければならないが、“紙”なので、そんな心配もない。

●JRや地方ローカル電車の路線の線が引いてあり、町から町へのざっとした経路が把握できる(※小さな駅は載っていないことがある)。

●本土から島への航路が赤い線で引かれていて、島へ定期船や商船が発着しているのかが、わかるようになっている。

●島に関して言えば、全国の島々がこの地図帳が載っているわけではないが、ある程度、知られていない“マイナー”で“田舎そうな”島も載っている。

 

スマホと地図帳を使い分ける

定期船の発着情報は、スマートフォンのインターネットブラウザで調べるなどして、うまくこの地図帳とスマホを連携して使い分けている。

目的地に着いたあとは、現地に住む人たちに、そこでの生活スタイルなどについて聞きながら地方を駆け巡る。

タッチパネル/タブレット型スマートフォンのX06HTやX01SCにインストールしたGoogle Mapも使っているが、手元にパッと出せて見ることができる地図帳はやはり便利!



スマホのGoogle Mapは、より詳細な場所情報を確認したい時に活用する。

そこには、バッテリー詳細の心配もあるので、そんな使い分けがバックパッカーや長期の旅に向いているんだと思う。

また、追加情報だが、この「新詳高等地図」には、世界各国の重要資源、船の発着、山脈・遺跡・川・湖などの地理や地域の産業情報も載っている。

ぼくらは現在、国内のみの情報しか使っていないが、いずれ世界の国々を旅するときに解説したいと思う。

果たして、それはいつになることやら…<続きはこちら

<前日のストーリー 『day 21.2 兵庫県 坊勢島での『両替』 ~ 若者が誇る漁師 ~』>

<翌日のストーリー 『day 22 兵庫県 坊勢島 ぼくらバックパッカーと坊勢島の高校生』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 興居島 バックパッカー 島旅 四国 day 28.2 愛媛県 興居島での一夜目
  2. オレゴン ホームステイ 家族 写真 day 25.1 香川県 伊吹島で高熱 ~熱で寝ぼけて…救急車を…
  3. バックパッカー テント 四国 day 35 愛媛から香川へ 海岸寺駅でのテント泊
  4. 90歳 釣り おばあちゃん 田舎暮らし day 34.2 愛媛県八幡浜大島で毎日魚釣りを楽しむ90歳の『…
  5. バックパッカー 四国 day 26 田舎バックパッカー、イリコの『伊吹島』(香川県) …
  6. 兵庫県 坊勢島 漁港 day 24 兵庫県 坊勢島で「怪しいー」と…指されるぼくら ~…
  7. 八幡浜大島(愛媛県)のおばあちゃん みかん day 34 愛媛県八幡浜大島のおばあちゃんと犬の「ミカン」
  8. バックパッカー 四国 伊吹島 day 26.4 香川県 伊吹小中学校 校門前で“島のお母さん”…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

中日新聞 車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信 【メディア掲載】中日新聞1面トップ『車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信』 Carstay Koki Miyashita カーステイ 宮下晃樹 【田舎で仕事】今週末は東京と鎌倉で“私事”の打ち合わせ day 7 石川県穴水町で岩本さん、倉本さんとの出会い カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar キャンピングカーのカーシェア本格稼働 車中泊仕様の車を激安利用?!車中泊仕様の車で副収入も?! 鯉のぼり 富士山 Fish on Mt Fuji 約80匹の鯉のぼりが朝霧高原から富士山へ 『子どもの日』に家族で楽しめるバックパッカー×田舎車旅スポット

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス, 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  1. ハイエース バンライフ, ハイエース 仕事, バン 仕事
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
映画「人生、いろどり」上映をきっかけに『石本商店』再オープン ~ シェフ・谷本徹さんの噂のカレー ~
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!<2021年7月2日追記>
5歳の娘、今夜も“家の前”で車中泊?!将来は大物バンライファ―?!
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。