メディア掲載: 今日オープンのバンライフ専門メディア「VANLIFE JAPAN」に登場!

Carstay(カーステイ)が今日、開設したバンライフに特化したメディア「VANLIFE JAPAN(バンライフジャパン)」に、田舎バックパッカーが登場!

VANLIFE Japan Media campervan travel 田舎バックパッカー

VANLIFE JAPAN: ハイエースで田舎旅。車旅で見えた新しいバックパッカーの姿 | 中川生馬

「VANLIFE JAPAN」では、「バンライフ」で人生を過ごす様々人々を紹介している。みんな、実に興味深いライフスタイルを送っているので、そちらもぜひ、覗いてみてほしい。

「バンライフ」とは、箱型の車「バン」を”動く家””動く拠点”として、旅や普段の生活で利活用し、人生「ライフ」を送るという、新たなスタイルである。

「いつでも・どこへでも好きなところへ移動し、自由奔放な暮らし方をしたい」「ノマド/遊牧民的なライフスタイルをしたい」「全国で暮らしながら旅をしたい」など、バンライフに対する想いは人それぞれ。

campervan vanlife ishikawa noto 千枚田 車中泊

しかし、生活拠点は、ホテルや民宿などの宿泊施設、友人の家などではなく、自身の寝床やアイテムが揃った自身の暮らし空間は、“動く家”、“動く拠点”となる“バン”で、そこが「バンライフ」の共通点だろう。

「VANLIFE JAPAN」は、“誰もが、好きなときに、好きな場所で、好きな人と一緒に、過ごせる世界へ”を基本概念に、主に「ドライブスポット」「車中泊」「バンライフ」の3つのカテゴリーで、情報を発信する。その「バンライフ」の一事例で、紹介していただいた。

Van life in Fuji Japan 富士山 車中泊 星空

箱型の車“バン”とは、軽自動車のエブリ、クリッパーなど、大型のハイエース、キャラバンなど、後部座席が荷台となっている“ワンボックス”車のこと。

ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 子供

これはトヨタのハイエース バンがベース車両となっているアネックス社の「ファミリーワゴンC」

ぼくの場合は、トヨタ・ハイエースをベース車輌に、後部座席エリアを「ワークスペース」に、さらにその後ろを「リビング」兼「ベッドルーム」として改装している。

「リビング」にはベットにもなるソファーベットが設置されているとイメージすればわかりやすいかと思う。ちなみに、このベットでの就寝は家の布団よりも快適と断言できる。

Carstayとは、駐車場や空き地を車中泊・テント泊スポットとして旅行者に貸し出すシェアリングサービスを展開する会社。今日公開した「VANLIFE JAPAN」は、Carstayが運営するバンライフに特化したメディア。

ちなみに、近々、自身が運営する車中泊スポット「田舎バックパッカーハウス」をベース拠点にした、奥能登へのクルマ旅に関する記事も近々載る予定なので、そちらも是非覗いてみてほしい。

バンライフ 家 ハイエース

クルマ旅をしたいが、「どこにクルマを停めて車中泊したらいいの?」「道の駅、サービスエリアじゃ、車中泊していいのかわからないし、ちょっと不安じゃない?」「ちゃんと車中泊OKと認定された場所に泊まりたい」と思っている人たち、Carstayは一押しの車中泊スポット検索・予約サービスだ。

campervan rv park in Ishikawa Japan 奥能登 唯一 車中泊スポット

奥能登・石川県穴水町 民家で唯一正式に認定された車中泊スポット「田舎バックパッカーハウス」。

Carstayは今後、クルマ旅の車中泊スポット、「バンライファ―」向けの車中定住スポットなどで、基盤となるサービスになることだろう。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す