Media / PR - メディア掲載

メディア掲載: 福井のユーチューバー再び『田舎バックパッカーハウス』へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
福井 ユーチューバー 車中泊 スポット

再び、福井のユーチューバー“ともさん”が、車中泊ストーリーで、Carstay車中泊スポット『田舎バックパッカーハウス』や、ぼくの移住先・穴水町岩車の牡蠣を紹介してくれた。

fukui youtuber japan 福井県 ユーチューバー Youtuber

福井県出身のユーチューバー 勝村知由(かつむら ともゆき)さんこと “ともさん”が再び 穴水町で車中泊の撮影

fukui youtuber japan 福井県 ユーチューバー Youtuber

先月(2019年4月)も「Carstay(カーステイ)」をとおして能登・穴水町(石川県)に車中泊をしにきたが、福井県出身のユーチューバー/動画クリエイターの勝村知由(かつむら ともゆき)さんこと “ともさん”が再び、「田舎バックパッカーハウス」へとやってきた。

fukui youtuber japan 福井県 ユーチューバー Youtuber

田舎バックパッカー娘・結生は「なんか一人で写真撮っているね~、とうちゃん!」「なんで?!」と。

今回は穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)にある「田舎バックパッカーハウス <2>(1泊2500円)https://carstay.jp/ja/stations/chubu/station/5c00f2a82a854720d295d38b」での車中泊と、オプションで調理・薪火コーナーの使用を選択してくれた。前回、車中泊で活用してくれた車中泊スポットは川尻(かわしり)地区にある「田舎バックパッカーハウス <1>」のほう。

fukui youtuber japan 福井県 ユーチューバー Youtuber

今回も撮影の様子を見させていただいたが、実に“仕事人”という感じで、撮影に熱心な感じだった。

“ともさん”は今回の車中泊の様子を3話にまとめる予定。

1話目は、“スウェーデントーチ”をつくり、そのトーチで料理をするという内容で、既に「電ドラ1つで作るスウェーデントーチ!能登車中泊スウェーデントーチ作り編」というタイトルで、以下のとおり、ユーチューブ上で動画を載せている。



メインとなるスウェーデントーチの作り方やレビューだけでなく、トーチでの鶏のもも肉料理、“ともさん”のワンボックスカー「エブリイ」での車中泊のハウツーについても載せている。



昨日(2019年5月15日)、“ともさん”が公開した2話目の映像は「能登の田舎でエブリイ車中泊!牡蠣を水揚げ当日に焼き牡蠣で食べる!能登車中泊 泊まる編」と題し、軽ワゴン・エブリイでの車中泊シーンや、焼き牡蠣、Carstayの紹介をしている。

fukui youtuber japan 福井県 ユーチューバー Youtuber

電動ドリルで一生懸命「スウェーデントーチ」づくりを開始。中々、穴が開かない!と思ったらドリルが反対方向に回っていた。

車中泊経験がそこそこ長い、ぼくらからコメントさせていただくと、「いやぁ~、そろそろ、“ともさん”、エブリイにマッチした窓に吸盤で貼り付けられるシェードを調達しようよ!」と言いたいかな(笑)

やっぱり、100均カーテングッズではさすがに丸見えっしょ?!

fukui youtuber japan 福井県 ユーチューバー Youtuber

電動ドリルで上と、真ん中左右にも穴をあけて…

“ともさん”が、映像の冒頭で紹介していた 勝手にマットが空気を吸い込み膨らむスノーピークのマットは便利そうだね。

ぼくもバックパッカーを始めてから、寝袋の下に敷くエアマット使っているけど、自分で膨らませるやつだからね。自身で膨らましてもそこまで大したことはないけど、自動で膨らむマットなら楽だ。

牡蠣は地元の牡蠣漁師さんからおすそ分けしてもらった商品にならないものだが、ふつ~に、ほどよいサイズだし、美味かった!

2人では食べきれないほど頂いたので、翌日、“ともさん”にお土産として、持ち帰ってもらった。

また、2話目の最後に映っていた星空映像、星空が綺麗な車中泊スポットって感じがあってよかったね。

穴水は実は、「星空の町」として知られているので、そんな雰囲気も感じ取ることができるだろう。

fukui youtuber japan 福井県 ユーチューバー Youtuber

「スウェーデントーチ」に火をつけて…

大変ありがたいことに、牡蠣の販売や、広報をサポートさせてもらっているCarstayに関しても紹介してくれている。感謝感謝!

3話目は、今日(5月18日(土))19:00ごろ、公開する予定とのことだ。



※3話目が公開。こちらもアップ!

今度、6月初旬に、ぼくが福井へとクルマ旅で行く予定なので、そのときの再会も楽しみにしたい。

ちなみに、前回、“ともさん”が穴水にきたときのストーリーは以下。

福井 ユーチューバー ともさん かずさん 勝村知由

前回、能登・穴水町岩車に来たときのストーリー: ユーチューバー“ともさん” 穴水町川尻での車中泊映像 前編と後編アップ。

fukui youtuber japan 福井県 ユーチューバー Youtuber

料理を始めた“ともさん”。まずは鶏のもも肉を焼く。

fukui youtuber japan 福井県 ユーチューバー Youtuber

福井のユーチューバー ともさん 「スウェーデントーチ」に一人用のフライパンをのせて焼いたもも肉を焼いているシーン。

fukui youtuber japan 福井県 ユーチューバー Youtuber

もも肉が焼けた!

fukui youtuber japan 福井県 ユーチューバー Youtuber

ユーチューバー ともさん、今度は牡蠣!一つ一つじっくり焼くのに良いサイズのトーチ。

こんな感じに美味しそうな「スウェーデントーチ」牡蠣が完成!

fukui youtuber japan 福井県 ユーチューバー Youtuber

今回は車中泊と「スウェーデントーチ」がメインのクルマ旅動画でした~。ともさん、また来てくださいね。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。 メディア掲載: 中日新聞『動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車…
  2. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅 ビジネス・経済誌最大の日経ビジネスのコラム「時事深層」でバン泊新…
  3. FM徳島 かみかつ いろどりラジオ バックパッカー ラジオFM徳島「かみかついろどりラジオ」のインタビュー♪
  4. バックパッカーが読みたくなる今月のビジネス誌 前編 ~ 未来のワ…
  5. 中日新聞 1面 トップ 牡蠣 中川生馬 河端譲 メディア掲載: 中日新聞1面 『穴水の異色コンビ ネット販売開始…
  6. クルマ旅雑誌にハイエースを拠点にしたバックパッカー旅スタイルが登…
  7. VANLIFE JAPAN INAKA Backpacker メディア掲載: 今日オープンのバンライフ専門メディア「VANLI…
  8. 北國新聞に登場『穴水発、田舎のススメ 「暮らしと自然、密着」 移…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅 ビジネス・経済誌最大の日経ビジネスのコラム「時事深層」でバン泊新市場 NHK 所さん 大変ですよ 爲 能登 石川県 メディア掲載: 今日(11月28日)のNHK総合『所さん!大変ですよ』に爲公史さんと登場!<その一> なぜ能登へ? 上勝町 紅葉 “葉っぱ”の町へ再び…バックパッカー✖クルマ“私事”旅 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~ 神山 ヒッピー 田舎のライフスタイル in 徳島県神山町 1話 – 風力発電の建設と 自然と共に暮らす人々

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP